新事実!節分に恵方巻きを食べる理由と3つのルール!豆まきには順番?

すっかり市民権を得た恵方巻きですが、
「いったいなぜ急に全国に広がったのか」
「そもそもどういう意味があるものなのか」
「どうやら食べ方にルールがあるらしいけどいったいどうするの?」などといった
気になる疑問を一気に解決してしまいましょう。

そして今年から恵方巻きデビューで新しい節分を楽しんでみませんか?

スポンサードリンク

節分に恵方巻きを食べる理由ってなんなの?

子どもの頃は聞いた事もなかった『恵方巻き』ですが、
スーパーであれだけ“節分といえば恵方巻きだ!!”とばかりに
お弁当売り場が恵方巻きだらけになるとだんだん買ってみるか、、、
という気持ちになる人も多いようですね。

⇒簡単な恵方巻きに挑戦するならこちらを参考に
『節分は子供が喜ぶレシピ恵方巻きに挑戦!余った豆でデザートもできちゃう♪』

⇒とっても簡単な炒り豆レシピはこちら
『節分の豆の作り方はフライパン、オーブンで。電子レンジで少量、時短もできる!』

でも全く知らない人からすればいくら「節分の定番ですよ」と言われても、
なんでかわからないと腑に落ちませんよね。

ではなぜ恵方巻きを食べるようになったのか、というところから確認していきましょう。

といってもこれには諸説があって正直どれが本当なのかはわかりませんが、
よく言われているのが、大正時代に花街で吉方を向いてお新香を巻いた海苔巻きを
食べていたのが始まりという説。
これを食べるとその舞妓さんに“良いお客がつく”と縁起を担いだと言われています。

一般庶民の間にはそういった習慣はなかったようですが、
その後大阪鮓商組合後援会”が“土曜の丑の日”の鰻のように
商売戦略として広めたとされています。

これを食べると「幸運になる」とその当時宣伝文句として使われていました。

戦後は一旦廃れたこの風習ですが、
関西でまた商売のために復活させようという働きが起き、
大阪を中心に徐々に浸透していきました。

そして大阪道頓堀で“巻き寿司のまるかぶり早食い競争”を開催したことで
マスコミなどに取り上げられたことも手伝って全国的に広がり始めました。

ちなみに初めの頃は『恵方巻き』とは言われておらず、
『幸運巻きずし』などと言われていて、
だんだん『太巻き』や『丸かぶり寿司』と言う呼び名も出てきました。

そして昭和58年、大阪と兵庫県のファミリーマートで初めて節分の巻き寿司が販売され、
その後平成元年にセブンイレブンも販売を開始し、
その時に『恵方巻き』と名付けられました。
その9年後の平成10年には全国展開されるようになり、
『恵方巻き』という呼び方が一気に浸透したということです。

こうして見てみると商売の為に復活した風習ではありますが、
初めは花街で流行った縁起担ぎだったようですね。

そして現代の食べる理由はというと、「幸運を願ってみんなで食べよう!」と、
イベントとして楽しむといった所が本音ではないでしょうか。

節分の恵方巻きを食べる時には3つのルールがある

この恵方巻き、うわさによるとルールがあるとか。

そうなんです。

関西人からすると当たり前の事ですが、
初めての人にとっては不思議な3つのルールがあるんです。

1.恵方を向いて食べる

その年ごとの恵方を向いて食べる事。
関西人の私も知りませんでしたが、よそ見もしてはいけないらしいです。
幸運が逃げるとか。

2.食べ終わるまで誰とも話さず無言で食べる

結構時間がかかりますが、食べてる間は恵方だけを見て黙って食すこと。
子どもの頃は結構クスクスと笑いをこらえるのに必死でしたが、
これもきっと幸運が逃げていってしまうんでしょうね。
食べ終わった後はかなりの解放感です。

3.丸ごと一本かぶりついて一気に食べる

普通なら切り分けて食べたくなりますが、この日は豪快に一本食べる事。
途中で休まず一気に食べなくては幸運が逃げてしまうそう。
かなりお腹いっぱいになります。

今年はこのルールに則って、正しい恵方巻きデビューしてみてくださいね。

食べている最中、願い事をするとかなうそうですよ☆

スポンサードリンク

恵方巻きと豆まきの順番って決まってるの?

恵方巻きも食べて豆まきもしなきゃいけないけど、
どっちを先にするものだろう、とふっと疑問になる人も結構いるようですね。

(適当な私は何十年とこの二つをやってきましたが
今まで全く疑問に思った事はありませんでした。)

ぶっちゃけこれ、

どっちでもいい。

が答えです。

というのもそもそも豆まきをする風習は中国のもので、
恵方巻きは大阪発祥の風習。

そう考えると正しい順序もなにもありませんよね。。。

ただ広辞苑によると

豆まきは立春の前日の2月3日の夕暮れに
柊に鰯の頭を刺した『やいかがし』を戸口に飾って
鬼打豆として炒った大豆をまく習慣

と書かれているので、
夕方に豆まきをしてから恵方巻きを食べるというのが
現代の正しい順番と言えるかもしれないですね。

余った節分豆が有効利用できるレシピはこちら
『節分の豆レシピでごはんやお菓子、おつまみのいつもと違った楽しみ方を!』

まとめ

いかがでしたか?

往々にして現代に残っている風習はこれまでの時代の流れを反映してこその
文化であることが多いのではないでしょうか。

そう考えるとそれら全てが歴史ある文化であったり風習であったり。

節分も恵方巻きも昔から受け継がれてきた文化として
楽しむ気持ちがより豊かな生活にしてくれるのだと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする