クリスマスプレゼントで妻の子育てに感謝。赤ちゃんの育児疲れに何がいい?

もうすぐクリスマス。

街を歩けばそんな雰囲気が溢れていても、
赤ちゃんが産まれて忙しくしているママ達は
自分のためよりも赤ちゃんのことを考え続ける日々。

そんな奥さまにクリスマスプレゼントで
普段の感謝の気持ちを贈ってみませんか?

きっと奥さまにとって今までの二人きりのクリスマスより、
心に沁み入るプレゼントとして残るのではないでしょうか。

スポンサードリンク

クリスマス、育児中の奥さまへプレゼントのすすめ

赤ちゃんが生まれる前は、どんなクリスマスを迎えていましたか?

素敵なレストランで食事をしてプレゼントをお互いに渡しあったり、
自宅でごちそうを準備して、ゆったり二人で食事しながら深夜までDVDを観たり。

でも今年はそんな雰囲気ではなさそう。

そう、赤ちゃんのお世話で毎日大変な奥さまは
それどころではなくなっていますね。

クリスマスだし何かしたいけれど
なかなか以前のようには準備をする時間や体力もないし、
外食と思っても小さな赤ちゃんを連れていけるようなお店も
よくわからないし大変そう。

結局いろいろ考えているだけで疲れてきてしまいます。

だから今年はそんな奥さまを喜ばせてあげましょう。

たとえかわいい我が子のためであっても、
昼夜問わずに自分以外の人のために動き回るような毎日。

ガラリと変わってしまった生活に慣れるまでには時間がかかり、
体力的にも精神的にも大変です。

大変な変化の中で一生懸命がんばっている奥さまに
感謝の気持ちを伝える事はこれからの長い夫婦生活を
円満にするためにも本当に大切なこと。

夫婦生活が長くなるほど気恥ずかしくなってくるので、
今あなたのその気持ちを素直に伝える事が、
お互いに思いやる事ができる関係を築いていくチャンス。

理解してくれるご主人に奥さまも心から感謝してくれるはずです。
次章以降は具体的にどんなプレゼントが喜ばれるのか、
また避けた方がいいものなどご紹介します。

妻へのプレゼントは赤ちゃんとは関係のないものがいい?

クリスマスなので何か素敵なプレゼントを贈りたいですね。

どんなものを考えていますか?

普段赤ちゃんのお世話一色な日々を見ていると、
そんな奥さまの助けになるものがいいとも思いますが、
せっかくのクリスマスプレゼントです。

これは奥さま自身への贈りもの。
赤ちゃんと切り離して考えてあげてくださいね。

もちろん実用的で育児に役立つものは嬉しいのですが、
自分のためだけのプレゼントなら嬉しさも倍増します。

奥さまがいつまでも美しく、
母ではない自分自身を忘れずにいられるようなものがおすすめです。

例えば私自身がその当時もらって嬉しかったものや
欲しかったなぁと思うものをご紹介すると、

・アロマディフューザーとオイルのセット(赤ちゃんも大丈夫なオイルであること)
・授乳時に使えるパジャマの上に羽織る素敵なガウン
・高級な紅茶やお茶のセット(授乳中ならカフェインレスで)
・ママバックに見えない大容量のブランドバック
・履きやすくておしゃれな靴(赤ちゃんを抱っこしたままでも履けるのがポイント)
・被るだけでオシャレママになれる流行をおさえた帽子
・自分では買えない高級な入浴剤(赤ちゃんも使えるナチュラルな物)
注意点
スポンサードリンク

女性が喜ぶものとしてアクセサリーを思いつく方も多いと思いますが、
赤ちゃんとの生活が中心となると抱っこする際に引っかかったり、
赤ちゃんに引っ張られる事もあるので大抵のママはつけなくなります。

いつか気兼ねなくつけられる時の為に、とも考えられますが、
現実には今使えるものが喜ばれます。

アクセサリーは子育てが一段落して、
奥さまがオシャレを楽しめるようになった時に
贈ってあげるとよいと思います。

育児疲れの妻が今本当に欲しいプレゼントは〇〇

物をプレゼントするなら先ほどご紹介したものなどがおすすめですが、
実際に子育て中のママに今一番欲しいものは?と聞くと、
ほとんどの人が

『一人の時間』

と答えると思います。

子育てが始まると今まで当たり前にあった
『自分の時間』がほとんどなくなります。

もちろんパパも仕事が忙しい時は休みを返上して
働き続けなければいけない事もあると思いますが、
朝から晩まで自分以外の人間のペースにあわせ、
やっと休めるはずの夜中もいつ起こされるかわからないような状況で
休みなく何カ月も続く辛さはそう味わう事はないのではないでしょうか。

そんな奥さまにとって一人で過ごす時間が
現実的には一番欲しいものなのです。

そこでほんの数時間でもいいので奥さまに
時間をプレゼントしてみてはいかがでしょう。

授乳中であれば次の授乳までの間、
一人でカフェでも行く時間をあげてもいいですし、
パパが赤ちゃんとお散歩に行って
家で一人になる時間を作ってあげるのもいいでしょう。
その時に美味しいスイーツなんか用意してあげると更にGood。

赤ちゃんが卒乳しているのならパパはがんばって赤ちゃんを引き受け、
エステなり映画なりとお出かけする時間をプレゼントしてあげましょう。

家族で旅行に行くのも良いですが、
これには注意が必要です。

単純に旅行と言っても赤ちゃん連れの場合は
何もかも大人だけの旅行のようにはいきません。

ご主人のしっかりとしたサポートがなければ、
かえって奥さまを疲れさせてしまって
「こんなことなら来なければ良かった」という結果になってしまう事に。

せっかく良かれと思ってしたのにこうなればどちらもおもしろくなくなり、
喧嘩になってしまう事もめずらしくありません。

旅行をプレゼントにするなら、
出かけ先でのおむつの交換赤ちゃんの食事のお世話
朝の準備など積極的にする決心をして行きましょう。

そして旅先で温泉やエステに一人で行ける時間を作ってあげましょう。

旅行作戦が成功した時は本当に奥さまは喜んでくれると思いますので、
リスクはありますが、がんばる気持ちでトライしてみるのも良いでしょう。

まとめ

子育て中の女性の立場に立って考えるのはなかなか難しいと思いますが、
少しはヒントを得られたでしょうか?

最終的にはどんなプレゼントでもご主人の温かい気持ちが見えた時、
奥さまにとって本当に嬉しい贈りものに変わります。
どうか今のその気持ちが奥さまに伝わりますように。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする