成人式の振袖を購入する時期はいつ?相場と失敗しない選び方について

これまで一生懸命に育ててきた娘が成人する時、大きな一区切りとして着物を買ってあげるというのが母としての喜びでもありますね。

でもいざ購入となるとかなり高価な買い物になるので、気軽に買えるものではありません。

失敗しないために、しっかりと知っておかなければいけないこと、探す時期や価格、選び方、また購入後成人式以外で活用できるように必要な知識は身につけておきましょう。

スポンサードリンク

成人式の振袖を購入するなら時期はいつ?

成人式の振袖を購入するなら一年半くらい前から動き出すのが良いと言われています。

その理由として、あまり早すぎるとデザインの流行りが変わってしまって、実際に着る時になると流行が違っていたりします。
またこのくらいの時期から勉強の為に見てまわる事をしていくと、最終的に目が肥えて本当に良いものを選ぶ事ができるようになってきます。

逆に遅すぎると良いものは早くに売れてしまうのはもちろんですが、じっくりと自分の気に入ったものを探すのに時間を掛ける事ができず、中途半端な物を購入してしまう恐れがあります。

ギリギリの場合は、仕立てがどれくらいの日数かかるのかも問題になってきますので注意が必要です。

そういったことから、成人式を迎える前の前の年の夏頃から探し始めるとベストでしょう。
例えば2019年の1月に成人式を迎えるのであれば、2017年の夏頃スタートということです。

極端な事を言えば、実際の購入は仕立てが成人式に間に合えば問題はないのですが、いかに納得した物を購入できるかということを考えると、これくらいの期間を費やすのが良いと考えられます。

呉服店では夏から秋にかけて一斉に成人式用のセールが始まるので、これは必ず見に行きましょう。
仮に2017年の夏から探し始めてその夏のセールではこれといったものが見つからなかったとしても、2018年にもチャンスがありますので十分に探す時間を費やす事が可能ですね。

成人式の振袖を購入する相場はどれくらい?

では成人式の振袖の相場っていくらくらいなのでしょうか。

これは正直な事を言えば、なんとも言い難いことなんですね。

着物の値段はその価値に比例すると言われていて、それを追い求めれば天井知らずで100万円など簡単に超えてしまいますし、実際にそういう100万くらいの着物を成人式に購入する人もいます。

また安く済ませようと思うと、レンタルと変わらない価格で購入する事もできなくはないので、購入する人がどれくらいのものを求めているかで全く違ってしまうのです。

目安として50万円以上のものが着物としてある程度価値のあるものだと言われたりもしますが、それに帯代などがまだ必要です。

実際には百貨店で買うのか呉服屋で買うのかによっても、同じ50万円を出しても着物の価値は違います。
デパートではどうしてもたくさんのマージンが上乗せされているので、着物の価値としてはもっと低いものになるという事です。

なのでやはりしっかり時間を掛けて、適正価格も含め多少なりとも着物の善し悪しがわかるようになる事が大事になってきます。

そしてもう一つ大切なのは、価値の高い高価な物が良いとは思いますが、それだけではなく着る本人に似合い、いかに気に入るかという事。

いくら高価であっても似合っていなければ、本人にとって本当に価値のあるものではありません。

価格だけに囚われず、納得するものを見つけましょう。

スポンサードリンク

成人式の振袖の失敗しない選び方

大切な成人式、満足のいく着物を買いたいですね。

高価な着物を買うのですから、やっぱりそれなりに知識がないとお店の人の言うがままに購入しまって後で後悔したり、成人式が終わっても着たいと思えなくていわゆる“箪笥の肥し”になってしまいます。

まずすべき事は、可能な限りたくさんのお店でたくさんの着物を見てまわること。
そしてピンからキリまでをしっかり見て、着物を見る目を肥やしましょう。

いきなり呉服店に行くのは敷居が高いと思うのであれば、まずは百貨店に行ってみましょう。
呉服店よりは入りやすく、またちょっと見に来ただけと断りも入れやすいですので初心者はおすすめ。

呉服店でも本当に良いお店は、お客様のしっかり見たいという気持ちを大切にしてくれるもの。
本当はこちらが引け目を感じる必要はないので、購入するものだと勘違いされる前に初めから「今回は下見に来ただけ」と伝えましょう。

もしそれも言えるかわからないし不安だという場合は、下見は娘さんは連れて行かずにまわってみるといいですよ。
何かすすめられて断りづらくても「娘本人に実際にあわせてみないとわからないので」と一旦断る事ができます。
そしてお母さんが良いと思ったお店何店かに絞って、娘さんと行くと効率が良いですね。

実際に購入するのは、良いものを適正な価格で購入できるのできちんとした呉服店をおすすめします。

呉服店でもいろいろありますので、いくつもまわって信頼できそうなところを選びましょう。
アフターケアを特別価格でしてくれたり、着付けはずっと無料でしてくれるなどの購入者へのしっかりしたサービスを設けているところもありますので、チェックしておくと良いでしょう。
そういったサービスがあれば購入した後に毎回かかる費用もかなり抑えられますし、着物を着る機会もぐっと増えますので結構重要なポイントとなります。

着物の買い方としては、着物自体よりも帯にお金を掛けるのが正解と言われています。

着物も50代になっても訪問着として着れるようなものが一番良いのですが、成人式を迎える20歳だからこそ着れるような柄が良いとなった場合、それほど着物にお金を掛けずとも帯が良いものであれば見る人が見ればわかりますし、帯こそ50代になっても年代問わず良いものは受け継がれていきます。

成人式以外にも着物を着るということであれば、こういった買い方がよいと思います。

もし成人式しか着ないかもしれないというのであれば、帯もそんなに高価でなくても成人式の変わり結びで華やかに見せる事ができます。

また仕立てる時についてですが、呉服店で良い着物を仕立てる時は「将来結婚式でお色直しに使いたい」と伝えて仕立ててもらうといいとよいですよ。
実際の結婚式に使うかはわかならくても、高島田の場合は着付けが違うので可能であればそれに対応できるような仕立てにしておくのはおすすめです。

まとめ

成人式の着物を購入するなら、早くから探し始める事が最大の成功の秘訣です。

それだけ足を使って納得のいく物を選ぶからこそ、ずっと愛着を持てる着物になるとも言えますので、親子でそういった時間を楽しみながらお店巡りをしてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする