風邪引き始めの葛根湯はいいの?効く対処法と休めない時の為のポイントは?

なんとなく「風邪をひいてしまったかも」と思った時、どうしますか?

放置していると徐々に進行していくことが多い風邪ですが、
早い段階できちんと対処すると食い止める事も結構できるんです。

よく耳にする葛根湯やその他の効果がある対処法をご紹介していきますので、
実践して引き始めの風邪を撃退してしまいましょう。

スポンサードリンク

風邪の引き始めには葛根湯が本当にいいの?

一般的な西洋薬以外に多くの人が取り入れている漢方薬『葛根湯』ですが、
この漢方、“引き始め”がポイントなんですね。

ちゃんと注意書きを見ると、初期の風邪にと書いてあります。

ということは、進行した風邪には効き目を発揮してくれないと覚えておきましょうね。

で、なぜ初期なのか、ということなのですが、
葛根湯がどう体に働いているのかという事から考えるとよくわかります。

葛根湯は7種類の生薬が配合されています。

・葛根(かっこん)  体表の邪熱を発汗清熱する
・麻黄(まおう)   咳や喘鳴を抑える
・桂枝(けいひ)   発汗作用
・芍薬(しゃくやく) 痛みを和らげる
・甘草(かんぞう)  炎症、アレルギー反応を和らげる
・大棗(たいそう)  体を温め、身体の緊張を緩和する。
・生姜(しょうきょう)新陳代謝機能を高める

体を温めて病気を発散させて治すという目的のもので、
まだ体力のある段階で自分の力で風邪と戦える状態に導くという考え方ができます。

だから逆の考え方をすると、すでに進行していて体力がなくなってきている段階だと、
もう飲んでも効かないということなんですね。

風邪の初期段階では、体内でナチュラルキラー細胞が体の外からの風邪のウイルスの侵入を必死で抑えようと戦っている状態です。
その段階で葛根湯のさまざまな生薬の作用が効き、風邪を撃退する事が可能なのです。

西洋医学の薬では出てきた諸症状を緩和する事が出来ても、この初期段階に治すという事はできないと言われています。

でも風邪といってもワンパターンではありませんよね。

実は葛根湯を飲むと効果を発揮する風邪と全く効かない風邪があり、
意外と知らない人が多いので「やっぱり漢方は効かない」と言われたりしますが
向き不向きがあるのです。

【葛根湯が効く風邪の初期症状】

〇ぞくぞくするような寒気
〇水のような鼻水が出る
〇微熱
〇倦怠感
〇関節痛

効かない初期症状は夏風邪の症状に多く、喉の痛みがあったり急に発熱したり、粘り気のある鼻水がでるなど。

自分の症状がどちらに当てはまるのかを見極めて服用してみてください。

そして東洋医学だと『証』といって体質によって同じ症状でも使える漢方薬が違ってくるのですが、葛根湯は比較的『証』を選ばないので、短期的に風邪の初期症状の為であれば基本的に誰でも飲めます。

注意

循環器系の疾患や低カリウム血症を起こしやすい人は、医師の判断が必要なので必ず病院で相談しましょう。

葛根湯を飲む上で一番大事なのポイントは、これだと思う症状を少しでも感じれば出来る限り早く飲むこと。
とにかく早ければ早い程良いので、今食べた後だから次の食事の前に飲もうなどと考えてはいけません。
まずただちに飲む事、これが第一なのです。

仮に出先で風邪っぽさを感じたら、コンビニやドラッグストアなどどこでも手に入る“カコナール”など葛根湯が入っているものをすぐに飲むことで、とりあえずの対処はできます。
その後できれば生薬の配合量が多いという理由で病院で診察してもらって葛根湯を処方してもらうのが一番ですが、無理であればドラッグストアで購入すればいいでしょう。

これらの事を知っておくだけで早い段階で風邪を治してしまえる確率はかなりあがるはずですので、
ぜひ試してみてください。

風邪の引き始めで食い止めるための対処法

風邪引き始めの葛根湯は早ければ早いほど効果が発揮されますが、
何が何でも悪化させたくないのであれば、できる対処法はいろいろ試す方がいいですね。

私自身冬になると一ヶ月に一回、酷い時は二週間に一回は引いていた事があり、
ほとほとそんな状況に嫌気がさして出来る限りの方法を試しました。

ここからは実体験も踏まえて、有効な方法をご紹介したいと思います。

背中にカイロ

ぞくっときたら即貼るカイロを肩甲骨の間に貼ります。
この場所は風邪の入り口といわれる『風門』があり、もう一つ温めると良いと言われている『大椎』に挟まれているので両方が温められて風邪に効きます。
熱のある時にもここに貼ると汗がどっと出て良いですよ。

マスクをする

風邪の時は喉を乾燥させないようにする事が大切。
加湿器もいいのですが、ない場合や出先でもどこでも手軽なのがマスクです。
また保温もできるので一石二鳥。
寝る時もしておきましょうね。

プロポリスのど飴をなめる

免疫力をアップし殺菌作用もあるプロポリスが入ったのど飴で、更に喉をうるおします。

のどスプレーを常に持ち歩く

喉に違和感をちょっとでも感じたらのどスプレーをします。
上限は守って使用しましょう。

※のどスプレーには、殺菌が目的のものと既に炎症を起こしてしまっている状態を緩和する『アズレン』という成分が入っているものの二種類がありますが、アズレンが入っているものがおすすめ。
既に炎症を起こしている状態で殺菌目的の『ヨード系』を使い続けるとその刺激によってかえって悪化させてしまうので注意して下さい。

ビタミンCを多めに摂る

一回1000mgを数時間おきに一日5から6回飲みます。
一度に大量に取っても尿と一緒に流れ出てしまうので、分けて飲むのがコツ。

首を温める

のどを温める事が大切ですし、首には風邪に効くつぼがたくさんあるのでハイネックの服を着たりネックウォーマーをしましょう。

手首、足首を温める

『首』とつくところには脈拍を測れる大きな動脈が通っていて、
そこを冷やすと体全体が冷えていくのでレッグウォーマーやアームウォーマでしっかり温めましょう。

生姜緑茶を飲む

緑茶はビタミンCが豊富な事とカテキンが免疫力を上げてくれますし、殺菌作用もあります。
でも体を冷やす作用があるので生姜粉末を入れて、アツアツの生姜緑茶にして二時間おきくらいに飲んでいます。
風邪の時は水分をたくさん摂ることも大切なので、こまめに飲みましょう。

他にも生姜紅茶やしょうが湯だと体を芯から温めてくれますので、緑茶の冷えが気になる場合はこちらにしても良いでしょう。

早く寝る

風邪の時に大切なのは、体を温め、しっかりと栄養と休養をとること。
時間が許す限り、いろいろなことをするのをすっぱり諦めて引き始めのうちにしっかり寝て治してしまいましょう。

スポンサードリンク

風邪の引き始めだけど休めない!どうすればいいの?

仕事が忙しい時など、どうしても休めないことってありますよね。

そんな時こそ早めに治さないと後々大変なのですが、忙しいからなかなか自分の体の事に気を遣うところまで気がまわらなかったり。

でも悪化してしまってはもっと辛い状態で仕事をしなくてはいけなくなるので、
上記の方法で比較的取り入れやすいものをできるだけ早く実行しましょう。

とにかく最低限、葛根湯を手に入れてドリンクでもいいので今すぐ飲む事です。

もし買いに行ったらついでにマスク、のど飴、ビタミンC、のどスプレー、貼るカイロなどない物を一緒に買っておくのを忘れずに。

そして会社に行く時は必ずカイロを背中に貼りましょう。

まとめ

手洗いうがいが風邪やインフルエンザに有効なことは言うまでもありませんが、
どうしても外に出ていると長時間うがいなど出来ない状況になります。

そんな時はこまめに水分を摂る事がとても有効になってきます。

できれば殺菌効果が期待できる水より緑茶や紅茶がおすすめですので、おためしあれ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする