コレが小学生の自由研究!? 今時はクオリティーがすごい!

子供にとっては待ちに待った夏休み!

でも、親の私達にとってはお昼ご飯もちゃんと作らなくてはいけないし、夏休みの宿題を見なくてはならなかったりと「休み」という単語からは想像もできない日々が始まります(笑)

特に自由研究については悩みのタネ。

今年の自由研究は旅行と自由研究の合わせ技でお子さんとの楽しい思い出作りを満喫しましょう!

スポンサードリンク

自由研究のネタはもう尽きた?実はまだある簡単な方法を紹介!

今回は施設見学で楽々自由研究をおすすめしていきます。

私自身色々とリサーチをしてきて、評価の高い自由研究についてある一つの共通点がわかりました。

それは、「研究に対する積極性」です。

テーマはそれほど盛大なものでなくても、実際に足を運んで、見て聞いて触った体験というものは非常に評価が高いです。

また、夏休みというのは一つのチャンスで、普段土日に仕事をしているお父さんとも一緒に出掛けるチャンスでもあります。

施設や工場見学は、比較的男性の方が楽しんでいる傾向が強めなので、お父さんを誘って、見学にいってみましょう。

施設の案内人さんも知らない豆知識がお父さんからでてくるかも??

スポンサードリンク

小学生でも人と同じ自由研究はヤダ?!ひとひねりしたアイディアは?

小学生の男子の自由研究といえば、工作。

巷では工作キットというものがたくさんあり、今では誰でも簡単にクオリティの高い工作が簡単にできてしまいます。

確かに出来映えや、親の手を借りずともという意味ではとても魅力的なものであることは間違いありませんが、ひとひねりという意味では少し物足りないもの。

特にオリジナリティあふれた研究がしたいということであれば、カメラを持って旅行もかねて施設見学へGO!

最近、インターネット等を見ていると、食品加工工場や、飛行機の整備場等一般人への見学を募集している企業さんがたくさんあります。

そちらへ見学申し込みをするのがとてもおすすめです。

私も子供の自由研究のため、大手即席麺工場見学、調味料工場見学、飛行機の整備場見学、自動車の組み立て工場見学に足を運びました。

どの施設見学でも共通して言えることは、「その見学者にしかもらえない、または買えない限定のおみやげ」がもらえるということ。

もらったおみやげは必ずその施設や工場で作られているものがほとんどですから、そのおみやげから自由研究に発展するのも一つの方法です。

また、私が初めて見学に行ったときは、「工場や整備場なんて企業秘密のオンパレードだから、写真なんて撮れない。」と勝手に思っていましたが、意外と撮影OKな場所もあります。

案内をしてくれる方が「ここではお写真を撮っても大丈夫ですよ」とこちらから聞かなくても教えてくださるケースが多かったので、二回目以降は必ずカメラを持っていくようにしました。

注目される自由研究の条件は、見る人の視覚に訴えること。

写真もたくさん研究レポートにいれると目立つ自由研究にもなりますので、更に素敵な自由研究になりますね。

施設や工場の見学といえば、子供にとってはワクワクのオンパレード。

是非とも小さいノートを持って、疑問に思った事を箇条書きにして持ち帰りましょう。

帰宅してからの研究のまとめもとてもはかどります。

食品関係の施設見学をしたのであれば、施設で作られている食材や調味料を使ってオリジナルレシピを考えるのも良い研究になると思います。

さて今回おすすめした施設見学からの自由研究へのアプローチですが、注意点が何点かあります。

▶予約は早いうちから取ること。

最近ではインターネットからの申し込みで完結する施設もとても増えています。

気軽に予約できるようになった分、人気の施設見学等は早くから予約が埋まりやすいので、早目の予約がおすすめです。

▶あなた(とご主人)の頭の中には、常に子供の自由研究の為の見学であることを忘れないこと。

大人でも楽しめるため、お子さんと一緒に楽しみすぎてしまうと自由研究がまとまらなくなってしまいます。

▶見学者のルールを守ること。

施設によって決められたルールがありますので、見学前に説明される注意事項を必ず守りましょう。

如何でしたか?

今年の自由研究は、旅行兼自由研究で親子一緒に楽しく研究しましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする