節分って子どもにどう説明する?恵方巻きの意味とは?絵本で更に楽しく!

節分って小さいころから当たり前のように過ごしてきたけれど、
大人になって意味について深く考えること、ありますか?

親になって子どもと節分の日を過ごすようになると、そういう場面が訪れます。

今まで一人だと日本の文化や風習もあまり意識せずにやってきたのに
子どもが生まれると「親として何かしてあげなくては」という気持ちになるようですね。

子ども自身の「節分ってなに?」という疑問にきちんと答えてあげられるように、
どう説明すればいいのかチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

節分について子どもにわかりやすく説明するには?

正直なところ大人でもちゃんと節分について知っているのかと聞かれて、
正しく答えられる人は少ないのではないでしょうか。

結構難しいところもあるので、
たぶん今子どもに全て理解するのは難しいと思います。

大人が正しく理解しておく事は大切ですが、
どこまで説明するのかということをパパやママが
子どもの年齢などに合わせて調整するのがポイント。

では節分について見ていきましょう。

そもそも節分の考え方も豆まきも中国から伝わったもので、
室町時代から日本でも行われるようになったと言われています。

〇節分とは

読んで字のごとく『季節を分ける』という意味があります。。

それを季節の節目と言い、四季の “春” “夏” “秋” “冬” を指します。

そしてその季節の始まりを “立春” “立夏” “立秋” “立冬” と呼んでいて、
昔は前日を『節分』の日としていました。
そう、節分はその昔年に四回もあったんですね。

旧暦では立春は一年の始まりであったため、
新しい年が始まる前に邪気(鬼)を追い払いたいという思いと、
待ち遠しい春の訪れに対する日本人の強い気持ちによって
2月3日の節分の日だけが残ったのです。

〇鬼とは

昔から『邪気=鬼』とたとえられていて、『悪いもの』すなわち “病気” “災い” など
目に見えない不幸なことを起こす原因と考えられていました。

その鬼は季節の変わり目にやってくると言われていて、
節分に豆を使って退治することになったのです。

「今年も病気などせず健康に幸せに過ごせますように」という意味で
行われる行事として現在まで続いています。

〇豆まきの意味

鬼(邪気)を追い払う為に豆をまくのは誰もが知っている事ですが、
なぜ豆なのでしょう。

理由として2つの説が考えられています。

→昔から豆など穀物には魔よけに威力があると考えられていた。

→「魔目=豆(まめ)」「魔滅=豆(まめ)」という語呂合わせで、
鬼の目に豆を投げ付けて滅ぼそうという意味が込められている。

どちらにしても鬼に投げつけるものとしてふさわしいという事ですね。

また、まいた後の豆を食べるのには「福を呼び込む」という意味があります。

【子どもへの説明】

〇節分は昔のお正月である“立春”の前日、
大晦日にあたるので2月3日と決まっていた。

〇昔、この一年も元気で幸せに過ごせるようにと、
みんなで豆をまいて鬼退治をしていたのが今でも残っている。

〇鬼とは目に見えないもの、病気や悪い事を起こすものと考えられていた。

〇豆を食べると一年間病気をしないで元気に過ごせると言われている。

以上をパパママの言葉で伝えてあげましょう。

スポンサードリンク

節分に食べる恵方巻きってどんな意味があるの?

さてもう一つ、すっかり全国区となった『恵方巻き』。

その由来はご存知ですか?

実はこれは関西では当たり前に食べられていたものなのですが、
大阪で太巻きの早食いイベントが行わてマスコミが取り上げたことで
一気に全国的に有名になりました。

食べると福が来ると考えられていて、
恵方巻きの具は七福神にちなんで7種入っているのが基本です。

昔関西で恵方巻きが広められたきっかけはちょっと商売っけが入っているのですが、
詳しくは『節分に恵方巻きを食べる理由と3つのルールとは?豆まきの順番は食べる前?あと?』の記事を読んでみてくださいね。

でも個人的には子どもには今そういう現実的な話をするよりも、
恵方巻きを楽しめるように伝えてあげたほうがいいと思いますが。。。

次章でこの恵方巻きをこどもにわかりやすく描いた絵本もご紹介しますので、
参考にして下さいね。

節分のこと、子どもと絵本でもっと親しめる二冊をご紹介

子どもの心に簡単に届き、イメージが膨らむのは
やっぱり絵本ではないでしょうか。

おすすめの絵本を2冊ご紹介します。

〇せつぶんだ まめまきだ(桜井信夫)



昔節分が行われていた様子が描かれていて、
子ども達ががんばる姿が微笑ましい絵本。
読んでもらった子どもの心にも勇気が芽生えると素敵です。

〇おばあちゃんのえほうまき(野村たかあき)



家庭で恵方巻きを食べることに関してなど、
この本の中でおばあちゃんやお父さんが子どもの素朴な疑問に答えている内容が
ちょうど良く、「よくぞ説明してくれた」と親が助かる一冊ですよ。

他にも節分の絵本はいろいろとありますので、
たくさん読んであげて節分や鬼のイメージを掴む手助けとなるといいですね。

最近注目を集めている絵本ナビ
たくさんの絵本が試し読みできるので、
買う前にどんな本か実際に読んで自分の子どもに合うかなどを知る事ができ、とても便利。

私自身もいつも図書館に行くのが面倒で足が遠のくこともあったのですが、
絵本がもっと身近になりました。

絵本の取り扱いも国内最大級で、おすすめです!

まとめ

いかがですか?
頭の中は整理できましたか?

こういうことを調べていると結構親もふむふむと楽しくなってきたり、
子どもの好奇心に少し影響されて自分も成長できるって素敵な事。

そして子どもの「知りたい」という気持ちを大切にして、
もっともっと好奇心の芽を伸ばしてあげたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする