赤ちゃんが寝る時の寒さ対策!冬の布団は何枚?適切な室温は?

寒くなってくるとまだ生まれて間もない赤ちゃんが風邪をひかないか、
あの手この手とママは防寒対策をとっているんじゃないでしょうか。

日中はしっかりママが見てあげられますが、
夜間はそうマメに起きてチェックしてあげられませんよね。

そのためにどうすればいいのか、
しっかり確認しておきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんが寝る時の寒さ対策はどうする?

赤ちゃんって3カ月過ぎる頃には
大人より一枚少なめの服装が基本とご存知でしたか?

基本的にそれ以降子供は、大人より暑がりで汗っかきです。

ですので、大人の感覚で温かくしてしまうと
赤ちゃんにとっては暑すぎることになるので注意が必要です。

赤ちゃんの手足が冷たいと思って驚いてしまって、
たくさんパジャマを重ねたり、布団を何枚も掛けたり
エアコンで温めすぎは厳禁です。

基本的には暖房機器に頼らずに、
快適なパジャマを着させて、
軽い布団類で調整します。

赤ちゃんの冬の布団は何枚必要?

実際赤ちゃんの布団はどんなものを何枚かけるのか、
初めて赤ちゃんと冬を迎えるママは悩んでしまいますね。

一般的には綿毛布やタオルケットに布団を1枚掛けるのが冬場の使い方です。

寒さが厳しくなってきた時には、
綿毛布やタオルケットなどを重ねるようにして下さい。
お布団を何枚も重ねないように気をつけて下さいね。
重くなりすぎたり、極端に暑くなってしまいます。

注意電気毛布は赤ちゃんには使わないでください。
低温やけどや、暑くなりすぎるので危険です。

寝る時の服装は肌着にカバーオールでいいでしょう。

大人も寝る時はそんなに重ね着しないので、
赤ちゃんも同じように考えて下さい。

微調整は短肌着と長肌着をあわせるなどするのがおすすめ。
厚手のものを重ねると寝汗の原因になります。

寝汗が冷えると風邪をひいてしまうので
気をつけて下さいね。

薄手のスリーパーもなかなか優れ物です。

我が家はこれを愛用しています。

ホッペッタ Hoppetta champignon 6重ガーゼスリーパー 7225

カバーオールの上から着させてあげることで温かくなるのはもちろん、
万が一寝がえりなどで布団から出てしまう事があっても
スリーパーがあるのでひとまず安心です。

布団と併用なら羽毛やフリースよりかガーゼやタオル地などの方が
適度な温かさになりますし使いやすく、
長く使えるので初めの一枚としてもおすすめです。

スポンサードリンク

赤ちゃんが冬場布団を使う場合、室温は何度が適切?

さて赤ちゃんにとって快適な室温って、何度くらいかわかりますか?

冬場 22~23℃(夏 26~28℃)

先ほど服の枚数と同じですが、
赤ちゃんは大人より暑がりです。

大人が温かくて快適であっても赤ちゃんには少し暑すぎるので、
服を重ね過ぎない事と快適な室温を意識してあげる事が大切です。

また湿度も重要。

快適な湿度とは

40~60%

湿度が低すぎると風邪やインフルエンザに感染しやすくなります。

ただ、室温時計を寝室に置いて赤ちゃんにとって快適な温度を意識する事は大切ですが、
睡眠中は特に暖房機器の使い過ぎはよくありません。

寝る前に室温を快適な状態まで温めておくか、
寝入りばなだけつけておいてタイマーで切れるようにしておくなど、
よほど寒くない限りは長時間つけっぱなしは控えましょう。

空気の乾燥を起こさないオイルヒーターを利用するのも良いですが、
電気代がかなり高額になりますのでそこまでおすすめはしません。

それなら湯たんぽを使って布団内を温かくキープする方法がおすすめ。

湯たんぽに長時間触れていると低温やけどを起こしてしまうので、
赤ちゃんの足から30㎝ほど下に入れておくだけで、
優しい温かさが布団に広がりますので安心して使えます。

まとめ

赤ちゃんは寒さより暑さに弱いと言われていますので、
上記の方法いずれにしても温めすぎにならないように意識する必要がありそうです。

赤ちゃんが快適かどうかは背中に手を入れてみて汗をかいていないか、
お腹が冷えていないか、顔色が悪くないかなどで確認できます。

また手や足から熱を放出して体温調整をするので、
手足の冷えは気にしなくても大丈夫です。

心配し過ぎで過剰にならないよう防寒対策をして下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする