髪の毛の湿気対策ってどうしてる? まとまらない前髪を何とかしたい!

梅雨が近づいてきました。

ただでさえ雨続きで憂鬱になりやすい季節ですが、そんな中でもやっかいなのが前髪ですよね。

特にクセ毛の場合だと、梅雨の湿気のせいで、いつも以上にうねりがひどくて大変、という方も多いのではないでしょうか。

前髪は顔の印象に大きく影響するのに、それが崩れてしまうとそれだけで気分が上がりませんよね。

ここでは、前髪うねりを少しでも時短で整えるためのヘアケア方法と、時短でできる前髪アレンジを紹介します。

スポンサードリンク

多くの女子が悩んでる梅雨の湿気対策 時短で前髪が整えられるの!?

まずは、湿気により髪が広がったり、うねったりしまう理由から確認していきましょう。

前提として、湿気に影響を受けやすいのは、痛んでいる状態の髪です

髪の毛は、外側から「キューティクル」「コルテックス」「メジュラ」と呼ばれる層でできています。

このうち一番外側にあるキューティクルは、髪の毛の内部の栄養を保持する働きや、状況に応じて開いたり閉じたりすることで髪の毛の中の水分量を調節する働きがあります。

このキューティクルが正常に働いている状態が健康な髪の毛です。

それに対して痛んだ状態の髪の毛というのは、このキューティクルが傷つけられたり剥がれたりしてしまっていて、髪の毛の栄養が抜け落ち、かつ髪の毛の中の水分もうまく調整できない状態になっています。

痛んだ髪の毛であっても、通常の環境であれば、髪の毛の内部の水分量が適切な状態に保たれていることも多いのですが、梅雨のように湿度が高い環境では、キューティクルの働きがない分、必要以上の水分を髪の毛の中に吸収してしまいます。

そして吸収された不要な水分が二層目のコルテックスまで届いたころ、髪の毛の水分量が過多になり、クセやうねりが生じてしまうのです。

こうなってしまうと、うねりを抑えようとしても上手くまとまらなかったり、せっかくスタイリングしたとしてもすぐ崩れてしまったりするようになります。

このことから、前髪を時短で整えられるようになるには、何よりもまず健康な髪の毛を維持することが大切だということが分かります。

まずは土台からしっかりさせることが大事ということですね。

ここからは水分に強い健康な髪の毛を手に入れるための、ヘアケアのポイントを紹介します。

1、シャンプーの時は頭皮をもむように

髪の毛の一番外側にあるキューティクルは、こすれに弱いです。

シャンプーの時に髪の毛をゴシゴシとこすってしまうと、キューティクルが剥がれる原因になってしまうのでNGです。

シャンプーの時は、爪を立てずに、指の腹で頭皮をもむように洗いましょう。

頭皮の血行も良くなり、髪の毛にも優しいので、一石二鳥です。

2、シャンプー後はすぐに乾かす

髪が濡れている時は、摩擦によりキューティクルがはがれやすい状態になっています。

シャンプー後はタオルドライをし、時間を置かずにドライヤーで乾かすようにしましょう。

3、ドライヤーは髪の内側からあてる

髪の毛を乾かす際、毛先から乾かしてしまいがちですが、これでは髪を必要以上に乾かしてしまい、髪の毛の水分が抜け過ぎた「オーバードライ」につながってしまいます。

ドライヤーを使う時は、必ず髪の内側からあてていきましょう。

髪の毛を手で持ち上げ、髪の根元付近から乾かしていくのがポイントです。

また、なるべく髪を保護するため、ドライヤー前に「洗い流さないタイプのトリートメント」などを併用することもおすすめです。

こういった保護剤を使うことで、キューティクルを熱から守ることができます。

4、最後に冷風をあてる

ドライヤーで乾かしたあと、最後に冷風をあてましょう。

髪の毛は冷えるときに形状が決まるので、このときに髪の向きを整えておくと翌日のスタイリングが楽になります。

また、冷風をあてることで髪の毛のうるおいや栄養分が抜けにくくなるという効果もあります。

このように日々のヘアケアをしっかりして健康な髪の毛を維持するだけでも、前髪を整えるのが楽になりますよ。

スポンサードリンク

湿気でうねる前髪!時間がない時は簡単に可愛くアレンジ!

さて、そうは言っても、「髪がうねってしまった!しかものんびりセットしている時間がない!」なんてこともありますよね。

そんな時にオススメの前髪アレンジをいくつかご紹介します。

▶ポンパドール

まずは前髪の王道アレンジ、ポンパドール。

王道でありながら、時間もかからず簡単、前髪が短すぎない限りは大抵対応できるという万能アレンジです。

作り方は、黒目の外側の位置を目安にして前髪を取り、ピンなどでまとめるのが基本です。慣れればものの30秒足らずで作れるので、時間がないときの強い味方です。

また、前髪を取る量でポンパドールの大きさを調節できるので、自分の好きな大きさを探してみてください。

▶ねじり前髪

名前の通り、前髪をねじって止めるだけという、こちらも簡単なアレンジ方法です。

大きく分けて、片側から前髪を取って逆サイドに向ける場合と、センターから二つに分ける場合の2パターンがあります。

▶ヘアバンドを使う

本当に時間がない、という場合でもおすすめなのがヘアバンド。

サっと一瞬でつけられる上、ファッション性も出すことができるという便利アイテムです。

ヘアバンドをいくつか持っておけば、その日の気分やスタイルに合わせてオシャレすることもできるので、雨の憂鬱さが和らぎそうですね。

まとめ

以上、梅雨の時にうねりやすい前髪への対処方法をご紹介しました。

まずは日々のヘアケアを大切に健康な髪の毛を目指しつつ、ヘアアレンジも身につけて、ストレスフリーな梅雨を迎えましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする