喪中の人に年賀状を出してしまった時ってどうする?マナーとお詫びについて

年賀状の準備に取り掛かる少し前、喪中ハガキが送られてきます。

でもその時は「そうか」と思っていても、いざ忙しい年末にバタバタと大急ぎで年賀状の準備に取り掛かる頃にはすっかり、、、その慌ただしさも手伝って忘れてしまっていたり、しませんか?

もう送ってしまってから気づいて冷や汗をかくことが、結構あるようですね。

今回はそういう時の対処法などについて記事にしました。

スポンサードリンク

喪中の人にうっかり年賀状を送ってしまった!

実は喪中の人に年賀状を送ってしまったと困っている人は、毎年たくさんいます。

どうしても少し前に喪中ハガキが送られてくるので忘れやすいですし、住所録をパソコンで作っている人はそのまま宛名をプリントアウトしてしまって、流れで誤って出してしまうというパターンも結構あるようです。

それを誰かが代理でしている場合なんて特に危険ですね。
知らずに出してしまい、後の祭り。
誰にあたっていいのやら、といった事態になってしまうはめに。

そもそも喪中ハガキとは、「喪中だから年賀状は送らないで下さい」という意味ではなく、「喪中なので新年のあいさつは控えさせてもらいます」ということです。

具体的に説明すると、「喪に服している一年間はお祝い事を控えるので年賀状での挨拶もこちらから送りませんが、これからも変わらずお付き合いをお願いします」といった意味合いのもの。

相手からの年賀状を断るものではないのです。

だから喪中ハガキを受け取った側は、年賀状を送っても構わないということになります。

ただ、ここで問題となるのが文面。

年賀状を送っても良いのですが、喪中の人へはお祝いの言葉を使わないようにするのがマナーと言われているのです。

そうすると、既に送ってしまった年賀状は喪中と意識せずにいつも通りお祝いの言葉が書かれたものなので、やはりマナー違反といった事態になってしまうことがわかります。

喪中の人に年賀状を送ってしまった時のお詫びについて

喪中はがきを受け取っても年賀状を送ってもよい、と先ほどお伝えしましたが、現在では年賀状を出さないようにするべきだと思っている人がとても多く、本来の意味よりも一般的なマナーとして浸透しているのが現状。

そういった意味も含めていつも通りの年賀状を送ってしまったという事になれば、やはり相手がどう思うか、といったことに気を配れば、お詫びを入れておく方がこれからのお付き合いを続けていく上では良いでしょう。

〇お詫びの方法

気付いたのが年内であればすぐに電話をして事情を説明し、お詫びをしましょう。
そして更に1月8日以降にお詫び状の意味を含めて、寒中見舞い送るようにすれば大丈夫です。

既に年賀状が来てから気付いた場合は仕方がありませんので、寒中見舞いにお詫びの言葉を書き添えて投函しましょう。

【寒中見舞いの文例】

寒中お見舞い申し上げます。

この度はご服喪中をわきまえず、年始のご挨拶を申し上げてしまい大変失礼をいたしました。
心からお悔み申し上げるとともに、故人の方のご冥福をお祈り申し上げます。
寒い日が続きますが、風邪など召されませんようご自愛ください。

平成○○年 一月

また、「どうしても年賀状を届けたくない」というのであれば、『取り戻し請求』という制度を使うこともできます。

既定の料金(410円もしくは570円)がかかりますが、郵便物配達前であれば差出人に戻すことが可能というもの。

毎年年末には結構使われるケースが多いようですよ。

参考URL
https://www.post.japanpost.jp/service/web/faq/253.html

スポンサードリンク

喪中の年賀状のマナーって?

喪中の年賀状は、喪中ハガキを受け取った側は送ってもかまいませんが、書く内容には気を配らなければいけません。

喪中にはお祝いの言葉を使わないのがマナーとなっていますので、『謹賀新年』『あけましておめでとうございます』などは避け、『謹んで年頭のご挨拶を申し上げます』『一陽来復』『はつ春のごあいさつを申し上げます』などとしておきます。

『年賀』はお祝いの意味がありますので、年賀状としてではなく普通の官製はがきなどを使った『年始状』として、年賀状を同じ1月7日までに送る方法が一番失礼がなく、少しでも新年を迎える喜びを感じて貰える良い方法ではないでしょうか。

参考サイト
http://yubin-nenga.jp/mochu_manners/

また年始の挨拶は控えて寒中見舞いを出す方法も一般的。

松の内が明けてから1月8日から2月4日までの間に届くようにしましょう。

URL の記事を参考にしてください。

まとめ

現在では喪中ハガキの本来の意味が違った意味で浸透し、それがマナーとなりつつあります。

時代に合わせて相手がどう思うかを慮って対処することが、円滑な人間関係を築いていく事につながります。

互いに穏やかに気持ちの良い新年を迎えられるように、配慮していきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする