足元が冷えるオフィス対策!!健康的な体に導く改善方法伝授!!

寒くなると悩む足元の冷えですが、
特に座りっぱなしの事が多いオフィスでは
デスク下で冷たくなった足がなかなか温まらず、
辛い思いをしている女性が多いようです。

スポンサードリンク

足元が冷えるオフィスでの寒さ対策のおすすめは?

上半身が徐々に温まってきても
足先はいつまでもひんやりじんじんしたまま。

これでは仕事中も気になって集中できませんね。

辛い冷えから解放されるために
手軽に取り入れられるおすすめ方法をご紹介します。

【必要な物】

●段ボール
両足が入れられるくらいの小さめの段ボールが目立たず、良いでしょう。

●湯たんぽ
段ボールめいっぱいの大きさで、おすすめは金属(やけどするのでカバーは必須)。

●ひざかけ
フリース素材などで小さめのもの。

【やり方】

1.上部を開けた状態で、段ボールの中にひざかけを敷く。

2.湯たんぽに温かいお湯を入れて、段ボールの中のひざかけの上に置きます。
この時平らにして足を乗せられるようにして下さい。

段ボールはかなりの保温効果があり、
箱に入れてしまえば冷えから足を守るには最適です。

ただ、それだけでは一度冷えてしまった足はなかなか温まりませんので、
湯たんぽを入れておくことでぽかぽかをキープできます。

Point下に敷いたひざかけを余らせてセットしておき、
足を置いた上から覆えるようにしておくと更に保温力UP。

使い捨てカイロをいくつか入れても温まりますので、
一度それで試してみて効果が期待できそうと思えば
湯たんぽを購入してみても良いですね。

先ほどもお伝えしましたが湯たんぽは金属の物の方が
強力に温めてくれ保温力もありますが、
会社でお湯を入れるなどがめんどくさいのであれば、
電子レンジで温められるようなものなど、
やりやすいように取り入れてみてください。

足が冷えると女性の健康にどう影響する?

足元が冷えは全身の冷えにつながります。、
そこで、冷えが女性の体にどう影響を及ぼすのかを知っておきましょう。

免疫力の低下

現代は低体温の人が多く、それによって免疫力が確実に低下すると言われています。
1℃体温が下がると免疫力は30~40%下がるというのです。

そうするとさまざまな病気になりやすくなり、
身近な風邪がなかなか治らなくなったり、
気付かないうちに大きな病気になってしまうリスクも高くなります。

人間の体を健康に維持するために免疫力は重要なのです。

不妊の原因となる

やはり将来妊娠を望む女性にとっては大きな問題です。

もともと女性の体は男性に比べて冷えやすいのです。
同じ体の中に子宮という臓器が多い為に
特に子宮周りは血流が悪くなりやすい構造になっているからです

そして冷えによって更に血流が悪くなる事により、
生理に悪影響を及ぼし不妊にもつながります。

身体の凝り

血行不良により、体の各部位の凝りが出やすくなります。

クマができる

顔全体の血色が悪くなったり、
不健康な印象を与えるクマができてきます。

スポンサードリンク

冷えない足に改善していくことが大切

そもそも足が冷えるのはなぜなのか、ご存知ですか?

心臓から遠い手や足に血液を送る為にポンプの力が必要です。
その為に筋肉が必要なのですが、
太ももには大きな筋肉があるものの、ひざから下にはありません。

また寒くなると体は重要な臓器である頭や胸、お腹などに
血液を重点的に送るようになっていて、
更に末梢の血液循環は悪くなるのです。

こんな状態が続いていれば、
先ほどお伝えしたようなさまざまな体への影響が出てきます。

まず今起こっている冷えを解消してあげる必要がありますが、
年齢を重ねるごとに更にこの影響は大きくなると考えると
根本的な体質を変えて行くことがとても重要です。

では、どうすればこの冷えを改善していくことができるのでしょうか。

それは筋肉を作ること、運動です。

何もジムに通ったり特別しんどいことをしなければいけない訳ではありません。
日常に取り入れられるような簡単な事をしっかりと続けることが大切なのです。

ではおすすめの運動です。

グーパー運動

名前の通り、足の指でグーとパーを繰り返します。
普段はこんなに足の指を動かす事ってないですよね。

これで使っていなかった筋肉を鍛えましょう。
運動をしていると冷えていた足先も徐々に温かくなるので、
今ある冷えを和らげたい場合にも効果的です。

かかと上げ運動

『第二の心臓』といわれているふくらはぎの筋肉を増やすことで、
血流を大幅にUPさせることが期待できます。

肩幅くらいに足を広げてから、かかとを下につけてしまわずに
ゆっくりと息を吐きながら上げ、吸いながら下げる、を繰り返します。

最初は5回などから徐々に増やしていきましょう。
あまり急にやり過ぎるとふくらはぎをつったり傷めたりするので、
無理のない範囲で調整して下さいね。

私は歯を磨きながらするように習慣づけています。

スクワット

足全体の筋力をつけ、血行を良くすることが狙いです。

肩幅より少し広めに足を広げて、
息を吐きながら膝と太ももが並行になるくらいまで腰を下げます。
上げる時は息を吸いながら膝を伸ばしきらないようにして、また下げます。

この動作をゆっくりと行って下さい。

スクワットは普段の運動不足による老化も防げますので、
ぜひ取り入れて続けて下さい。

まとめ

まず今の冷えてる状態を緩和して体を守る事が先決ですが、
これからの妊娠出産など女性には大きな影響を与える冷えを改善することが、
元気に美しく過ごしていくために重要になってきます。

あれもこれもしなくてはと一気にいろいろと対策をするよりも、
しっかりと足の筋力を鍛える運動を続ける事を心がけましょう。

ひとつでもいいので習慣化してしまうことがポイント。
やめてしまえば、結局やらなかったのと同じになってしまいます。

普段エレベータを使っていたところを
階段にするといった事でもかまいませんので、
ぜひ改善を目指しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする