浴衣は自宅で洗濯できる!? クリーニング代を節約しよう!

夏祭りや花火大会で活躍してくれる浴衣。

着た後はクリーニングに出したいところですが、そうするとやはり料金が気になってしまいますよね。

実は、多くの浴衣は、自宅でも簡単に洗うことができるんです。

ただし、洗い方を間違えると色落ちしたり、生地を痛めてしまったりするリスクもあるので、そうならないように手順をしっかり確認してから洗うことが大切です。

ここでは、洗濯できるかどうかの確認から干し方まで、順を追って説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

浴衣を自宅で洗う場合 洗濯から干し方まで簡単お手入れ方法

1、洗濯表示を確認する

まずは洗濯表示の確認です。

洗濯機OK、もしくは手洗いOKのマークがあるかどうか確認します。

同時に、水温度の指定があるかも確認しましょう。

水洗い不可のマークやドライマークなどがついていたら、自宅で洗濯することはできません。この場合は、クリーニングに出しましょう。

洗濯表示がよくわからないという場合は、こちらのサイトを参考にしてみてください。

http://acron.lion.co.jp/washtag/

2、色落ちしないか確認する

濃い色や柄物の浴衣は、洗濯する前に色落ちしないかどうかを確認しましょう。

まず白い布を用意し、洗濯に使用する洗剤(おしゃれ着用の中性洗剤)を少量付けます。

その状態で浴衣の目立たない部分をこすった時に、布に浴衣の色が移った場合は、色落ちの可能性大です。

この様な浴衣を自宅で洗濯してしまうと、せっかくの綺麗な柄や色が、色落ちにより台無しになってしまうかもしれません。

色落ちの可能性がある場合は、クリーニングに出すことをおすすめします

また、色落ちチェックで大丈夫だった場合でも、浴衣は必ず他の衣類とわけて単体で洗濯しましょう。

3、シミなどの目立つ汚れがある場合は「前処理」をする

目に見えるシミがある場合や、襟・袖などの汗ジミが気になる場合などは、前処理をしましょう。

やり方は簡単、おしゃれ着用洗剤を気になる部分に塗布し、軽く叩いたり優しく揉んだりして、洗剤と汚れをなじませるだけです。

4、浴衣をたたむ

型崩れやシワ、生地の痛みなどを防ぐために、浴衣はたたんでから洗濯しましょう。

たたみ方は「袖だたみ」がおすすめです。

やり方は、こちらの動画を参考にしてください。

袖だたみができたら、いよいよ洗濯に入ります。

5−1、洗濯機の場合

洗濯機可の表示がある浴衣は、洗濯機で洗うことができます。

洗濯機の場合は、まず洗濯ネットに入れましょう。

この時、できる限り浴衣にジャストサイズのものを準備してください。

というのも、ネットが大きすぎると、浴衣がネットの中で動いてしまい、型崩れや生地の痛みの原因になりますし、逆に小さすぎると浴衣の生地が重なり合ってしまい、均等に洗えなくなってしまうためです。

ちょうど良いサイズの洗濯ネットに入れたら、浴衣を傷つけないように「ドライコース」または「手洗いコース」で洗濯します。

洗剤は、必ずおしゃれ着用の中性洗剤を使用しましょう。

5−2、手洗いの場合

手洗いは一番ダメージが少ないので、浴衣を大切にしたい場合はやはり手洗いがおすすめです。

まず、たらいや洗面器に、洗濯表示に書かれている温度の水をはり、中性洗剤を溶かします。

そこに、たたんだ浴衣を入れ、やさしく押し洗いをして、汚れを落としましょう。

乱暴にこすったりしてしまうと、ほつれや型崩れの原因になってしまうので、優しく扱うことが大事です。

ひっくり返して何度か押し洗いをしたら、すすぎます。

「水を替える→押し洗い」を2〜3度くり返し、泡が出なくなったらすすぎ完了です。

水を捨て、押し洗いの動作により水を切ったら、最後に洗濯ネットに入れ、1分間脱水します。このとき、脱水は一番弱い設定にしましょう。

6、洗濯した浴衣を干す

浴衣は「陰干し」が基本です。

直射日光の下で干してしまうと、色あせの原因になるので、必ず日陰に干しましょう。

着物用のハンガーも売られていますが、持っていない場合は、物干し竿や突っ張り棒などを使用して干すこともできます。

干すときは型崩れを防ぐため、袖と肩のラインが一直線になるように干します。

詳しくはこちらの動画を参考にしてみてください。

浴衣の洗濯頻度はどのくらい?毎回洗わなくてもいいの?

さて、浴衣の洗濯の仕方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

それほど難しい手順は無いものの、実際のところ、やはり手間ではありますよね。

特に、シーズン中に何度も着る機会があった場合、毎回洗うことになってしまうと大変です。

では、浴衣はどのくらいの頻度で洗濯すれば良いのでしょうか?

結論としては、使用時の環境にもよりますが、それほど汗もかかず、目立つ汚れも付いていない、というような状態であれば、2回程度までなら洗濯せずとも問題ありません。

ただし洗濯をしない場合は、脱いだ後にすぐ物干し竿などにかけて、風通しの良い日陰で干すようにしましょう。

逆に、汗をよくかいたり、夕立にあったりした場合などは、やはり1度の着用であっても洗濯した方が良いでしょう。

手間ではありますが、せっかくの浴衣です。

長く着るためにもやはりお手入れは大事ということですね。

スポンサードリンク

まとめ

以上、浴衣の洗濯方法をご紹介しました。

普段着と異なる浴衣とはいえ、難しい手順はないので、これなら自宅でも洗えそうではないでしょうか。

せっかくのかわいい浴衣なので、しっかりとお手入れをして、長く着られると嬉しいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする