妊婦の風邪は赤ちゃんに影響する?!咳、腹痛、熱で胎児はどうなるの?!

妊娠していて気を使っているつもりでも、引いてしまう風邪。
何度も繰り返す事もあって、辛いですね。

これってお腹の中の赤ちゃんに影響はあるのか、とちょっと心配になってきたり。

ママは自分が辛くってもやっぱり我が子が気になるものですね。

ほんとママって大変。

でもよくわからず心配しているだけだと余計に疲れてしまいます。
きちんと赤ちゃんへの影響を知って、できるだけママにも赤ちゃんにも負担がかかりにくい対処法を選択しましょう。

スポンサードリンク

妊婦の風邪は赤ちゃんに影響がある?

風邪ってずばり赤ちゃんに何か影響があるのでしょうか。

実際には風邪そのものが赤ちゃんに移ったりだとか悪影響を与えることはないのですが、悪化して激しい下痢、咳や高熱が出たりするとなんらかの影響はあると言えます。

たとえば下痢の場合、妊娠初期だとよく流産しやすいなどと聞きます。

でも実際には普通の下痢で流産することはないと言われています。

ただ、1日に何度も、そして何日もそれが続くような下痢の場合は腸のぜんどう運動が刺激となって子宮の収縮を促してしまい、それがお腹の張りにつながる事があります。
特に妊娠後期は早産にもなり兼ねないので、このお腹の張りには注意しなければいけません。
初期であっても、あまり激しい下痢の場合はきちんと病院で妊娠している事を告げ、特別な異常などないか診てもらいましょう。

次章から咳、熱による影響について詳しくお話ししていきたいと思います。

妊婦の風邪は咳による腹痛に要注意!

妊娠中に風邪をひくと、特に咳が酷くて困るケースをよく聞きます。

私ももともと喉が弱い方なので、夜中になると一層咳が酷くなり、眠れないし苦しいし、挙句の果てにえづくくらいの咳が出て自然と涙がポロポロ出ていた事もありました。

そうでなくても妊娠するとつわりや大きくなってきたお腹が苦しくて、いつも安眠という訳にもいかなくなる上、咳で寝不足になるとますます免疫力が低下して長引くという悪循環が起こります。

また、咳を頻繁にしていると腹圧がかかり過ぎてお腹が張りやすくなり、それが流産や早産につながってしまうこともあり得るので、長引く咳は早めに産婦人科で相談しましょう。

【自分でできる辛い咳への対策】

喉が乾燥すると咳は更に出やすくなるので、常に加湿とマスクの着用を心がけましょう。

咳は横になると出やすくなるので、夜中の咳で眠れない時は少しでも楽になるように布団やクッションなどを重ねて、そこにもたれて眠るようにするとマシになります。
少しは睡眠を取りやすくなるので、酷い時はやってみてくださいね。

スポンサードリンク

妊婦の風邪の熱は胎児にどう影響する?

咳の他に気になるのが高熱。

37℃くらいの微熱だと心配はないのですが、高熱になると羊水の温度も上がり赤ちゃんへも伝わります。
それが直接悪影響を及ぼすわけではありませんが、そうすると赤ちゃんの心拍数も上がります。

38℃くらいになってくると母体の体力消耗などによって切迫早産の危険も出てくるので、妊娠後期の場合は要注意。
また40℃を超える熱が3日以上続くと胎児への影響が出てくると言われています。

これまでに切迫流産や切迫早産と言われたり、なりやすいなどと先生に告げられいたりする場合は特に自分の体の変化に気をつけ、できるだけ早めに病院を受診するように心がけましょう。

まとめ

基本的には軽い風邪だと適切な処方薬や休養でしっかり休めばあまり心配する事はありませんが、悪化してしまうと赤ちゃんへは母体の不調から切迫流産や切迫早産の形で影響してしまう可能性は高まると言えます。

妊婦さんなら誰でも無関係ではありません。
軽い風邪だと思っていても免疫力が低下している状態だと悪化しやすいので、少しおかしいかもと感じたら受診することが、胎児や母体にとっても、また精神面にも負担が少なくなるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする