紫外線を予防する方法を一挙公開!食材と効果的なレシピ教えます!

待ちに待った夏本番!サンサンと降り注ぐ、すがすがしい太陽…

ですが!ちょっと肌トラブルが心配になりますよね。

日焼け止めクリームや、長そでを着るなど、外からの対策はご存知の通りかと思いますが、今回は栄養、食べ物といった内側からできる紫外線対策についてお知らせしていきます。

スポンサードリンク

紫外線による肌トラブル!老化を抑える食材は??

老化をおさえる食材のキーワードは、抗酸化作用ビタミン、ミネラル

紫外線による肌トラブルで、気になるのはシミなどのエイジング。

紫外線は浴びすぎることや、繰り返し浴びてしまうことで、体内のメラニン色素が皮膚の内側に沈着してしまうことが原因で、いわゆる「シミ」や「そばかす」といった肌トラブルがそれにあたります。

まずはこのメラニンに注目してみましょう。

メラニンですが、実は本来は身体の中にある組織を守る役割を担っています。

ただ、浴びすぎたり、繰り返し浴びることで、たくさん生成されてしまうもの。

そしてメラニンの生成を助けているものは実は活性酸素。

つまりは抗酸化作用が効く!ということです。

この抗酸化作用に期待できる食材は意外と多く、緑黄色野菜、大豆、トマト、香味野菜等があります。

中でも、一番おススメしたいのがトマト

特にトマトは夏野菜ですから、やはり、「餅は餅屋」にお任せしましょう。

トマトがオススメな理由は、強い抗酸化作用を持つリコピンが豊富なこと。

その実力は抗酸化作用に期待できるビタミンEのなんと100倍!

トマトは夏野菜ですから夏にお値段が下がりやすい上、最近のトマトは青臭さも随分少なくなりましたので、キンキンに冷やしてデザート感覚や朝食代わりそのまま食べるのも美味しいですね。

次にビタミンとミネラルについて考えてみます。

ビタミンで注目したいのがビタミンAとC。

ビタミンAは先に述べた抗酸化作用が期待できる食材。

今回はビタミンCに注目してみます。

ビタミンCが豊富に含まれている食材は、キウイ、イチゴ、ピーマン、ブロッコリー等です。

ビタミンCの働きについては、なんと!

メラニン色素を無色化する働きがあります。

バランス良く、日常的に摂取することでも、新しいシミの予防や今までのシミの対策にも効果が期待できますね。

ただ、健康志向なあなたならお気づきかもしれませんか、ビタミンCといえばレモンなどの柑橘系では?

確かにレモン等の柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれていますが、一つ落とし穴があります。

それは、ソラレンという物質。

このソラレンには紫外線を吸収しやすくする働きがありますので、紫外線対策という今回のテーマからは外しました。

但し、このソラレンという物質は約半日で効果はなくなりますので、お夕飯であればOKです。

最後にミネラルですが、私のオススメは麦茶

暑い夏ですから、冷たい麦茶が美味しいですよね。

この麦茶ですが、抗酸化作用もあるので、お肌にも良いですし、カフェインレスですから、安心して飲めますよね。

スポンサードリンク

紫外線を予防する方法 食生活も重要!食材と効果的なレシピ

さて、色々な食材を紹介してきましたが、私のオススメレシピも一品紹介します。

▶アボカドとトマトのバジルドレッシングサラダ

アボカドは先に述べたビタミン類が豊富に含まれていますので、オススメ。

アボカドとトマトは1~2cm角に切って、レモンを一絞り。

そこに市販のでも構いませんのでバジルソースをかけて和えたら出来上がり。

食欲がなくなる真夏などは、トマトを多めにすることで食欲が湧きますし、みずみずしいトマトを使うことで水分補給もできます。

また、アボカドは野菜の中では割と高カロリーですので、普段の食事からの置き換えに使っても、体力の衰退は最小限に抑えられます。

また、バジルソースのカロリーが気になるのであれば、バジルの葉を買ってきてミキサーにポン!

そこにオリーブオイルと、お酢、塩コショウで味を整えれば自家製ドレッシングも簡単にできるのでオススメ!

この夏の紫外線対策は外からだけでなく、中から対策してみましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする