初日の出大阪おすすめスポットでデート!電車での移動が便利。

新年をカウントダウンイベントなどで迎える方も多いと思いますが、2017年の元旦はどう過ごすかもう決めましたか?

大阪市内でも初日の出を見れるスポットがあるのですが、恋人と見るとまた二人の感動的な新年の思い出となりそうですね。

市内なら近くでいろんなイベントも開催されているので移動も便利。

今年は大阪市内で初日の出デートプランを楽しんでみませんか?

スポンサードリンク

初日の出が見られる大阪のおすすめスポット

大阪で初日の出を見られるところはいろいろとありますが、日の出時刻はご存じですか?

だいたい7:00前後です。

今回は遊びに移動にと便利な大阪市内のスポットをご紹介したいと思います。

梅田スカイビルの『空中庭園展望台』

朝5:00からオープン。

チケットは当日販売です。

【料金】
〇大人  700円
〇中学生 500円
〇小学生 300円
〇3歳以上の未就学の幼児 100円

チケット売り場は39階。
※エレベーターで35階まで上がってエスカレーターに乗り換え、39階まで行きます。

展望台は40階となり、ハルカスには高さは及びませんがその抜け感は初日の出を堪能するには173mと十分な高さ。
ビルと初日の出とが都会の新年の始まりといった感じで素敵です。

この空中庭園の展望台、5時にオープンすると言いましたが、その時にはすでに長蛇の列ができています。
カウントダウンや初詣からの流れで早くから並んでいる人が多く6時頃だと入れない可能性も出てくるので、やはり遅くても5時には並んでおいた方がいいでしょう。

それでももっと良い場所で見たいなら4時頃に行っておいたほうがいいですね。

<最寄駅>   JR大阪駅、阪急・地下鉄御堂筋線梅田駅

<問い合わせ> 06-6440-3899

<公式HP>   http://www.kuchu-teien.com/

あべのハルカスの展望台『ハルカス300』

日本一高いビルとして有名なハルカスでの初日の出鑑賞は事前に“特別入場券”を購入しておく必要があります。

【料金】
〇レギュラーコース 展望台フロア(58階、59階、60階)  3000円
〇プレミアムコース 最上階のヘリポート及びハルカス300 4000円
※税込、大人・小人共

このチケットがあると6:00から展望台に入場できます。

販売数はレギュラーコースが450枚、プレミアムコースが50枚となり、先着順でなくなり次第販売終了。

昨年は全国のファミリーマートで12月1日10:00から販売開始になりました。

豪華賞品が当たる抽選イベントに、一般営業時間内(8時~)にも参加できます。

<最寄駅>   JR天王寺駅、地下鉄御堂筋線・谷町線天王寺駅

<問い合わせ> 06-6621-0300

<公式HP>    http://www.abenoharukas-300.jp/observatory/

初日の出デートを大阪でする時のプランは?

デートで初日の出を鑑賞する前に、カウントダウンイベントや初詣の屋台など市内ではたくさんの楽しめるスポットがあります。

おすすめのプランは、
HEP FIVEのカウントダウンイベント→天神橋商店街屋台→空中庭園展望台

天神橋商店街は初日の出までに時間を持て余しそうなら、ちょっと二人でぶらりと歩いてみてもいいかと思います。
日中よりかは開いている屋台は少ないですが、大混雑している時間帯より3時~5時までが大阪天満宮に初詣に行く人も引いて穴場的時間帯。

カウントダウンでちょっと疲れた後は、これぐらいののんびり感で初日の出に備えるといいですね。

【HEP FIVEカウントダウンイベント】

名物の観覧車が大晦日からオールナイトで運行するので、カップルできれいな夜景を見ながら年越しの気分を盛り上げましょう。

観覧車チケットを提示すればカウントダウンライブにも参加でき、漫才のライブやコメディアンによるトークショーなどで大盛り上がり間違いなしのイベントです。

<問い合わせ> 06-6313-0501

<公式HP>    http://www.hepfive.jp/information/

スポンサードリンク

大阪初日の出の時の電車運行情報

初日の出を見たいけど普通はそんな夜中から早朝にかけて電車はないし、、、と言った心配は無用です。

全ての線が終夜運行しているわけではありませんが、各鉄道会社ほとんどでの線で動いていて移動に困る事はあまりないでしょう。

市内移動に使う市営地下鉄はJR西日本も、だいたい15分~30分おきに運行しています。

注意 場所によっては1時間以上の間隔があいていたりかなり待たなければいけない事もあり得ますので、出かける前に各鉄道会社に確認しておいた方が良いでしょう。

まとめ

多くの人が夜中にも関わらず大阪市内へ繰り出す大晦日や早朝の元旦ですが、街はにぎやかに盛り上がっています。

楽しい年明けを迎え、またたくさんの思い出を増やせるといいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする