寒中見舞いを喪中の年賀状の返事にしてOK?受け取ったら返信する時期はいつからいつまで?

残念な事に昨年は身内で不幸があって、年末に喪中ハガキを出したという方がいらっしゃると思います。

そうするとこちら側からはもちろん年賀状を出す事はありませんが、やはり何通かは新年になると年賀状が届いてしまいます。

その場合どのように対処すればよいのでしょうか。

こういった事は日常茶飯事の事態ではないので、あまりよくわからないですよね。

そんな時のために今回は対処法についての記事となっていますので、確認しておきましょう。

スポンサードリンク

寒中見舞いは喪中に年賀状をもらった時の返事に使える?

そもそも寒中見舞いってどういう使い方をされるものかご存知ですか?

喪中になって初めて意識したという方も少なくないと思いますが、実際には喪と直接関係のあるものではありません。

寒さが厳しくなってきた時期に相手の様子を気にかけ送る便りの一つで、他には暑い時期に送る暑中見舞いがよく知られています。

内容は一年の中で最も寒くなり風邪やインフルエンザなど、何かと体調を崩しやすいこの時期に先方の体調を気遣う内容とこちらの近況などを書いて送ります。

こうした季節の挨拶が本来の目的ですが、現在では喪中の為に新年の挨拶である年賀状が送れなかった場合に代わりのご挨拶ような意味でも使われるようになりました。

これは喪中ハガキを送った側も、受け取った側も同様に利用できます。

例えば喪中ハガキを送ったけれど年賀状が届いた人に対してそのまま放置しておきにくいなどという時に送ったり、喪中ハガキを送り漏れていた人に対して、年賀状が届いた場合に返事として使えます。

ポイント

本来季節のご挨拶である寒中見舞いで身内に不幸があったことを伝えるものではないという考え方もありますが、喪中ハガキを送っていなかった人に対しては、なぜ年賀状がなかったのか気にしていらっしゃる事もあるのでお知らせしておく方が良いとも考えられています。
形式に縛られ過ぎず相手の気持ちになって内容を決めるとよいでしょう。

【文例】

寒中お見舞い申し上げます。
厳寒の侯、皆様いかがお過ごしでしょうか。
早々にご丁寧な年賀状をお送り頂きましてありがとうございます。
喪中のため年頭のご挨拶を差し控えさせていただきました。
本年もどうぞ変わらぬご厚誼の程、宜しくお願い申し上 げます。

平成〇〇年 一月

年賀状を喪中に受け取ったらどうするのが正しいの?

「喪中ハガキを送ったけど、年賀状が届いている。どうして?」となる事がありますが、この理由は単に喪中ハガキが来ていた事を忘れていたという事もありますが、そうでない場合もあります。

喪中ハガキとは、正式には『年賀欠礼状』といって喪中であるため新年の喜びをあらわすご挨拶は控えさせていただきますといった事を伝えるものです。

よく勘違いされるのが、身内の不幸を知らせるものであったり、年賀状のやり取りはなしといった事を伝えるものだということ。

一般的に喪中ならば年賀状を送るのを控えておこうという人が今ではほとんどとなっていますが、本来の意味はこちらからの挨拶は控えるというものなのです。

喪中ハガキを送ると年賀状が来ないで当たり前と思っている人が多いので、送ってきた相手に対して疑問を持つ事がありますが、実際のマナーとして相手が間違っている訳ではないのでありがたく受け取っておきましょう。

特に返事を送らなければいけないという決まりもありませんが、これは人と人との気持ちの問題ですので、受け取った感謝の気持ちで寒中見舞いとして返事を出す事も良いでしょう。

また、上司や先輩など寒中見舞いを出す前に会う人に対しては、口頭で年賀状を頂いたお礼と送れなかったお詫び、今年もよろしくお願いしますといった挨拶をする事を忘れないようにしておきましょう。

スポンサードリンク

年賀状を喪中にもらって寒中見舞いを送るならその時期は?

では寒中見舞いはいつ出すのが正しいのでしょうか。

年賀状を送る時期である松の内の期間は送りません。
具体的には松の内は12月13日から1月7日までと言われています。

そして寒中見舞いは『寒中』を指す小寒から大寒の間の季節の挨拶とされていますが、その期間は松の内が明けた1月8日から立春前の2月4日までとされています。

注意

届くのが2月5日以降になると『余寒見舞い』となるので、それまでに送りましょう。

まとめ

喪中の年賀状はこちらからは送らなくても、届くこと自体はマナー違反ではありません。

また寒中見舞いとして返事を送らなければいけないという事もありませんが、気持ちに余裕があれば送ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする