成人式の振袖は高いからレンタル?購入後の着物の使い道はある?

最近よく届くようになったレンタルショップや呉服店からの振袖の案内。

そろそろ成人式の準備をした方がいいのかと気になってきた頃、まず考えるのが着物を購入するかレンタルにするか、ではありませんか?

どちらにしても大きなお金が出て行くのです。

しっかりと納得して買い物をしたいものですね。

そして満足のいく振袖を装った笑顔で成人式を迎えてもらいたいところ。

購入かレンタルかを決める為に何がポイントになるのかなどチェックして、頭の中を整理していきましょう。

スポンサードリンク

成人式の振袖はやっぱり高いもの?

娘さんを持った家庭の成人式は、やっぱり結構大きな出費となりますね。

具体的にはレンタルだと約15万~25万円ほど。
購入であればピンからキリまであるものの、レンタルより高い事がほとんど。

また購入であれば着付けやヘアメイク、前撮りの費用も別途かかってきます。

そしてとてもうまくできているところが、“良く見えるもの”というのはオプションだったり、着物にしても品質が値段に反映されている世界なのでどうしても高くなっていく傾向にあり、『成人式の振袖が高い』というのもある程度のものを購入しようと考えると納得の事実なのですね。

もちろん安いものもあります。

そういったものは、基本的に『輸入シルク』を使用していて、染めには耐えられない素材なので柄はプリントになります。

プリント自体は技術が進歩しているので染めとの違いはわかりにくくなってはいますが、素材の違いは素人目にも比べるとわかってしまいます。

成人式会場でそこまで比較する事はないしそれで全然構わないという考えであれば、その分費用を抑える事は可能です。

ただ、プリントであるため大量に同じ柄が刷られていることが多いので、会場などで同じ柄を着ている人がいるなんて事も、あり得なくはないのでちょっと気になるところですね。

成人式の振袖はレンタルか購入かどっちがいい?

では悩ましいレンタルと購入、どちらがいいのかという事ですが、これは本当に価値感の問題となってきますね。

ただ、その価値感と言っても探し始めていない今の価値感は確かではありません。

まずしなくてはいけない事は、とにかく出来る限りたくさんの着物を見てまわること。

そうすることで、“自分が着物に求めるものがどういうものなのか”というのがはっきりと見えてくるのです。

それまでは、『形式通りに着物を着るものだから』『着物は成人式に親が買ってくれるものだから』『着物に興味がないし着る機会もない』なんて思っていても、実際に見て触れてその奥深さを知っていくと興味が湧いてくることや、やっぱり思った通り興味が湧かず価値を感じないという場合もあります。

そういった経験をする事で本当の価値感が生まれてくるので、一店舗ちらっと見るだけではなくたくさんの着物に触れ、自分に合わせてみる事も大切です。

また品物を見極める目も肥えてきますので、その後の振袖選びの失敗が少なくなります。

まずは百貨店や老舗の呉服店などを下見でまわってみましょう。

こうして見てまわっている間に、「これ!」という決定的な一枚に出会うことがあればそれは購入するにふさわしいピッタリの一枚になるでしょう。
そういった一枚はレンタルではなかなか見つかる事がないので、購入に踏み切る価値はあります。

でも「今まで見てきた中ではこれかな、、、」程度な物にしか出会えない場合は、購入はやめておいた方が良いでしょう。
結果的に必要以上の高価な買い物になってしまうことに。

そんな場合はレンタルにして、余ったお金は将来の為に取っておくなどする方が生きたお金の使い方ができるので、無理して購入にこだわらなくても良いでしょう。

ですので早い段階で成人式の振袖選びをスタートし始め、十分に選ぶ時間を取っておくことで後悔することが少なくなります。

“中途半端なものを購入する事が一番無駄”ということにならないように、しっかりと目を肥やして振袖選びに挑みましょう。
『成人式の振袖を購入する時期はいつ?相場と失敗しない選び方について』『成人式の振袖レンタルする時の相場は?準備はいつからで写真前撮りはどうなる?』も参考にして下さい。

スポンサードリンク

成人式の振袖のその後の使い道

もし振袖購入に踏み切った際、気になるのが“成人式以外に着る機会があるのか”という
事ではないでしょうか。

着る機会は実際には意識すれば結構あるものです。

〇友人や親戚の結婚式
〇お正月に親戚などに挨拶に伺う際や初詣
〇学校や会社の改まった式典や謝恩会
〇お見合い
〇結納
〇結婚式のお色直し

誰かの結婚式だけでも2、3回はあるのではないでしょうか。
ワンピースなどの正装であれば毎回同じものを着て行くのはちょっと抵抗がありますが、振袖はそういうものではありません。
第一正装であり、縁起の良い意味を持つ振袖で参列する事は新郎新婦へのお祝いを表わすことにもなりますので、同じものを着て行っても全く恥じることはありません。
むしろ自信を持っていいでしょう。

結納もまさに振袖で行くべき時。
きちんとした印象を与える事が出来ますし、この時こそ着物の中でも格式の高い振袖の出番としてふさわしいのです。

その気になれば毎年でも着る機会はあるのですが、なぜハードルが高く感じられるのでしょうか。

着ようと思っていたのにやっぱり着なかった大きな理由として、『着物を着る時にいちいち着付けにお金が掛る』という点。

確かに例えば友人の結婚式、ドレスで行くのなら掛らない着付け代が掛ってしまいます。
その上着付けには時間が必要ですので、どうしてもいろいろめんどくさくなってしまうのもわかりますね。

本当に惚れ込んで購入したものであれば、愛着があるからまた袖を通したいと思えるのでそういう事も煩わしさと感じず楽しめるのでしょうが、一つでもハードルは低いに越したことはありません。

実はその着付けの費用に関しては、着物を購入する際の呉服店のサービスに気をつけていればクリアできる事も。
購入したお客さんには、着る時はずっと無料で着付けサービスしてくれるところをうまく探してみましょう。
そうすれば費用面ではぐっと負担が減りますね。

購入するならこういった点も着目してしっかりとした呉服店を選ぶようにする事も、長く着て行く上で大切なポイントとなりますよ。

まとめ

今の時代、成人式の振袖はレンタルという合理的な考えが多くなってきましたが、本当に着る人にとってどういった価値があるのかが大事であって、着物そのものの価値だけで比較する必要はあまりないのではと感じます。

そこを見極める為にも、たくさんのお店に出向いてたくさんの着物を見てみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする