夜中の授乳が寒いママも赤ちゃんも暖房で快適に。背中の冷えに注意!

冬の夜中の授乳、辛いですね。

布団から出るだけでも苦痛な寒さ、
ママも赤ちゃんも風邪をひいてしまわないように
寒さ対策をしっかりとしましょう。

スポンサードリンク

夜中の授乳が寒くて辛い!

まだ一歳未満のママ達は寒い冬がきても
夜中起きだして赤ちゃんにおっぱいをあげなくてはいけませんね。

%e5%af%92%e3%81%84%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

そうでなくてもぐっすり眠っているパパを横目に
眠い目を無理やりこじ開け起きだす苦痛といったら。。。

寒さが加わり、薄暗い中での授乳中も余計に孤独を感じたりしますよね。

これで風邪でもひいてしまえばもっと大変です。

免疫力が低下している産後ですから治りも遅く、
しんどくても休めない生活がしばらく続きますので、
しっかりと夜中の授乳中も寒さ対策をしましょう。

一番簡単なのは暖かい布団の中での『添い乳』なのですが、
私の場合は胸の形が崩れるなどいろいろと体験談を聞いてしまったので、
添い乳での授乳はしませんでした。

そこでその他の有効な寒さ対策をご紹介したいと思います。

赤ちゃんに夜中授乳する時にはすぐ暖かくなる暖房器具がおすすめ

暖かい布団の中から寒い所に出た時の急な温度差は本当に辛いものです。

赤ちゃんの寝ている部屋で暖房器具のつけっ放しはおすすめしませんが、
母乳も初めの頃だと出にくかったりもしますし、
授乳の時は迷わず使用しましょう。

その時はすぐに暖かくなるハロゲンヒーターがおすすめ。

赤ちゃんが直接触ると危険ですが、
授乳中ですし心配ないので少しでも早く暖まれるように
安価なものを一つ購入してはいかがでしょうか。

またエアコンもうまく使えば快適です。

授乳時間の少し前にタイマーをセットしておき、
あらかじめ部屋を暖めておきましょう。

そうすればかなり苦痛が軽減されます。

注意
エアコン使用時には乾燥には注意したいところ。
加湿器を置いておくか濡れタオルなどを干して、
快適な湿度40~60%を保つようにしましょう。

また石油ファンヒーターなど換気が必要なものは避けましょう。
かなり強力に暖まりますが、夜中に換気は寒いうえに
一刻も早く寝たい時に煩わしく感じます。

オイルヒーターも赤ちゃんにはとても優しく良いものですが、
あまりに電気代が高くなるため、おすすめはできません。

経済的に気にならないのであれば、
赤ちゃんの為にも一晩中つけっ放しでも良いかと思いますが、
空気を暖めるものなので直接的に体を温めるということは
期待できませんのでご注意くださいね。

スポンサードリンク

授乳中の背中の寒さ、風邪に注意!

空気が暖まってもなんとなく背中がゾクゾクする時は、
風邪もひきやすいので早めに対策をとっておくことが肝心。

もちろん羽織物を掛けておくのが有効ですが、
そこにちょっとした事をするだけで更に暖かさUP。

その羽織物を寝ているお布団に一緒に入れておく
温もっているのでひんやり感がなくおすすめですよ。

赤ちゃんのおくるみなども一緒に入れておいてあげるといいですね。

また授乳する際に前開きだと胸から上が寒いので、
ポンチョやネックウォーマーをして冷えを防ぎましょう。

私は前開きの寒さと開放的過ぎるのが苦手でしたので、
授乳用の胸元だけ捲りあげられるものや
軽く下に下ろして授乳できるインナーを購入し、
その上には普通の前開きではないパジャマを着ていました。

お腹の部分は捲りあげていても
赤ちゃんを抱っこしているので実際は結構暖かでしたよ。

まとめ

今ママが寒くて風邪をひいてしまっては
家族みんなが大変な思いをすることになってしまいますので、
何事も無理をしすぎず、寒さ対策は特にしっかりとして
自分を労り守ってあげて下さいね。

体を冷えから守るために首、手首、足首など、
『首』とつくところを温めるようにすると良いと言われています。

ぜひ上記の方法とあわせて授乳中に取り入れてみて下さい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする