雑学!節分豆まきの意味と作法。年の数より一つ多い豆を食べる理由とは?

日本人ならほとんどの人が節分に豆まきをした事があると思いますが、
正しい作法ってご存知ですか?

豆まきも豆を食べるという風習も深く意味を考えずにやってきたとしたら、
このあたりで正しいやり方を知っておきませんか?
誰かに聞かれた時、ちょっと鼻高々。
そして日本の文化を正しく楽しみましょう。

スポンサードリンク

節分に豆まきをする意味って?

節分といえば豆まきですが、豆まきで鬼を追い出すためにしているのは
「鬼は外」のフレーズで知ってますよね。

でもどうして豆なんでしょうか。

まぁ確かにあれを当てられると痛いから・・・?

とあまり特別な意味があるのかなんて考えないのが普通かと思いますが、
疑問に思った方のためにお答えしましょう。

大豆は五穀のひとつで、昔はその大豆に穀物の霊が宿っていると考えられていたため、
その力によって鬼を退治するのに用いられました。
また『魔目=まめ』『魔滅=まめ』と魔の目に豆をぶつけて
魔を滅ぼすという意味とあわせて最適なのがこの大豆だったのでしょう。

ただし、鬼を退治するための豆は必ず炒った大豆と決まっています。

その理由は生豆をまいた後、もし拾わず後々発芽してしまうと
とても縁起が悪いとされていたため。

また『炒る=射る』という意味でも通じるためと言われています。

詳しい節分のお話は『節分って子どもにどう説明する?恵方巻きの意味とは?絵本で更に楽しく!』も参考にしてみてください。

節分の豆まきを正しい作法でやってみよう

節分の豆まきっていつもどうしていますか?

普通に各部屋の窓から外に「鬼は外」、そして部屋の中に
「福は内」と豆をまくといった感じでしょうか。

なんとなく、こんな感じかなぁって程度ですよね。

でもこの豆まきにも昔からきちんとやり方が決まっていて、
正式な作法とでもいいましょうか、あるんですね。

実際には方法はいくつかあります。
どれが正しいやり方かということではなく、
各地方によって伝わり方や考え方が微妙に違ったりした結果、
独自の方法というのができたと考えられます。

準備や心構えについて

〇前もって豆を準備しておく

豆はあらかじめ炒って、夜にする豆まきの為に準備しておきます。
夜までは枡に入れて置いておきます。
※昔は神棚と言われるものが各家庭にあり、そこに置くことになっていました。
現在であれば明るくきれいな高い位置に白い紙などを敷いて、
その上に置いておくと良いでしょう。

〇夕方から夜の間に豆まきをする

鬼は午前2時から4時頃に来ると考えられていましたので、
それに備えて暗くなる頃から豆をまいておきましょう。

〇豆とまく人は家長

家長と言う事でお父さんにあたるわけですが、不在であれば長男。
また年男、年女、厄年の人がいればその人がまくこともあります。

豆をまかない人たちは後ろで掛け声をかけます。

〇掛け声は強弱をつける

「鬼は外」は大きな声で鬼を追い払います。
「福は内」は静かに。福を驚かせないようにという意味合いで変化をつけます。

〇豆まきは家族揃ってから

今年一年無事に過ごせるようにとの願いで、家族一丸となって豆まきをしましょう。

豆まきの正式な作法の一例

1.まず玄関の内側から外に向かって「鬼は外!」と言いながら2回豆をまき、
鬼が中に入らないようにすぐに戸を閉めます。

2.各部屋も窓を開けて外に向かって「鬼は外!」と言いながら二回豆をまき、
窓をすぐに閉めます。

3.その後奥にある部屋の方から順番に「福は内!」と言いながら室内に
二回ずつ豆をまき、最後は玄関で終わりです。

スポンサードリンク

節分に豆まきをした後に年の数ともう一つ豆を食べる理由

節分の時に豆を食べるのも子どもの頃からなんとなく
当たり前に食べていましたが、この理由もご存知ですか?

これは先ほどお伝えした豆のパワーにあやかろうというもの。

豆には霊力や生命力があると考えられていたので、
それを食べて福を取り込み、無病息災を願うのです。

旧暦では大晦日にあたる2月3日の節分の日に年の数に一つ多めに豆を食べるのには、
「次の年も健康で幸せに過ごせますように」との意味が込められていると言います。

これも正式には『まいた豆』を拾って食べるのですが、
抵抗があるなら無理はしなくて良いかと思いますよ。

まとめ

こうしていろいろ調べてみると全てに意味があるものですが、
時代とともにいろいろ変化していっているところもあります。

正式なやり方を知っておいたうえで、
『我が家流』の節分の過ごし方を作っていっても、また楽しいかと思いますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする