年賀状出し忘れの寒中見舞い例文と返し方って?年賀はがきは使える?

年が明けてから届いた年賀状を見て、昨年は来ていなかったので出さなくて良いと思って書かなかった人から今年は来ていた、なんてこと、結構ありませんか?

そういう時、すぐに返せる場合は1月7日までに着くように出せばいいのですが、それができない場合どうするのが一番良いのでしょうか?

社会人として、一般的なマナーに則った方法をしっかり押さえておきましょう。

スポンサードリンク

年賀状の返し方は寒中見舞いで正解?

年賀状を出していない人から届いていた時は急いで年賀状を送る方法もありますが、慌てなくても『寒中見舞い』として送れば大丈夫。

慌てて年賀状を投函したとしても、そもそも出していなかった事はばれますよね 笑

だとしたらきちんと寒中見舞いで、年賀状のお礼とご挨拶が遅れた事を謝罪しておく方が気持ちがいいですね。

寒中見舞いは、自分の近況報告も含め、寒さが厳しくなる季節の相手の体調などを気遣い安否を確認する意味のある季節の挨拶状ですが、それだけでなく喪中で年賀状が出せなかった場合に寒中見舞いとして挨拶をしたり、喪中に年賀状を受け取ったのでそのお礼として寒中見舞いが使われる事も。

そして今回のように年賀状を出していない人から来た時の返事にも、よく使われます。

ですので、年賀状の返し方として寒中見舞いは正しい方法なので、安心して準備をして下さいね。

年賀状の出し忘れに寒中見舞いを送る時の例文

寒中見舞いの書き方はご存知ですか?

基本的には以下の内容を入れます。

〇寒中見舞いの挨拶
〇時候の挨拶
〇近況報告
〇相手の健康を気遣う言葉

ここに年賀状のお礼と謝罪を入れればよいですね。

年賀状を出していない場合に使える寒中見舞いの文例をご紹介しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

文例

寒中お見舞い申し上げます。

早々にご丁寧な年頭のお年始をいただきながらもご挨拶が遅れ
申し訳ございません。
厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
おかげ様で私どもも大過なく過ごしております。
本年も、変わらぬお付き合いをお願い申しあげますと共に、
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

平成〇〇年 一月

スポンサードリンク

寒中見舞いのはがきは年賀はがきを使ってもいいの?

寒中見舞いを書く時、ふっと「昨年余った年賀状を使ってもいいんじゃないの?」と思ったりしませんでしたか?

結構疑問に思う人もいるようですね。

でもこれはやめておきましょう。

寒中見舞いは年賀状とは違うもの。

季節の挨拶状ですので、年賀状を使いまわして相手に届くと良い印象ではありません。

マナーに厳しい方なら気分を害してしまう事もあり得ますので、「懸賞付きだし年賀状の方が嬉しいんじゃないの?」なんて思ったりするかもしれませんが、これはマナー違反なので使わないでくださいね。

金額は目減りするものの切手などで受け取る事ができますので、余った年賀状は郵便局に持っていきましょう。

寒中見舞いには、普通の官製はがきや私製はがきで大丈夫です。
自分でテンプレートなどを利用してプリントアウトしてもいいですし、プリントサービスに依頼してそこから選ぶ事もできます。

喪中の人に送るのでなければイラストや写真に特に縛りもありませんので、気に入ったものを選んでくださいね。

寒中見舞い向けのテンプレートの参考サイト
https://allabout.co.jp/gm/gc/19806/

まとめ

あまり送りなれない寒中見舞いですが、喪中でなければそれほど難しく考えなくて大丈夫です。

『寒中見舞い』なのであまり他の事は書かず、文章はシンプルを心がけましょう。

年賀状は出し忘れてしまいましたが、さらりと大人のご挨拶で印象アップを狙ってみませんか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする