金剛山初日の出を見るならアクセス方法は?ロープウェイと混雑情報。

大阪で一番早く初日の出が見られるのは金剛山ってご存知でしたか?

美しい大峰山脈から登る朝日はすがすがしく、新年を迎えるには最高のシチュエーション。

今年はそんな名峰金剛山での初日の出を見に、出かけてみませんか?

行くと決まれば公共交通機関やロープウェイの運行について、また気になる混雑情報などをチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

金剛山の初日の出を見に行くにはどんなアクセス方法がある?

金剛山へは大阪市内から南海電車か近鉄電車で河内長野駅まで行き、そこから南海バスで金剛山登山口、または金剛山ロープウェイまで行きます。

【元旦の運行状況】

<電車>

南海、近鉄ともに普通列車を終夜運行。
詳しい運行スケジュールは各鉄道会社のHPを確認してください。

〇南海電車
http://www.nankai.co.jp/traffic.html

〇近鉄電車
http://www.kintetsu.co.jp/tetsudo/

<バス>

□臨時バス運行 5:00 5:20
それ以降は、7:15 7:45 8:15 8:45 9:00のように通常運行になります。

※運行時間は変更される場合がありますので、事前の確認をおすすめします。

所要時間は約45分

□問い合わせ
南海バス 河内長野営業所 0721-53-9043

その他に南海バスで初日の出ツアーバスもあります。
予約受け付けは12月1日頃から約10日間ですが、期間延長して受け付ける事もあります。

Aコース 堺駅前(4:30)→堺東駅前(4:35)→三国ヶ丘駅前南側※310号線沿い(4:45)

Bコース 地下鉄新金岡駅前1番のりば(4:25)→金剛駅前1番のりば(5:00)

Cコース 泉ヶ丘駅(4:40)→槙塚台センター(4:45)→狭山ニュータウンセンター(4:55)

Dコース 光明池車庫(4:20)→和泉中央駅(4:30)→光明池駅(4:40)→栂・美木多駅(4:55)
帰りは全コース金剛山ロープウェイ前 8:30出発

各コースとも1日2日の南海バス・南海ウイングバス金岡・南海ウイングバス南部のフリー乗車券と金剛山ロープウェイ1往復運賃(1月1日1往復のみ)がセットです。
※乗車券は高速バス、リムジンバス、関空スカイシャトルバス、北野田・多治井線、樽井・岩出線、その他指定路線を除く

【料金】
大人3000円 小人1500円
※雨天決行・払い戻し不可。
定員になり次第受付終了。
気象状況により金剛山ロープウェイが運休になっても払い戻し不可。

詳しくは南海バスHPへ
http://www.nankaibus.jp/
<問い合わせ> 06-6643-1007

金剛山の初日の出はロープウェイでラクラク!

金剛山へは登山はもちろん、ロープウェイを利用してラクに初日の出が見られるスポット『府民の森ちはや園地』に行く事ができます。

“金剛ロープウェイ”バス停から“千早駅”までは徒歩で約10分。

運行は“千早駅”から“金剛山駅”朝5:00から毎時15分おきですが、混雑時の6時頃から7時頃は臨時便が出ます。

所要時間は約6分

いずれにしても積雪時は時間がかかり、予定時刻より遅れ気味になっていく事を頭に入れておきましょう。

【運賃】
〇片道 大人(中学生以上) 750円  小人(小学生)390円
〇往復 大人(中学生以上)1420円  小人(小学生)700円
※就学前の幼児は大人一人につき一人無料

このロープウェイを使うと『府民の森ちはや園地』でのふるまい酒(先着200名)やふるまいぜんざい(先着1000人)に加え、豪華賞品などが当たるおたのしみ抽選会(5:30~)にも参加できます。
【金剛山ロープウェイHP】
http://seesaawiki.jp/w/kongosan_ropeway/

スポンサードリンク

金剛山の初日の出当日の各場所での混雑状況は?

毎年誤差はあるものの7:05分前後が、金剛山で見られる初日の出の時間。

それにあわせて多くの人が金剛山に向かいます。

まず混雑があって一度に乗り切れないと予測されるのが、河内長野から運行されるバス。

その年によって誤差はありますが、朝5:00の時点だとおよそ100人から200人くらいの人が既に並んでいます。
その為運行開始は5:00となっていますが、毎年5:00前から開始しはじめる事が多いです。

またロープウェイも5:00の時点で満員になるくらいの人です。
日の出時間近くになる6~7時にかけてどんどん人が増えるので、しばらく並ぶ事にはなりますが臨時便が運行されます。

電車とバスで金剛山まで行くの場合は、どうしても河内長野のバス始発運行時間の都合で一番早くて5時45分頃となるので、やはり千早駅到着時間は6:00頃になるので、混雑は避けがたいと言えますね。

それを避けたければタクシーを使えば多少は早くなりますが、自家用車で自宅から直接行くのが一番混雑は避けやすいです。

駐車場については『初日の出は金剛山登山で大阪一早く!服装やアクセスはどうする?』を参考にして下さい。

ロープウェイを利用するなら5:00~5:30頃に千早駅に着けば十分かと思います。

金剛山での初日ので観覧スポットは『府民の森ちはや園地』の展望台ピクニック広場ですが、おすすめは展望台
でも早めに行かないと6:30頃になると展望台にはものすごい人が集まっていて、入るのをあきらめざるを得ない状況に。

そんな時はピクニック広場でも見られますのでご安心を。

ログハウスなどで寒さを凌ぎながら待つのなら、こちらの広場が良いでしょう。

まとめ

事前にコースMAPなどでトイレなど、それぞれの位置関係を確認しておきましょう。
http://www.nankai.co.jp/odekake/bochibochi/kongosan.html

またお子さん連れで行く場合、人が多く道が暗い事もありますのではぐれないようにしっかりと手をつないで歩いて下さい。
ちはや園地自体は開いていないため、迷子の呼び出しはできな状況ですのではぐれたら大変ですので注意が必要です。

待ち時間はとても寒いので、カイロを持っていくなど寒さ対策をしっかりしていきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする