紫外線アレルギーは種類がある!?検査で分かる治療法と予防法

『アレルギー』という言葉を聞くと、卵や小麦で症状が出る食物アレルギーを思い浮かべる人が多いと思います。

でも実は、あなたが日ごろから浴びている紫外線でも、アレルギー症状が出てしまう人もたくさんいるのです。

今回は、そんな紫外線アレルギーについての検査方法や、治療法・予防法についてご紹介させていただきますので、あなたの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

紫外線アレルギーには適切な治療法を!遅れると悪化することも!?

ひとことに紫外線といってもたくさんの種類があるので、まずはどの紫外線の波長がアレルギーの原因になっているか調べるために、光線テストを実施します。

そして調べた結果、どのようなことが紫外線アレルギーの原因であれ、日光に当たることでアレルギーの症状が出ていることには間違いないので光を遮ること、遮光をすることが重要になってきます。

もし原因が、服用している薬の影響であるのならば、薬の服用を中止する、肌に触れている物質が原因であるのならば、その物質が肌に直接的に触れることを避ける、ということを実践してみてください。

治療方法としては、抗アレルギー剤などを使用する方法があります。

また症状がひどい時には、抗アレルギー剤やステロイド剤などの薬を服用したり、肌に直接薬を塗ったりして症状を抑えます。

他に患っている病気が原因でアレルギー症状が出ている場合には、その病気を治すような方法で治療を進めていきましょう。

そうすると自然と、紫外線アレルギーも改善されていきます。

紫外線アレルギーの主な症状としては、

肌に赤み・湿疹・腫れ・蕁麻疹が出る目が赤く充血・腫れる・涙が出る・ゴロゴロと違和感を感じる、などがあげられます。

また強い光や熱によって、頭痛・吐き気・発熱などの症状が出ることもあります。

これらの症状は、風邪とよく似た症状で紫外線アレルギー特有のものではないので、紫外線アレルギーかどうか分かりづらいですよね。

そのため紫外線アレルギー特有の症状でないことから、自分が紫外線アレルギーだと気づくのが遅くなる人も、たくさんいます。

なので日光に当たった時に、上記のような症状が出ることが多いのであれば、自分は紫外線アレルギーかもしれない、と疑ったほうが良いと思います。

万が一治療が遅れ悪化してしまうと、皮膚ガンの原因にもなるので、少しでも『紫外線アレルギーかも?!』と思ったら早めの検査や予防をオススメします。

スポンサードリンク

紫外線を予防してアレルギー対策!効果的な方法を教えます

紫外線予防と聞くと、季節は夏をイメージしますよね。

ですが正しくは、年間を通して紫外線予防は必要なのです。

紫外線は、夏の暑い日差しが強いに日に多いというイメージだと思いますが、紫外線が一番強い時期は、夏を迎える前の5月なのです。

頭のどこかで、紫外線=暑い(熱い)といったイメージになっていますよね。

また冬でも5月に比べて、2分の1~3分の1の紫外線が降り注いでいるのです。

そしてその強い紫外線対策には、定番ですが日焼け止めが一番効果的です。

年中ドラッグストアやインターネットで買うことができ、塗るだけなので簡単に使えるのも良いですよね。

使い方として紫外線が強い時期は特にですが、2~3時間ごとに塗り直すのが効果的です。

朝に家を出る前1回、お昼休み1回、夕方1回、のような間隔で塗り直せば完璧ですね。

特に夏は汗をかき日焼止けめが流れやすいので、こまめに塗り直すことが正しく紫外線予防が出来る方法です。

また顔の日焼け止めはメイクをしていると難しいと思うので、スプレータイプの日焼け止めや、SPF・PAが表示されているファイスパウダーを重ねるのも効果ありです。

個人的には、POLAのホワイティシモがオススメです。

SPF22・PA+++で、コンパクトタイプのプレストパウダーなので、ベースメイクの仕上げとして使うこともできるからです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

紫外線アレルギーは様々な症状がが出るので、なかなか判断するのが難しいと思いますが、日光に当たった時に今回のような症状が出た時には、紫外線アレルギーを疑ったほうが良いですね。

また紫外線アレルギーだと分かったら、日焼け止めを塗ったりして簡単に予防もできるので、そんなに深く考える必要はありません。

ですが気にせず放っておいてしまうと、皮膚ガンの原因にもなり兼ねないので、放っておいてしまうのはNGです。

今回この記事を読んで『もしかして紫外線アレルギーかも?』と思ったら、すぐさま予防策を実践してみてください。

もし改善されるようであれば、紫外線アレルギーを予防することもでき、皮膚ガンの原因になるリスクも下げることができます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする