大掃除の手順が一日完結の鍵。年末は時短を意識して29日だけ頑張ればOK

一年の最後に立ちはだかる大掃除。
憂鬱な方は多いのではないでしょうか。

共働きが多い現代では大掃除をしない、
できないという家庭も多くなってきているようですが、
やっぱりできれば気持ちよく新年を迎えたいとも思いますね。

とはいっても仕事治めでやっと休みに入ったのに
年末何日も掃除にあてるというのは避けたいところ。

それなら一日で終わらせてしまいましょう。

スポンサードリンク

大掃除は手順を押えて一日で終わらせる

大掃除の為に一日だけ掃除を頑張ると決断できましたか?

一日で終わらせるには、しポイントを確認していきましょう。

いくら意気込んでも無計画に掃除をするのは効率的ではありません。
やっぱり計画的に動かなくては時間の無駄が出てきてしまいます。

なによりも大切なのがまず計画を立てる事

そしてその際に家の中の汚れ具合をざっと確認しておくのが重要です。

そうすることで思ったほど汚れていないので大掃除では省く所、
絶対にしておきたい場所など優先順位が見えてきます。
いざ掃除をスタートしたけど想像より酷い汚れで
思ったより時間がかかってしまう事もあり得ますので、
できるだけ計画通りの時間配分ができるように事前にチェックしておきましょう。

そして

  • どこを掃除するのか。
  • 順番はどう進めるのか。
  • 各箇所にどれくらい時間を使うのか。
  • 誰がどこを担当するのか。

これらを簡単に紙に書き出し、
家族にも見てもらうようにしましょう。

具体的な掃除する場所をご紹介すると、

■キッチン⇒冷蔵庫、換気扇、コンロ、シンク、電子レンジ、トースター、
炊飯器、食器棚
■リビング⇒テレビの後ろ、カーテンの洗濯、家具などの埃取り、床掃除
■お風呂⇒カビとり、椅子や洗面器の水あかとり、全体のこすり洗い
■トイレ⇒棚の拭き掃除、トイレタンクや便器の掃除、床掃除
■ベランダ⇒履き掃除、物干しの拭き掃除
■玄関⇒土間・ポスト・表札・ドアなどの拭き掃除、靴箱の掃除

これを全て完璧にしようとしなくても良いので、
家族の人数などにも応じてする場所を決めるようにして下さい。

そして決めた場所以外はしないと心に決めて下さい。

参考

花王で実施されたアンケートによると多くの人がやりたくないのが
『ガスレンジまわり』や『換気扇・レンジフード』『窓』なのですが、
実際この三か所はほとんどの家庭で年末に大掃除をしているそうです。


【手順の一例】

8:30   リビングや寝室の網戸・窓拭き(60分)

9:30   ベランダ(20分)

9:50   玄関周り(15分)

10:05  トイレ(15分)

11:20  お風呂(30分)

 11:50  昼食(70分)  13:00  キッチン(90分)

14:30   洗面所(30分)

 15:00  休憩(30分)  15:30  リビング(90分)

17:00   終了

スポンサードリンク

年末大掃除の時短のコツ

上記のスケジュールで進めれば終了予定は17時。
これだけ集中して一気によくがんばったものだ!と褒めてあげたいですね。

それでもこれを一人でするのはなかなか疲れますので、
できるだけ効率よく終わらせるポイントを押えて少しでも早く終わらせましょう。

一か所でもいいので家族に割り当てる。
※とにかくやるところがたくさんありますので、
一か所減るだけでもかなり助かります。
ちなみに大掃除調査によると男性が担当する場所は、
『お風呂』『窓・網戸』『エアコン』が多いそうです。

計画を立てる時に掃除方法をシュミレーションしておく。
※当日いきなり堂掃除していいのかわからず困ってしまって、
慌てて道具や洗剤を買いにいかなくてはいけないなどとなってしまうと
時間のロスですので、ネット検索するなどして調べておきましょう。

事前に道具や洗剤を揃えておく。
※どういう掃除の仕方をするかで必要な道具を準備しておきます。
道具は100円ショップで良いですが、洗剤は高めであっても信頼できるものにしましょう。

ぼろ布や雑巾をできるだけたくさん準備しておく。
※ぼろ布は使い捨て出来るので特にたくさんあると便利です。

掃除する当日の朝や前日の夜につけおきする物や
お風呂のカビ取り剤を塗るなどの下準備しておく。
※これをしておくだけでかなりスムーズに一日の行程が進みますし、
待ち時間を有効に使えます。

掃除道具は持ち運べるようにカゴなどにまとめる。
※バラバラにだとどこに置いたかわからなくなってしまうので、
まとめて持ち運べるとかなり便利です。

年末の大掃除は29日にする?

毎年どの日に大掃除をするかのアンケートの結果は仕事納めの日によりますが、
2016年は多くの企業で28日となりそうです。

新年までは3日しかありません。

とはいえ大晦日には新年の為の最後の買いだしなどで大忙しとなるので、
この日に大掃除をするのは避けておくのが一般的です。

そうなると29日か30日の二択になりますね。

おそらく大仕事をさっさと済ませてしまいたい人が多いので、
今年は29日にする家庭が多いのではないでしょうか。

まとめ

大掃除は大変ですが、やってしまえばやっぱり気持ちがいいもの。

一日だけがんばろう!と決めて、

しっかりと計画を立ててスムーズに終わらせてしまいましょう。

当日はかなり疲れますので昼食と晩御飯はお弁当を買うなど、
余計な家事をしなくても良いようにしておきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする