とうもろこしの加熱法って悩む… 電子レンジ&ラップで楽々調理!

甘くて美味しいとうもろこし。

子供から大人まで大人気の食材ですよね。

でも、茹でたり芯から取ったりと調理は少し面倒。なんて思っていませんか?

実は電子レンジラップで簡単に調理できてしまいます。

今回はその調理方法を紹介していきますね。

スポンサードリンク

とうもろこしは電子レンジでチンッ!皮ごとの方が旨みUP!?

皮付きのとうもろこしの場合は皮もヒゲもそのままレンジでチンッ!ラップも不要です。

500wの電子レンジで約5分加熱したら、取り出してください。

お尻の部分を2cm程カットしてヒゲを持って引っ張るだけ。

スルンと実が取れます。お手軽ですね。

後程説明しますが、ゆでるより、レンジでチンの方が栄養素が逃げづらい調理法です。

栄養素が逃げづらいということは、旨味も残ります。

実際、茹でるよりもレンジで調理した方が、出来上がったとうもろこしの糖度が高かったのという調査結果もあるほどです。

とうもろこしを電子レンジで二本いっぺんに調理したい!

電子レンジで二本いっぺんに調理したい場合はラップを使うのがオススメ!

小さく切れば小さめの電子レンジでも二本いっぺんに調理することができます。

この場合は先に皮とヒゲを取り除いておきましょう。

とうもろこしのお尻の出っ張りと、ヒゲを持って濡れ雑巾を絞るような要領で捻ると綺麗にヒゲが取り除けます。

ラップに包む際は一切れずつラップに包みましょう。

もちろん、大きめの電子レンジをお持ちの場合は、切らずに二本いっぺんにいれても大丈夫です。

とうもろこしをラップに包む際は少量の塩をまぶしておくと味がついておススメです。

しっかり味が染みて美味しく出来上がります。

個人的におススメするのが、少し濃いめの味付けにしたい場合は、味の素を塩の代わりにまぶすとコクが出て美味しいですよ。

一度試してみて下さいね。

ラップに包む際のコツは、出来るだけ空気が入らないように包むのが失敗しないコツ。

また、ラップに包んで電子レンジで調理した場合は、出来上がってもすぐにラップをはずすのではなく、少し冷めるまでラップにくるんだままにしてください。

ラップをはずして冷ましてしまうと、せっかくのとうもろこしがしなしなになってしまいます。

せっかくならとうもろこしのあの独特の歯応えも味わいたいですよね。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

とうもろこしは茹でるのが常識と思っていたあなたにオススメの調理方法を紹介しました。

茹でるといった調理方法ですが、確かに味付けに関して、中まで味を染み込ませるという意味では非常に有効な方法ですが、どうしても時間と手間がかかりますよね。

しかも、コンロを一つ占領してしまうわけですから沢山の品数を作らなくてはいけない主婦や、一人暮らしでコンロが少ないキッチンでは中々効率的とは言い難いのが事実です。

また、茹でてしまうと野菜の栄養素が逃げてしまうというデメリットもあります。

その点電子レンジを使うとコンロを占有することもありませんし、とうもろこしの豊富な栄養素を外に逃さず調理することができます。

ラップを巻いておけば、後はレンジでチンするだけですから、残業で遅く帰ってくる旦那さんや、受験勉強を頑張っているお子さんのお夜食にも最適です。
そのままチンするのも、ひと味加えてあげるのも可能ですから、絶対おすすめ。

余談ですが、私はシリコンクッカーでもできるのでは?と試してみましたが、残念ながら時間の調節がうまくいかなかったのか、それともそもそもこうなってしまうのか、しなしなになってしまい、上手にできたとは言いがたかったです。

皮つきは皮つきのまま、小分けにしたものはラップに包んで電子レンジで

これが一番上手にできる方法です。

間もなくとうもろこしの美味しい時期ですし、スーパーのとうもろこしのお値段も手頃になってきました。

調理さえ簡単にできてしまえばこんなに便利で美味しい食材はないですよね。

是非ともお試しくださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする