プール熱は早期に治療したい!すぐ病院へ行けない大人はどうすればいい?

プール熱の感染者の7割が5歳以下の子どもですが、もちろん大人でも感染してしまう病気です。

とくにお子さんがいらっしゃるご家庭は大人がうつる可能性は高いです。

看病などで接触があるからですね。

ただ、大人は病気になるとすぐに病院に行けないことが多いですね・・・。

病院に行くまでに症状は少しでも抑えておきたいものです。

しかし、プール熱は市販の薬では抑えられません

必ず病院を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

でも、休日ですぐには病院に行けないなんてことも・・・。

そんなときのために市販薬で少しでも抑えられるのでしょうか?

自己判断で薬を服用するのはとても危険です!!!

薬が合わなかった場合、症状が余計にひどくなることもあります。

ではどうすればいいのか・・・。

少しでも痛みやかゆみを緩和したいですよね。

プール熱の症状で多い咽頭炎の緩和方法として

  • こまめなうがい
  • 加湿+マスクの着用
  • 水分補給

この3つを実践してみましょう。

また、結膜炎の症状の緩和方法として、

  • 冷やす
  • 人工涙液の目薬を使う
  • コンタクトレンズの使用を避ける

この3つを実践してみましょう。

少しでも症状が緩和されると病院がすぐに受診できなくてもなんとか乗り越えられそうですね。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

プール熱を大人が発症した場合 喉の痛みへの対処法はどうすればいい?

プール熱の喉の痛みは咽頭炎からきています。

痛み止めや咳止めなどの薬は販売されていますが、

自己判断で買ってしまうと危険です。

自分でできる、のどの痛みの緩和方法として

  • こまめなうがい
  • 加湿+マスクの着用
  • 水分補給

この3つを実践してみるとよいでしょう。

▶こまめなうがい

こまめなうがいで口の中を殺菌、消毒して清潔な状態にしましょう。

うがい薬を使うとより清潔になりますね。

うがい薬ではなくても緑茶でうがいをするのも効果的ですし、水道水でももちろんOKです!

うがいをすることで口の中に水分が入り、乾燥したのどをうるおす効果もあります。

こまめなうがいを心がけましょう。

加湿+マスクの着用

部屋の中を加湿器で加湿してあげましょう。

乾燥はのどの敵です!!

湿度が低くて乾燥している状況というのは、身体に悪い影響があります。

空気が乾燥している状態は細菌やウイルスの活動を活発にさせてしまいます。

部屋の湿度調整は風邪の予防にもなるので、日頃から一定の湿度を保つことを心がけましょう。

また、マスクを着用することでも乾燥を防げます。

そして周りへのウイルスの感染も防げるので一石二鳥ですね♪

水分補給

水分補給でのどを潤しましょう。

冷たい飲み物ではなく、常温に近い水やお茶にしましょう。

冷たい飲み物だとおなかが冷えてしまいます。

また、お茶は利尿作用があるのでお茶ばかりではなく、ミネラルウォーターも飲みましょうね。

逆に飲まないほうがいい飲み物は炭酸飲料などのどに刺激が強いもの。

のどを余計に痛めてしまいますので注意しましょう。

以上がのどの痛みの緩和方法になります。

日頃から実践できることばかりなのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

夏がピークのプール熱で結膜炎が出た!? どんな目薬で治したらいい?

目薬もいろいろな種類がありますが、プール熱のようなウイルス性のものは特効薬がありません。

市販の薬で治そうとするのはやめましょう。

病院を受診することをオススメします。

では、かゆみや痛みを少しでも緩和するにはどうしたらいいのか?

  • 冷やす
  • 人工涙液の目薬を使う
  • コンタクトレンズの使用を避ける

この3つを実践してみるとよいでしょう。

冷やす

目がかゆいときは炎症が起こっているときです。

かゆくて目をこすってしまうと余計にひどくなってしまいます。

そういうときは冷やしてみましょう。

目を閉じて冷たいタオルなどを瞼の上に乗せます。

根本的な改善ではないですが、目をかいて症状を悪化させる事を考えると、良い方法だと言えるでしょう。

人工涙液の目薬を使う

市販されている目薬の中に人工涙液の目薬があり、人工涙液は結膜炎の悪化を緩和することができます。

結膜炎を原因とする目の乾燥を防いでくれたり、結膜炎の悪化などの原因となる物質を流してくれたりします。

ただ、プール熱が原因の結膜炎は、ウイルス性なので人工涙液で洗い流せば治るわけではありません!

きちんと病院を受診しましょう。

コンタクトレンズの使用を避ける

コンタクトレンズは目がかゆかったり痛かったりするときに使用すると余計な刺激になってしまいます。

なるべく眼鏡で対応しましょう。

以上の3つを実践してみましょう。

これ以外にも、安静にして目を休めることも大切ですよ。

まとめ

病院にすぐに行けない時は以上のような緩和方法を試してみてください。

少しは楽になれるでしょう。

ただし、プール熱はウイルス性の病気ですので必ず病院を受診し、薬を処方してもらいましょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする