初日の出は金剛山登山で大阪一早く!服装やアクセスはどうする?

新年を迎えるにあたって初日の出を見に行くという行為は、日本人にとっては恒例の行事のようなものですね。

今年はちょっとチャレンジして、金剛山の登山の後に堪能できる初日の出を見に出かけてみましょう。

新年早々からがんばって登った後に見られる初日の出は、最高の思い出とキリリと引き締まる思いでこの一年をスタートできるものとなるでしょう。

その為の準備やアクセスなど必要な情報をご紹介します。

スポンサードリンク

金剛山から初日の出を堪能するために登山してみよう

金剛山は大阪では一番早くに初日の出が見られるスポット。

毎年多くの人がその初日の出を見るためにやってきます。

初日の出が見られる時間は毎年7:05前後

ロープウェイも早朝から運行していますが、体力のある方はぜひ深夜の登山にチャレンジしてみましょう。

ロープウェイで行く場合は『金剛山初日の出を見るならアクセス方法は?ロープウェイと混雑情報』を参考にして下さいね。

せっかくですから良いスポットで見たいですよね。
おすすめは『府民の森ちはや園地』の展望台
出遅れるとものすごい人が展望台に集まり、とてもその中に入ろうとは思えない状況になってしまいます。
あまりに展望台に人が多すぎる場合は、同じくちはや園地の“ピクニック広場”でも美しい日の出が見られますよ。

できるだけ良い場所を確保するためには、5時に運行開始するロープウェイの乗客が徐々に増え始めるくらいには、ちはや園地に入っておきたいですね。
ちはや園地内の展望台までもわりと歩くのでその分も考慮して、金剛登山口バス停からスタートとして所要時間は約2時間半弱。

あまり早く着いてしまうと日の出までの二時間はかなり辛いので、少し人は多くなっていますが6時前くらいに着けばいいかなと思います。

金剛登山口バス停出発は3時30分頃、遅くても4時を目標にしましょう。

【初心者でも安心で、夜間に上る時に利用するのにおすすめのモデルコース】

金剛登山口バス停→千早城跡→国見城跡→府民の森ちはや園地(展望台)

事前に登山マップで確認しておきましょう。
http://www.nankai.co.jp/odekake/bochibochi/kongosan.html

『府民の森ちはや園地』で5時から“ふるまい酒”(先着200名)や“ぜんざい”(先着1000名)を味わえますよ。

金剛山で初日の出を快適に見るための服装とは?

では服装はどうすればいいでしょうか。

登山は登っているときは動いているので結構暑くなりますが、問題は目的地に着いてから初日の出までの待ち時間。
じっとしているのでかなり寒く感じるようになってきます。

基本的にはヒートテックなどのアンダーウェア1枚に厚手の長そで服+ウインドブレーカーなどのアウターを着ておき、汗をかいてしまった時の為に着替えを持って行っておきましょう。
アンダーウェアの下にタオルなどすぐに取り換えられるものを挟んでおくと、暖かい上に替える時は抜くだけでいいのでラクです。
滑って転ぶと濡れることもありますので、着替えは必須です。

そして、ニット帽などで耳を寒さから守れるようにします。
耳あてがあると尚よし。
手袋も必須ですね。
重要なのが、待ち時間に一枚重ねて着れるような羽織物
登ってきたままの格好ではかなり寒いので、必ず持っていきましょう。

【持ち物】

アイゼンとヘッドライト、もしくは懐中電灯と予備の電池も忘れずに。
保温できるサーモスなどの水筒に入れた熱いお茶と使い捨てカイロも持っていくと、待ち時間の寒さ対策に役立ってくれます。

注意 アイゼンはいらないと言う人もいますが、山頂に近づくと多くの人が雪道を踏みしめる為にアイスバーンになり、危険なので持っていきましょう。
4本爪で十分。安いもので1000円前後で購入できます。


エバニュー(EVERNEW) 4本爪アイゼン EBY012

スポンサードリンク

金剛山で初日の出を見る為のスムーズなアクセス方法とは?

当日の移動手段が電車の場合、南海、近鉄ともに終夜運行しているものの、バスがどちらも始発が遅いので、4時前に金剛登山口駅に到着しておきたい場合は各駅からタクシーを利用がいいでしょう。

電車の時刻表については各鉄道会社ホームページで調べておきましょう。

〇南海電車
http://www.nankai.co.jp/traffic.html

〇近鉄電車
http://www.kintetsu.co.jp/tetsudo/

【自家用車で行く場合】

阪和自動車道の美原北ICで降りて国道309号線に出て南へ進む。
富田林から約10分進んで河南町神山南交差点を右折後、千早赤阪村森屋交差点を右折し府道705号線を進むと金剛山周辺に到着。

『まつまさ』という豆腐料理や山家料理のお店の駐車場が使えるのでおすすめ。
駐車料金は1日600円
混雑状況は4時前だとさすがに混んでいて並んでいたり入れないといった事はないと思いますが、6時を過ぎてくると車が並び出します。

その他にも民間駐車場はありますので、まつまさが無理な場合もこの時間なら停める事はさほど大変でもないでしょう。

早朝だと道が凍結して滑りやすくなっているので、スタッドレスタイヤやチェーンを装着しておくことをおすすめします。

まとめ

がんばって登った後の初日の出、はいつもより更に素晴らしいものに見えるはず。

安全に登れるように準備をしっかりして挑みましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする