クリスマス会を子供会でする時のゲームとプレゼント交換や工作のおすすめ

この時期になると子ども達が楽しみにしているクリスマス会。

私も子どもの頃は子供会で開催されるクリスマス会の日を、
ワクワクしながら待っていました。

その子供会を成功させるために
大人は一生懸命に趣向を凝らしてくれていたんですね。

今回はそんな子供会のクリスマス会を
成功させるためのゲーム、プレゼント交換、
工作についてのアイデアをご紹介します。

スポンサードリンク

クリスマス会を子供会でするならどんなゲームがいい?

クリスマス会で子ども達を楽しませるために
まずゲームをする事がほとんどだと思います。

子ども達も普段自分たちではできないような
大人数でまとまってするゲームは新鮮で楽しいでしょう。

定番といえばフルーツバスケット、椅子取りゲーム、ハンカチ落としですが、
これはご存知の方が多いと思いますので、
ここから定番以外のものを詳しくご紹介したいと思います。

ジェスチャー伝達ゲーム

2つのグループに分かれ、二列に並びます。
最前列の人に何をジェスチャーをするか伝えます。
後は声を絶対に出さずにジェスチャーだけで後ろの人に伝えて行き、
最後の人に何のジェスチャーなのか聞いて正解チームの勝ち。

人間になりたいゲーム

カメからうさぎ、猿、人間の順で進化していくという設定のゲーム。
最初はカメからスタート。
四つん這いになってカメのつもりで歩きます。
そして誰かと出会ったらじゃんけんをして、勝った方がうさぎに進化します。
うさぎになったらぴょんぴょんと耳に手をあてながら飛び、同じうさぎを探します。
見つかったらじゃんけんをし、勝ったら猿に進化します。
またウッキーなどと鳴きながら手を頭と顎にあてて猿のマネをしながら
同じ猿を探してじゃんけんをします。
勝てば人間になれます。
負けた側の場合は、カメ以外は退化していきます。
うさぎならカメに、猿ならうさぎにというように。
カメはカメのままです。

時間制限を設けて時間内に人間になれなかった人が負けで、
何かかわいい罰ゲームなどあればそれも面白いでしょう。

子ども達がかなり興奮して楽しんでる様子が見られます。

新聞紙ゲーム

○準備するもの 1グループ新聞紙一枚

3,4人の小グループに分かれてリーダーを決め、
2グループごとに分けて対戦します。
広げた新聞紙の上に全員乗ってリーダー同士がじゃんけんをします。
負けた方の新聞紙を半分に折ってその上にまた全員乗ります。
じゃんけんをして負けた方の新聞紙を小さくしていくという事を繰り返し、
乗れなくなった方が負け。
また勝ったグループ同士で対戦していって、最後まで残ったグループが勝ちです。

だっこやおんぶもありで、
とにかく最後まで全員乗って勝ち残っていくゲームです。

みんなでキャーキャー言いながら楽しめます。

じゃんけんゲーム

○準備するもの 紙(一人三枚ずつ)

一人三枚ずつ紙を配ります。
そして相手を見つけてじゃんけんし、
勝ったら相手から一枚紙をもらいます。
これを繰り返して制限時間内に紙がなくなった人は座ります。
最後に紙をたくさん持っている人の勝ち。

単純ですが、結構楽しめるゲームです。

かつら回しゲーム

○準備するもの おもしろいかつら2つ

2つのグループに分かれて2列に並びます。
各グループの先頭の人がかつらを被ってじゃんけんをします。
勝った人が次の人にかつらを被せて、
また勝った人同士がじゃんけんをするというのを繰り返し、
早く最後の人までかつらが回ったグループの勝ち。

子供たちはかつらだけで大喜びですよ。

子供会のクリスマス会プレゼント交換で本当に喜ばれる方法

クリスマス会での最大のお楽しみといえば、
プレゼント交換。

なぜか昔から男女混合で行われてきたのですが、
実はこのプレゼント選びが、
結構お母さんを悩ませているって知っていましたか?

もう小学生にもなれば、
やっぱり男女では好みがかなり違ってきますよね。

そう考えると男女比に極端すぎる偏りがなく可能であれば、
男女別にプレゼント交換した方が買う時に選びやすいし、
貰う時も嬉しいですよね。

女の子なのにどう考えても男の子用のプレゼントが当たってしまった時、
もちろん逆も然り、正直誰でもがっかりしてしまいます。

せっかくの楽しいプレゼント交換なので、
そういった問題は男女別交換で解決しますね。

必ず男女別だと告知するのをお忘れなく。

スポンサードリンク

プレゼント交換の方法は、
音楽をかけて止まったところで
持っていたプレゼントが貰えるというやり方が定番ですね。

その他におすすめの方法です。

風船に番号を書いた紙を入れて膨らませ、
プレゼントにもその番号を割り当てます。
ひとまとめにした風船を先のとがったもので順番に割っていき、
その中から出てきた番号のプレゼントを渡す。

風船があるだけでも会場は華やぎますし、
風船を割るドキドキで盛り上がりますよ。

子供会のクリスマス会でいつもと違う工作をして子どもを喜ばせよう

子どもたち向けの工作はいろいろありますが、
今回はちょっと変わったフェルトボールをご紹介します。

【材料】 羊毛フェルト・食器用洗剤・ぬるま湯・洗面器やボウルなど

【作り方】

1.羊毛フェルトを30㎝ほどの長さに切り、
太さ1~2㎝くらいの細長い状態に割きます。
それとは別に5㎝の長さのものも用意しておきます。
フェルトボール1

2.次に30㎝のフェルトを毛糸玉を作る要領で
しっかりと巻いていきます。

フェルトボール2

3.そして5㎝のフェルトを広げて
先ほどの球状のフェルトを包みます。
フェルトボール3

4.ぬるま湯400mlに2、3滴の洗剤を入れたものを準備し、
フェルトボールを少しずつ濡らしながら
ころころと手で転がし固くしていきます。

DSC_0211

お好みの固さになったら水で洗って乾いたら出来上がり。

フェルトボール4

糸などを通してクリスマスツリーなどの飾りつけにしたり、
ヘアゴムにしたりいろいろと使えますし、
なかなか家で作る機会がないと思うので
子どもたちも喜ぶでしょう。

羊毛フェルトは100円ショップなどで手に入りますよ。

まとめ

子ども達が楽しみにしているクリスマス会も
毎年となると若干マンネリ気味になるものですが、
ぜひ今回のアイデアを参考にしていただき、
楽しいクリスマス会となりますように。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする