扁桃炎のうつる期間って?喉の奥が白いなら病院に行かないと危険?!

喉が痛いと感じだして風邪だと思っていたら
症状はずっと喉の痛みだけ。

そうなると疑わしいのは『扁桃炎(扁桃腺炎)』

風邪じゃないけどこどもや他の家族にうつしてしまったらどうしよう、
と気になりますよね。

病院になかなか行けない状態だけどこのまま放っておいても大丈夫なのか、
なども併せて疑問点を解決しておきましょう。

スポンサードリンク

扁桃炎(扁桃腺炎)がうつる期間ってあるの?

まるで風邪のような喉の痛みから始まる扁桃炎ですが、
風邪と同じようにこどもや家族のみんなにうつしては大変!

と実は焦る必要はないんですね。

扁桃炎の原因は、「免疫力の低下」「喉の乾燥」「風邪」であると考えられています。

だから風邪を引いたことが引き金となって扁桃腺炎を起こすこともあるわけですが、
実際のところその風邪のウイルス自体は扁桃腺周辺に限られている事が多いので
人にうつす可能性は低いと言われています。

私自身もてっきり風邪だと思ってマスクをしたりのどスプレーなどで
一生懸命対策をしましたが、
抵抗もむなしくどんどん酷くなっていった時、
いつもなら絶対子供二人と私でいつもいろんな感染系の病気は
シェアしあうのがお決まりなのですが、
なぜか私一人寝込んでも誰も症状でないと不思議に思っていたら
扁桃炎だったという事がありました。

結構咳も出ていましたが結局誰ひとりとしてうつりませんでしたよ。

注意

『溶連菌』から扁桃炎を発症した場合は『溶連菌』の感染に要注意です。

扁桃炎(扁桃腺炎)で喉の奥が白い状態って危険?!

扁桃炎か風邪かの判断で自分でわかりやすいのが“喉の奥が白くなっているか”という事。

私は扁桃炎になった事がなかったので絶対風邪だと思い込んでいたのですが、
2日ほど喉の痛みの進行のあと、急に関節痛と発熱、頭痛で一晩中うなされました。

でも一切鼻水は出ないし、なんか異様に首の側面というか喉の外側がズキズキ痛くて触るとなんとなく腫れているような気もするしなんか変だよね、、、と思って喉の奥を何気に鏡に移したら痛い方の右側に白いぶつぶつが!

さすがにいつもと違う症状に焦ってなんとか病院に行ったところ
『扁桃炎(扁桃腺炎)』と診断されたわけです。

ですので喉の奥に白いもの(白苔)がある場合は扁桃腺炎である可能性がほとんどですが、
これってかなり初期症状から進行した『急性扁桃炎』といわれる状況。
※喉の白いぶつぶつに関しては進行状況にもよって出方が違っていて、
白いものが広範囲でべったりついていることもあります。

これは扁桃腺で白血球が入ってきた細菌やウイルスと戦っていて、
その繊維細胞が死んだものです。
まだその中ではなんとか細菌に打ち勝とうと白血球ががんばってくれている状態で、
体力があれば白血球が勝ち回復していくことになります。

ただ大人が扁桃炎になってしまった時は多くの場合、
体力が限界に近い疲れすぎた状態なのでどんどん悪化していく可能性も。

きっかけとなった細菌が原因で酷い炎症を起こしている状態なので、
自分の力だけでそれらに打ち勝つ事はかなり難しい状態でしょう。

スポンサードリンク

扁桃炎(扁桃腺炎)は病院に行かないで大丈夫?

風邪はなんとか自力で治せる事も多いですが、
扁桃炎はどうなんでしょうか。

扁桃炎は疲れ切った時になってしまう事が多いと言われていて、
そういった状態であれば自力で治すのは難しいもの。

病院に行かずに治すための方法は市販の薬などいろいろありますが、
結局悪化して病院に行く事も多く、長い期間しんどい思いをする事になるのなら
出来る限り初めの異変に気付いた段階で耳鼻科にかかりましょう。

きちんとした処置と薬を飲めば最短で治るものです。

『急性扁桃炎』とは3カ月以内に炎症が改善するものを指しますが、
これを放置しておくと『扁桃腺周囲炎』『扁桃腺周囲炎』などと進行していき
更に大変な状態になってしまったり、
再発してしまって一年に4~5回繰り返す『慢性扁桃炎』になってしまうことも。

また扁桃炎を拗らせると“腎臓”にも影響を及ぼすというのも、珍しい事ではありませんので、安易に考えると後々辛い思いをする事になるので、出来る限り耳鼻科を受診するようにしましょう。

まとめ

病気はなんでも早いうちの対処で重症化するかどうか変わってきます。

大人になれば病院にすぐ行くのもなかなか難しい事が多いですが、
対処が遅れたり放置した事によって結局長期間寝込んだりしてしまう事になるよりか、
病院に行く方が体も楽になりますし、周囲への影響も少なく済みますので
なんとか早めに耳鼻科に行くことをおすすめします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする