土屋鞄と中村鞄 生田鞄へランドセルを見に行った口コミブログ記事

5月に入ってくるとちらほら周りのママ友達の間で、ランドセルの話が持ち上がりだしています。

これまで全く興味を持っていなかった私はランドセルなんて年明けから準備を考えれば十分だと思っていましたが、驚いたことにもう夏の間には決めてしまうケースがかなり多いとか(;・∀・)

で、慌てて調べだしたらイオンだニトリだの結構身近で手に入れやすいものから、コマーシャルでよく見るもの以外に『工房系』と呼ばれるランドセルがあるとか。

なにそれ、なんか気になり始めた~っ!!ってことで、急ピッチでリサーチを始めたところ、結構いろいろあるんだとビックリ。

その中から私が目を付けたのが、
〇土屋鞄
〇中村鞄
〇生田鞄(ランドセル工房生田)

関西で気軽に見に行け、かつ口コミでも評判のところを悩みに悩んで厳選してみましたよ~。

本当は気になるところを徹底的に見て周りたかったのですが、やっぱりパパも巻き込むのでさすがにそれは言えず、じっくり悩んだ結果、上記三つに絞ったわけです。

※今回いろいろ調べた結果、やっぱり本革のランドセルを持たせたいと思ったので革製品以外は一切見ていません。

そして色に関してですが、
まだ実物を見ていない段階では断然私はキャメルかブラウン。
そして娘は水色か紫。。。。

なかなかの相違があり、いったいどうなるのかドキドキな状態でいざ各工房へ行ってきました~☆

スポンサードリンク

 土屋鞄 中村鞄 生田鞄ランドセルの特徴って?

三つの工房の特徴を私独自の見解で簡単にまとめると、

【土屋鞄】

強いこだわりを持った革製品を作り続けている工房で、ランドセルが専門ではありません。
普段は大人が使う財布や鞄を作る職人さんが作るランドセル、というものにより本物という価値を感じる気がします。

〇惹かれるポイント
・大人にはあのシンプルさの中にあるこだわりとカッコよさがたまらない。
・色の展開もおしゃれさに溢れている。

〇引っかかっていること
・A4フラットファイルが入らない→2019年からA4フラットファイルも入るようになりました!!
・重いらしい
・キャメルの色が写真で見ると黄色い?
・小さめで目をつぶらないといけないけど、価格はお高め

【中村鞄】

1960年からランドセルを作り続けているという、信頼できる工房。
長年の研究と培ってきた技術によって確かな品質と、子供のことを考えられた目線に加え、工房系ならではの革へのこだわりを感じます。
こちらも土屋鞄同様、かなりシンプルなランドセルが主流。

〇惹かれるポイント
・A4フラットファイルが入る
・キャメルの色味がいい感じ
・背中にあたる部分がNASAで使われているものと同じクッションが使われているので、快適そう
・土屋鞄より少しお手頃価格

〇引っかかっていること
・シンプル過ぎ、、、?
・もう少しマチがある方がいい?

【生田鞄】

過去本革ではないランドセル大量生産をしていたが本物にこだわり、熟練した職人さんによる本革ランドセルを作る工房として生まれかわったそう。
そして気になるのがセレクトオーダーというシステムで、もちろん生田鞄オリジナルもありますが、細かい「ここがこうだったらなぁ、、、」という不満を自分好みに変更したり、さまざまな色や素材などを組み合わせてオリジナルのランドセルを作れることです。

〇惹かれるポイント
・セレクトオーダー!!
・本革にこだわっている
・サイズが大きい

〇引っかかっていること
・少しデザインがかわいすぎて、高級感に欠ける?

スポンサードリンク

 まずは中村鞄のランドセル展示会場へ

パパの本音は「どこでもいいやん、、、」って感じでしたが、寝ても覚めてもランドセルのことを考え、必死でリサーチしている私に理解を示してくれ、とりあえず工房を巡ってみようをいうことになました(笑)

いざ出発~!!

ということで、まずは梅田スカイビルの中村鞄展示会。

※近くのコインパーキングに停めようと車でさまよっていたら、すごい行列を発見。
よくみたら土屋鞄でした~!!オープン前からみなさん並んで待っていたみたいですね。

開催時刻より少し早めに着きましたが、すでに会場前には人が並んで待っていましたので、もちろん並んでまちました。
そして開場と同時に、どんどん人が流れ込んで行き、すぐに入れました。

それにしてもすごい人で、なんだか気持ちも焦りますね~(^-^;

何を見ればいいのか少しパニック気味になりつつ、とりあえずキャメルのランドセルのところへ行きました。

まぁ、写真で見た通りでしたね(笑)

なかなかのシンプルさ!
潔いですね。

そしてもう一つ気になっていたブラウンはこんな感じ。

渋いけど、パッと明るいのはやっぱりキャメルですね~。

もう一つ渋いのが女子なのにネイビー!
実はこれもおしゃれだなぁを気にはなっていたので、ちょっと背負ってもらいました。

うん、いいけどやっぱり華やかさはないですね。

なぜかその会場ですごい人が並んで申し込みをしていたのですが、それを見て今買わないといけないのかと思いスタッフの人に尋ねたら、ネットでオーダーしても同じですと言われました。
人気色だと完売することも考えて、実物見て確実に決めた人は会場で注文したほうが安全ですね。

うちはまだ他も見てから考えたいので、なくなったらどうしよう、、、と後ろ髪を引かれつつ会場を後にしました。

 土屋鞄でランドセルをチェック!

梅田スカイビルを出たらそのまま歩いて土屋鞄へ。

オープン前はかなり並んでいましたが、普通には入れましたね(笑)

でもそれほど広くない店内は大混雑。

そして入るなり、なんだか素敵~♪♪

きれいに並んだランドセルたちがとってもおしゃれに見えました。

そして気になっていたキャメルをチェック。

うん、、、、やっぱり黄色寄りのキャメル。。。

キャメルの色味は中村鞄の方が私は好きですね。

ただ、別格だったのがヌメ革のランドセル!

めちゃめちゃいい感じの風合いで、使い込めば本当によくなっていきそう。

でも小学生にはその良さを出すのは難しいし、親も気が気じゃないだろうね、ってことで、当然諦めましたが(;’∀’)

結局、やっぱりA4フラットファイルが入らないし、重さもちょっと中村鞄より重めだし~、、、おしゃれだけどちょっとないかなってことになりました。

 追記:2019年よりA4フラットファイル対応になったので、その点はクリアです! 内寸を見ると、中村鞄よりほんのちょっと大きい! ただ、重さはやっぱり思いですね~。 

あと、子供を遊ばせられるスペースがあるので、結構落ち着いて見られますよ。

そして土屋鞄から次は生田鞄へと移動です。

続きは『生田鞄の店舗にランドセルを見に行ってきた口コミブログ!!』をどうぞ(^-^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする