節分は子供が喜ぶレシピ恵方巻きに挑戦!余った豆でデザートもできちゃう♪

[stchildlink]恵方巻きって定番の太巻きやバリエーション豊かな海鮮巻きなどありますが、
子どもってあんまり食べなかったりしませんか?

せっかくなので子どもも喜んでくれるメニューで、
できれば風習である恵方巻きの丸かぶりも体験して欲しいですよね。

大人も子供も楽しめる節分の日の晩ご飯のアイデア、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

節分の日の子供向けメニューのレシピで楽しく晩ご飯

節分という行事を楽しんでもらいたいけど大人と同じ大きな恵方巻きや鰯の塩焼きなど、
まだ小さいお子さんにはちょっと食べにくい事が多いようですね。

恵方巻きならここは無理に7つの具材などにこだわらず、
子供の大好きな具材を入れてしまうのが一番。

意外と「桜でんぶ」や「かんぴょう」とか嫌がられますからね。

恵方巻きだけでは食卓が寂しい、と他のサイドメニューを準備するなら
本来であれば節分に食べるとされているものを取り入れるといいですね。

代表的なのが三つ。
『節分そば』『けんちん汁』『鰯』

そばなら食べてくれたりしますし、
けんちん汁は野菜をたっぷり食べられるので親としては嬉しいですね。
鰯は塩焼きは好きじゃなくてもフライにすると、子どもウケがぐっと良くなります。

こうやって昔から受け継がれてきた節分の食べ物を
子ども達に楽しく紹介していく事も大切ですね。

もしそれじゃ食べてくれそうにないなぁというなら
普段から子どもが好きな献立で良いと思いますが、
ちょっと工夫して節分の雰囲気を出すと子どもの気持ちも盛り上がります。

おすすめがこのレシピ。

【節分に鬼バーグ】
http://cookpad.com/recipe/2487393

すごくかわいいです!!
ハンバーグを作るのが大変ならそこは市販で、
デコだけがんばっちゃいましょう。

⇒恵方巻きと何を食べるか困ったらこちらが参考になります♪
『節分で恵方巻きにする時の献立は?付け合わせおすすめレシピで簡単おいしい!』

⇒恵方巻きの食べ方のルールはこちらの記事
『節分に恵方巻きを食べる理由と3つのルールとは?豆まきの順番は食べる前?あと?』

節分は子供が喜ぶ恵方巻きに挑戦!!

我が家にも2歳と5歳の子ども達がいます。

好き嫌いができないようにいろいろ努力してきたつもりですが、、、、
そんな親の思惑通りにはいかず、あれは嫌だこれも嫌だとおっしゃいます。

それでも今では節分の豆まきを押して代表的なイベントとなった恵方巻きを楽しんでもらうため、
子ども達が好きな具材を入れた恵方巻き、作ってみました!

【鰯の缶詰恵方巻き】

<具材> 鰯の缶詰(かば焼きなどお好みで)・かにかま・スライスチーズ・きゅうり

恵方巻き

こんな感じで具を少し中央より下に配置しました。
スライスチーズを一番先に敷いています。
マヨネーズを入れすのをお忘れなく!!
恵方巻き

完成!

これ、子どものみならず主人にも好評でした♪
チーズが結構決め手のようです。
鰯の塩焼きは骨が多いしやっぱり臭みもあるので、
子ども達にはハードルが高くあまり食べてくれないという事が結構あると思うんですが、
これなら食べてくれるのではないでしょうか。

ちゃんと節分にちなんでますしね。

【納豆恵方巻き】

<具材> ひきわり納豆・お新香

恵方巻き

納豆好きな子どもにはウケますね。
大人でも不思議とつい手が出る美味しさですよ。
もし大葉が食べられるなら、みじん切りにして納豆に混ぜると栄養価もあがるのでおすすめ。

他にもおすすめ具材の恵方巻きをご紹介。

【海老フライ巻き】

<具材> 海老フライ・とびっこ・アボカド・ごま

子どもは海老フライが大好き!
マヨネーズをたっぷりめにどうぞ。

【魚肉ソーセージサラダ巻き】

<具材> 魚肉ソーセージ・レタス・コーン

魚肉ソーセージは細く切り、コーンはマヨネーズで和えます。
コーンの食感が楽しい恵方巻き。

【ツナマヨサラダ巻き】

<具材> ツナ・カニカマ・きゅうり

ツナはマヨネーズを混ぜます。
きゅうりのかわりにたくあんでも。

【鶏そぼろ恵方巻き】

<具材> 鶏そぼろ・炒り卵・ほうれん草

ほうれん草は少し小さく切りましょう。
もしほうれん草が苦手ならきゅうりでもOK。

子ども用に作る場合、大人と同様にたくさんの具材を入れてしまうと
かなり太くなって食べにくくなってしまうので、
少し物足りないかと感じるくらいに留めておくのがコツです。

スポンサードリンク

節分でいつも余る豆を使ってデザートを作ろう

節分の日の食事を楽しんだ後、ちょっとしたデザートがあると子どもたちは大喜び!

普段晩ご飯の後にデザートってあんまり食べないですからね、
食べれるってだけで大興奮ですが。。。

今回おすすめしたいのが、いつも余る節分の豆を使ったお菓子。

子どもが喜ぶのはやっぱりあま~い『チョコレート』じゃないでしょうか。

【節分の豆で作るチョコレートバー】

DSC_0322

〇材料

オレオ      7枚
余った節分の豆  20g~お好みで
マシュマロ    30g
板チョコ     100g

〇作り方

1.オレオをジップロックなどに入れて麺棒で砕きます。
マシュマロは小さめに切っておきます。

2.チョコレートを電子レンジにかけて溶かします。
600Wで2分くらい。(途中2、3回溶け具合を確認してください)

3.オレオ・余った節分の豆・マシュマロをチョコレートに入れて、
混ぜ合わせます。

4.クッキングシートを敷いた方に入れて冷蔵庫で冷やし固めればできあがり。

オレオのザクザク感と余った節分の豆の香ばしさが、かなり美味しいです。
作るのもめちゃくちゃ簡単だけど、なんだかおしゃれ。
食後にちょっとつまむにもおやつにもおすすめです。

⇒お子さんに節分について説明する時はこちらをどうぞ。
『節分って子どもにどう説明する?恵方巻きの意味とは?絵本で更に楽しく!』

まとめ

子どもとの節分は堅苦しく考えずに楽しく!が一番。

好きなものがたくさんの恵方巻きや余った豆を活用したデザートで、
少しずつこういう文化に親しんでいってもらいたいですね。

スポンサードリンク