赤ちゃんが布団を蹴るので体が冷たい!寝る時の寒さ対策とエアコンについて

はじめての赤ちゃんとの冬。

赤ちゃんが風邪をひかないようにと
ママはいろいろ気を使いますね。

特に就寝時はずっと見ていてあげられるわけではないので、
どうしたらいいのか気を付けないといけない事があります。

スポンサードリンク

赤ちゃんが布団を蹴るので体が冷たいなんて事ありませんか?

寒くなってきた頃、夜中に目覚めて赤ちゃんを見ると
布団から完全に飛び出していて驚く事はありませんか?

%e5%af%9d%e7%9b%b8%e3%81%ae%e6%82%aa%e3%81%84%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e7%94%bb%e5%83%8f

触ってみると体は冷え切っていて、
物凄く心配になりますね。

赤ちゃんは手足で温度調整をすると言われているので、
手足の冷えは通常あまり心配しなくても大丈夫と言われていますが、
体全体が冷えていては風邪をひきかねません。

赤ちゃんは大人とは比べ物にならないくらい寝がえりを打ちます。
我が家の子供たちも、気がつけば頭と足が入れ替わっていたりという事はしょっちゅうです。

お布団を大人しく被っていてくれるのは、
寝がえりをしだす前のほんの数カ月間くらいのものですので、
ママはしっかりと対策を練る必要がありそうです。

赤ちゃんが寝る時の寒さ対策のおすすめは?

布団を蹴ってしまう赤ちゃんが心配になって
ついママは厚着をさせたくなりますね。

でもやり過ぎると赤ちゃんも窮屈ですし、
布団をかぶっている時は逆に暑くて寝汗をかいてしまい、
それがまた風邪の原因となってしまいます。。

そこでおすすめなのが、

ダウンスリーパー

我が家では無くては心配で冬は越せない必須アイテムで、
現在2歳と5歳になった子供たちですが今でも手放せません。

いろんな素材の物がありますが、
一番信頼できるのはやっぱり羽毛のダウンスリーパー

価格は他の素材のものよりも高くなりますが、
軽くて着心地も良いですし、なにより温か。
洗濯もできる優秀な物が売られています。

夏の冷房対策にも使えるガーゼのスリーパーも優れ物。
何枚も重ねあわせているのですが通気性が良く、
冬はガーゼの層に温かい空気を含みますので保温性もあります。
正直、真冬に入るとちょっと寒そうだったので、
秋から初冬にはこちらを使うと良いと思います。
肌触りはとても良いですよ。
赤ちゃんが寝る時の寒さ対策について冬の布団は何枚?室温は?の記事も参考にしてみてください。

スポンサードリンク

赤ちゃんが冬場寝る時にエアコンを使う?

基本的にエアコンは使わなくて済むなら
就寝中はつけなくて良いと思います。

きちんとスリーパーでお腹や肩を冷やさないようにしているなら
手足が冷たくてもそんなに気にしなくて大丈夫。

それでも寒さが厳しい時にはエアコンを使っても構いませんが、
温かくしすぎると赤ちゃんが汗をかきます。

少し低めの22℃くらいの設定で良いでしょう。

注意エアコンを使う時、空気の乾燥には気をつけて下さい。

加湿器があるのなら部屋に置いてあげましょう。
もしないのであれば、濡れタオルを干すだけでも乾燥は和らぎます。

空気が乾燥すると風邪をひきやすくなりますので、
エアコンを使うなら必ず対策はしておきましょうね。

まとめ

スリーパーは赤ちゃんの時はブカブカで長さも足が隠れるくらいだったりしますが、
4、5歳になっても着れるものが多いので、多少値が張っても
実際にはコストパフォーマンスはかなり良いと思います。

赤ちゃんの寝相の悪さは愛らしいですが、
ママはしっかり寒さ対策をしてあげて下さい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする