赤ちゃんは冬に家の中で靴下は必要?足が冷たいのは大丈夫?床暖房の場合は?

寒くなってくると家の中にいても足元の冷え、
気になってきますね。

ママが足の冷たさが気になるようになってくると、
赤ちゃんの事が当然大丈夫か心配になってくることと思います。

今回は赤ちゃんが家の中で過ごす時の、
足元の寒さ対策についてまとめました。

スポンサードリンク

赤ちゃんは冬場家の中で靴下は必要?

靴下を履かせると滑るので危険がありますし、
ハイハイや歩きだした赤ちゃんの成長の妨げにもなるので、
寒くない時期だとあまり履かせない方が多いと思います。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%8f%e3%82%a4
でも寒くなるとやっぱり履かせる方がいいのかと
悩むママが多いようですね。

風邪は足元からとも言いますし、
大人は足が冷えてはダメ!という考えが定着していますが、
赤ちゃんにとってはどうなのでしょうか?

赤ちゃんは二歳頃までは体温調整がまだ未熟なので、
大人とは条件が違います。

寒い時は泣くことで自分の体温を上昇させることができますが、
体に熱がこもるとうつ熱や脱水症状を起こす事もあるので
赤ちゃんは寒さより暑さが苦手なのです。

その為手足から放熱することで熱がこもるのを防いでいるので、
大人の感覚で予防のためにすぐに靴下を履かせてしまうことは
赤ちゃんにとっては良いとは言えません。

だから一般的には、赤ちゃんに家の中で靴下を履かせる必要はないと言われています。

赤ちゃんが冬に足が冷たいのは大丈夫?

では赤ちゃんの足が冷たいのは大丈夫なのでしょうか。

上記でもお話ししたように、熱を放出しているので
基本的に心配ありません。

ただ、それは家の中の室温が快適な暖かさである事が前提です。

赤ちゃんにとって快適な温度とは

22~23℃

と言われていますので、
しっかり室温時計などで管理してあげてください。

もし暖房器具のない部屋などで長時間いる場合などは、
室内であっても頑なに靴下を履かせないというのは避けましょう。

それでは外出時とああり変わりません。

また赤ちゃんの足が赤紫になるなどの変化があった時は、
しもやけになってしまうので温めてあげる必要があります。

北の地方にお住まいで底冷えする条件であればこの限りではありませんし、
もちろん赤ちゃんの体調にもよります。

ママが気にかけて見てあげることで臨機応変に対応していきましょう。

また靴下だけでなく重宝するのが

レッグウォーマー
我が家では靴下よりレッグウォーマーの方が大活躍でした。

やっぱり靴下やタイツはフローリングの上では滑って可哀そうだったのと、
何よりタイツはおむつ替えのたびに結構めんどくさかったので、
ゴムのきつくないレッグウォーマーを何枚も持っていました。

足裏は出すことができ足首は温められるので、
安心感がありました。

もっと寒くなってきたらスパッツも利用しました。

スパッツなら履かせるのもタイツよりラクですし、
レッグウォーマーをその上に重ねて、あとは裸足でした。

今は可愛いデザイン物がたくさん出ていますし、
外出時も役立ちますのでかなりおすすめですよ。

スポンサードリンク

赤ちゃんが冬に床暖房の家で過ごす場合は?

最近の子育て世代の家では床暖房をお使いの所が多くなってきているようですが、
この場合はどうすればいいのでしょうか。

床暖房の場合は足元から温めるので、
大人が足が冷えると思っても靴下は履かせる必要はないでしょう。

むしろ温めすぎないように気をつけましょう。

赤ちゃんが快適かどうかは、
背中に手を入れて汗ばんでいるか
ひんやりしているかで判断できます。

こまめにチェックしてあげて下さい。

まとめ

赤ちゃんにとっては裸足でいることが

足裏の感覚を豊かにして発達を促す事になるので
メリットはたくさんありますが、
ママ目線でもしっかり赤ちゃんの様子を観察して
臨機応変に対応する事が大切です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする