浴衣に欠かせない巾着!合わせ方で印象が変わる!?

浴衣・帯を選び終え、「さあ、あとは巾着を選ばないと」と思ったところで、どう選べばいいのか悩んでしまったりしませんか?

普段は着ることの少ない浴衣だからこそ、コーディネートの正解がわからないこともありますよね。

そこで今回は、浴衣に巾着を合わせる時の基本となる考え方をご紹介します。

また、布でできた巾着以外にも、形状や素材の異なる様々なバッグを浴衣に合わせることができるので、そういったものについても合わせてご紹介しますね。

ポイントとなるのは、「サイズ感」と「」、そして「素材・種類」です。

スポンサードリンク

浴衣に合う巾着って? 簡単な選び方を教えます!

浴衣に合わせる巾着を選ぶ時、第一に大切にすべき考えは「浴衣をより引き立たせるものを選ぶ」ということです。

このことを頭に置いた上で、各ポイントを見ていきましょう。

まずは「サイズ感」です。

普段、通勤に使うバッグを選ぶときは、機能性・耐久性なども大事な要素ですが、せっかく浴衣を着るのです。

浴衣スタイルがより映える、ぴったりなものを選びたいですよね。

色々と持っていきたい気持ちもあって大きめのバッグを選びたくなるかと思いますが、浴衣とのバランスを考えると、あまり大きなものはバッグだけが重たい印象で浮いてしまい、浴衣を邪魔してしまうことがあります。

そこでベストなのは、指先で軽く持つことができる程度の大きさのもの。

ぜひこれを目安にしてみてください。

もちろん、必要なものが持っていけなくなってしまうと本末転倒なので、ある程度のサイズがあるものを探すのは良いのですが、できる範囲で小さめのものを選ぶと浴衣スタイルがより映えるでしょう。

場合によっては、浴衣の時は財布を普段のものより小さいものに移し替えるなど、荷物の方を減らすのも一つの手かもしれません。

続いてのポイントは「」です。

巾着の色に関しては、基本的には「浴衣または帯に使われている色」のどれかに合わせれば、大きく失敗することはありません。

特に、浴衣の生地の色に合わせれば、全体的にまとまった印象を作り出すことができるでしょう。

ただし、浴衣と帯が同系色の場合など、場合によっては巾着の色もそれに合わせてしまうと全体の印象がぼんやりとしてしまうこともありえます。

そのような時は、巾着を差し色として使うのも良いでしょう。

たとえば、寒色系の浴衣・帯を着る場合は、暖色系の巾着を選んだり、浴衣の色や柄が暗く落ち着いたものの場合は、明るめの巾着でメリハリをつけたりなどですね。

全体の色のバランスをうまく調整して、素敵なコーディネートを目指しましょう。

スポンサードリンク

浴衣に合わせて素材や種類を替えてみよう!

最後のポイントは「素材・種類」です。

浴衣に合わせる定番は、やはり布でできた巾着。とはいえ、巾着でないと合わないわけでもありません。

そもそもなぜ巾着が定番だったかというと、「見た目が涼しげだから」。

ということは涼しそうな印象があるバッグであれば、他のものでも良いのですね。

ここでは浴衣スタイルに合わせやすいバッグをいくつかご紹介しますね。

▶巾着バッグ

言わずと知れた、「THE・王道」です。

特に、和柄の巾着などを選べば、スタンダードな王道浴衣スタイルにできます。

▶がま口バッグ

最近、浴衣に合わせるバッグとして人気が出てきているのが、がま口バッグ。

ポップな色柄物も多く出てきていて、好みのものを選ぶことができます。

もともと「がま口」自体が和風の形なので、柄が派手になっても浴衣にぴったり合うのですね。

また、口が広く開いて中も確認しやすい形なので、荷物が多い方にもおすすめです。

▶あずま袋

落ち着いた印象を持たせたいときは、あずま袋もおすすめ。

あずま袋とは、一枚の風呂敷を縫い合わせて袋状にしたものです。

風呂敷といえば日本でバッグとして伝統的に使われてきたものなので、浴衣にも間違いなく合います。

現代では巾着バッグほど夏祭りの定番ではないので、他の人と違う個性を出しつつ、しっとり、たおやかな印象にさせたいときにオススメです。

▶かごバッグ

こちらも最近人気のかごバッグ。

比較的、容量のあるものが多く、使い勝手がいいので、荷物が多い人には特におすすめです。

欠点としては、口が大きく開いた状態なので、中身が外から見えやすい点です。

ただし最近は、かごの口の部分に巾着で蓋をできるものや、かごの中に巾着袋が入ったセットなども売られているので、中見えが気になる場合は、そういったタイプのかごバッグを選ぶと良いでしょう。

また、素材についても、レトロ感のある竹かごから、ラタン(藤)、ストロー(麦わら)などもあり、色味も黒・こげ茶などの濃い色から、薄茶・白などの明るい色まで様々なので、ぜひ好みの一つを探してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

選択肢が巾着や風呂敷くらいしかなかった昔とは違い、今は様々な合わせ方があるので、選ぶのも楽しいですね。

ぜひお気に入りのバッグを見つけて、夏ならではの浴衣スタイルを楽しんでください♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする