お歳暮を仲人して頂いた方にいつまで贈る?やめる方法と手紙の必要性

結婚した当初、当たり前のように仲人して頂いた方にお歳暮を贈ったけど
だんだんと「普段お付き合いもないし、いつまで贈ればいいの?」と
疑問になってきていませんか?

その疑問について、ここで解決してしまいましょう。

スポンサードリンク

お歳暮を仲人して頂いた方にいつまで贈る?

昔は仲人といえば、二人が知り合うきっかけをつくり、
縁談から結婚式や披露宴まで両家の間をまとめる役目でした。

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

結婚後も親代わりに二人の面倒を見てくれる存在でしたが、
恋愛結婚がほとんどの現在は、“頼まれ仲人”という言葉もあるくらいで
形式上その日限りの仲人を立てるというケースがほとんどです。

そういったことから“頼まれ仲人”の場合、
「盆暮れの挨拶は3年まで」と言われ、
3年間贈ればよい
と考えられています。

この考えは仲人をした側も承知なので、
多くの場合3年を目安に先方から「今後はお気遣いなく」などといった言葉を
頂ける事もありますので、その際はタイミングを逃さずやめる方がよいでしょう。

ただ仲人をして頂いた方が上司であったり親戚の場合は、
普段実際にお世話になっていたりお付き合いがありますので、
3年だけではなくお付き合いの状況に応じて贈りましょう。

お歳暮を仲人して頂いた方に贈るのをやめる方法

割り切った人は3年ですぱっと贈るのを辞めるだけということもあるようです。

でもやはりそうし辛いこともありますね。

そういった場合は徐々に減らしていきましょう。

Checkお中元・お歳暮を贈っているなら
まず初めにお中元をやめて暑中見舞いにして、
その年のお歳暮は通常通り贈ります。
翌年にお歳暮も贈るのをやめて年賀状にします。

お歳暮のみ贈っているなら
少し贈る品物の額を減らしたものを一度贈り、
翌年は贈るのをやめて年賀状に変える方法があります。

こうすれば先方も徐々に伝わりますし、
いつまでも続けるものではないと承知している事なので、
気にしなくても大丈夫です。

むしろ形式上の仲人であるにも関わらず、
過剰に送り続ける方が相手に気を遣わせてしまうこともあります。

実際のお付き合いの度合いによりますが、
臨機応変に現代のやり方に沿った方法を取ることが大切だといえます。

またこれまではお返しを貰っていなかったのに急にお返しが届いた場合は、
これは先方からの「これからはこのようなお気遣いは必要ありませんよ」との
サインですので、翌年からはありがたくお気持ちを頂き
お歳暮はやめるようにしましょう。

スポンサードリンク

お歳暮を仲人して頂いた方に贈るのをやめるなら手紙は必要?

失礼にならないように最後のお歳暮を贈る際
これで最後にする旨手紙で伝えるという考え方がありますが、
実際にはそこまでする必要はないのではと思います。

上記のように、徐々に失礼のないように先方に伝わる方法で
お歳暮をやめるようにしていっていますので、
最後にわざわざ文面で「やめます」という内容をはっきりと伝えると
かえって形式張っていて寂しく感じさせてしまう事もあります。

品物としての贈りものがなくなったとしても
その時々の季節のご挨拶を送ることで
相手にご縁を大切にする気持ちを伝える事ができると思いますので、
あえてやめる事を手紙にしない方がよいのではないかと考えます。

まとめ

実際に日ごろのお付き合いがない場合、
現代の考え方に沿って3年でやめるのが
贈る側も贈られる側にとっても負担のないやり方といえます。

完全に絶ってしまうのではなく、
季節の挨拶状や折々に近況報告の手紙を送るなどで
お付き合いの方法を変えていくとよいでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする