浴衣の帯締め飾りで今年の夏はオシャレに着こなそう!

最近巷で話題の浴衣。

夏の風物詩としても一般的なのに、着る機会といえばお祭りや花火のようなイベントの時くらい。

今年の夏はイベントだけでなく、普段着としても浴衣を着こなしてみましょう。

浴衣や着物の「帯締め」、「帯締め飾り」のようなワンポイントがオシャレの秘訣。

今回は浴衣の帯締めや帯締め飾りに注目して、普段着としての浴衣を考えていきます!

スポンサードリンク

浴衣に合わせて帯締めを替えたい!遊び心で女子力ワンランクUP!!

冒頭でも述べましたが、どんな服装においてもワンポイントがオシャレの秘訣。

浴衣に当てはめると「帯締め」や「帯飾り」がそれにあたります。

でも、そうは言っても選ぶのが難しいのでは?とお思いかもしれませんが、実は基本をおさえてしまえば実は意外と簡単。

更に浴衣というのは着物と違い、本来普段着として用いられる目的でできたものですから、そんなに難しく考える必要はないのです。

では最初は帯締めについて考えてみましょう。

まずは自分がどんな浴衣を持っている(買いたい)かを見て(想像して)みます。

一番失敗しないのは、浴衣に使われている基本の色と合わせこと。

特に普段着として用いられる事の多い浴衣ですから、ファッション性を考えると、浴衣と帯はすこし違った色合いのものを選びますよね?

そこで、浴衣に使われている基本の色を帯締めで入れることで、全体の統一感が出るんです。

浴衣が初めてで、どうしたらいいかわからなければ浴衣の色と帯締めの色を合わせたセットを一着試してみてくださいね。

さて、すでに浴衣を何着かお召しになられて、ワンラックアップしたいという方も、もう一度帯締めを中心に考えてみては如何でしょうか。

帯締めというのは本来、帯の型崩れ等を防止する事を目的としてできたものです。

そこから段々、ファッションアイテムとしても用いられるようになりました。

ですから、コーディネートの視点から見ますと、ネクタイと少し方向性は似ています。


ネクタイが、プレーンノット、ウィンザーノット、といった結び方の違いや、レギュラー、蝶ネクタイ、アスコットタイと様々な種類があるように、帯締めについても、基本、蝶、といった結び方、丸組、平組といった種類があります。

そして帯締めについては、一定のマナーはあれど、ファッションアイテムとしてのルールはありませんから、自分の大切な人のネクタイを選ぶように、帯締めも自分のインスピレーションで決めてしまうのが、女子力アップの秘訣です。

帯締めについてはネクタイと違い、色々な結び方も存在します。

その数は調べても調べつくせないほど。

中には、ハートや蝶々、お花を模ったものと本当に多種多様にありますので、デートの時はハートを、友達と遊びに行くときはお花をと相手やシチュエーションに合わせて結び方を変えるだけで印象もガラリと変わります。

浴衣を着ると、話の話題も浴衣の事で盛り上がることが多いので、色々な結び方をマスターしてしまえば、話に花が咲くのも間違いなし!

スポンサードリンク

浴衣の帯締めをアレンジしてオリジナルコーデを楽しもう

さて、最後にご紹介するのは帯締め飾り。

ここまで読んでくださったのであれば更にオリジナルな着こなしを試してみようとお思いではありませんか?

そんな時には帯締め飾りを用いて帯締めをアレンジしてオリジナルコーデがオススメ。

先ほどは、結び方でTPOを表現するお話をしました。

今度はそこに季節物をモチーフした小物や、思い出の品を帯締め飾りとして付けるのがオススメ。

今はスマートフォンが主流になっていますので、「ケータイストラップ」という物がだいぶ少なくなってきてしまいました。

ガラケー時代にたくさん集めた思い出の飾り付きストラップを帯締め飾りとして活用するのもおススメです。

一つ注意点なのが、浴衣の帯締めはあまり主張しすぎないこと。

浴衣は本来普段着として用いられる事が発祥と申し上げた通り、涼しさや軽装感も大切。

あまりいろんなものを付けて重厚感が出てしまうと、トータルコーディネートとしては浴衣の清涼感が損なわれてしまいますので気を付けてくださいね。

では、今年の夏は素敵な帯締めと帯締め飾りをつけて、涼し気で清楚な女子力をアップさせましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする