子供の咳が夜出る時の止め方は?横になると出たり吐くので寝れない時の対処方法

風邪を引くとなぜか最後までしぶとく残るのが“咳”。

大人でも咳はとてもしんどいですが、小さな体の子供が咳き込む姿は見ていて辛いものですね。

特に夜になると咳が出る事って、めずらしいことではないんですね。

我が家でも二人の子供がいますが、どちらも咳には本当に悩まされました。(現在進行形かも・・・)

その経験をもとに子供の夜中の咳の対処法などをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

子供の咳が夜に酷い時の止め方は?

もう既に風邪になってだいぶたつのに、日中の咳もほとんどでなくなったにも関わらず
夜寝入って3~4時間ほどしたら急に咳き込みだしたりって事、何度も経験しました。

本当に見ているの辛いほどの咳き込みとえづき。。。

どうしたらいいのかわからずただ背中をさすったり叩いたりしていたのですが、
なんとかしてやれないかと毎回いろいろ試すようになり、その中でも効いた事をご紹介させて頂きます。

加湿する

やはり咳には基本中の基本で、空気の乾燥が喉の乾燥を引き起こして咳を出やすくしてしまいますので、必須事項ですね。
大人ならマスクでもかなり軽減されるのですが、子供だと嫌がってしてくれないので加湿器が一番望ましいですね。
冬場は特に乾燥でいろんな病気の媒介が起こりますので一台あるといいかと思いますが、
加湿器がなくても枕元にお風呂のお湯などを入れておいていたり、濡れたタオルを掛けたりでも対処できます。

ヴィックスヴェポラップを塗る

これも私にとっては小さい頃から当たり前のように咳が出る時使っていたアイテムなので、
我が子にも迷わず使っています。
胸や背中首の広範囲に塗り、嫌がらなければ鼻の下にもちょんと塗ると息を吸う時にすっとして咳が治まり易くなります。
すぐに効くというわけでもありませんが、少し経てば塗ったものが浸透して咳が結構治まります。
もっと酷い時に試して効果があったのが、足の裏に塗る!
べたつくので靴下を履かせてあげて下さいね。
これは日本では「えっ?!」っとなると思いますが、ヴェポラップの発祥の地であるイギリスでは当たり前だそうで、
この方が効果があったと言う人も日本で結構いるようです。
民間療法なので自己責任ですが。。。

はちみつを舐めさせる

お湯に溶いて飲ませたいのですが、とにかくえづいて泣きじゃくりもうパニック状態になることもしばしばなので、
慌ててスプーンにとってちょっとずつ舐めさせることが多いです。
特に下の子はなぜか蜂蜜を薬だと思っているのか、ものすごく嫌がるので私の指に少しずつつけてちょっと強引に下に乗せてしまします。
そうすればかなり咳は落ち着きます。

うちでは普通の蜂蜜を使っていますが、実際にアメリカの研究によって特にそばはちみつが咳に効果があると立証されたようですので、
これから購入されるのであればこちらもよいと思います。


北海道産そば蜂蜜 300g

<参考URL>
http://www.bee-lab.jp/product/hatimitsu_1.html

Point

夜中に舐めさせてそのまま寝てしまうので虫歯が気になるので、
咳き込みが続いている時は寝る前舐めさせて歯を磨いてからベッドに入るようにしていますが
それでも効果がありました。

今のお子さんの状況にあった方法が見つかって、少しでも辛さを緩和してあげられるといいですね。

子供の咳が横になると出るので眠れない!

上記の方法で咳は結構ぴたりと止まる事が多かったのですが、
止まったのでさあ寝かせようとお布団に寝転ばせた途端また咳が出はじめました。

止まらなくなりそうだったのでとにかく蜂蜜をもう一度舐めさせ
治まった状態でしばらく様子を見てから寝かせようと横にしたところ、
また咳が・・・

横になると咳が出やすいとは聞いていたけど、ここまで顕著に出るとは驚きました。

では、と枕やクッションを重ねて45度い近くまで傾斜を作って寝かせたところ、
やっと咳が出ない状態で寝ることができました。

おそらく横になる事で気道が狭くなったのか鼻水や痰が気道に流れてしまった事が原因だと思われますが、
聞いた事は一度やってみるもんだ、と思いました。

その後朝までにコホンっと2、3回咳はしたものの6時間くらいぐっすり眠ってくれたので
本当にホッとしました。

正直子供がこのような状態になると親も寝不足でかなり参ってきますからね、
どちらもできるだけしんどい思いをしないように、できることは試すべし!ですね。

スポンサードリンク

子供が咳で吐く時の注意点

咳で吐くとうわさには聞いたことがありましたが、まさか自分の子が吐くとは思っていなかったので、
初めての時はノロウイルスかロタウイルスだと思ってめちゃめちゃ焦りました。。。

そしてある日下の子が吐いた時にどうやら変な所に入ったのか
本当に全く咳が止まらなくなってしまったんです。

まるでメトロノームでリズムを取っているかのように一定の速さで何十分も最終的には何時間もでしたが、
どうなってしまったのかと恐ろしくなりました。

とっくに診察などどこもやっていない時間になっていましたので、
慌てて救急に連れて行ったところ急遽入院となりました。

理由は血中の酸素濃度の低下
本来なら最低でも95%以上なければいけないところが、
92%しかなかったためこのまま放置はできないとのことでした。

入院して酸素テントに入った状態で4日くらい過ごしてようやく95%を保てるようになって、
5日目に退院できたのですが咳があんなに止まらなくなった原因は結局わからず仕舞。

今後またならないとは言えないので、今では本当に咳には最新の注意を払っています。

特に夜寝ている時に吐いてしまうと、気管に入ってしまったりと危険なのですぐに起こしてあげる方がいいでしょう。

たかが咳ですがあなどるなかれ、です。

まとめ

原因が風邪などとわかっていて一時的に夜中に酷くなるようであれば
上記のような対策が有効になってきますが、
きちんと原因がわかっていなかったり異常に長引いている場合などは
きちんと小児科や耳鼻科などで診てもらいましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする