富士山初日の出登山は初心者にはかなり危険?諦めるべき?!

日本一の山、富士山からの初日の出を見たい!
登山が好きな人ならちょっと興味が湧いたりしますよね。

きっと登れるからいってみたいと考えることでしょう。
しかし日本一高い、富士山。
夏場でもかなり登るのに苦労するのですが、冬場の富士山に登るのは初心者には可能なのでしょうか?
諦めるべきなのでしょうか?

いろいろな観点から富士山での初日の出について説明いたします。

スポンサードリンク

富士山初日の出登山 大晦日の山はどんな状況?


3776mもある富士山。
誰もが知っていると思いますが、日本最高峰です。

2013年6月に世界文化遺産に登録され優美な風貌は世界の人々に日本の象徴として知られています。
毎年7月1日の山開きから9月7日の山じまいまでに30万人を越える国内外からの登山客が頂上を目指します。

しかし冬季間の登山は禁止されており、山小屋は何処も営業していません。
スバルラインも通行止めの状態です。

年末年始、それこそ初日の出を見ることができるこの時期に登山はできないことになっています。
5合目までは車で行くことは可能ですがそこからは閉鎖されているので、登っている人はそれを無視して突破していってるということなんですね^_^;

富士山頂は、10月には雪が降ります。
山頂が気温-30度になり、冬の富士山はエベレストと同じ気候だとも言われています。
さらに富士山には風を避けるものが存在しません。最大風速50m以上、テントも中の人も一緒に吹き飛ばす強風が吹いています。

しかし登ってはいけないことはないので、どうしても日本の最高峰富士山と一緒に拝む初日の出を是非という人がいれば、警察に届出を提出し自己責任に任せられ登ることは可能です。

ただ、やはり登りたいと考える人は多いのですが、実際に上る人はかなり少なく、おおよそ毎年10人弱ぐらいしかいないようです。

富士山初日の出登山は初心者でもできるの?


冬の富士山の登山は危険であると知った上で登ることは現実的には可能です。
ただ閉鎖するほど危険ということなので 富士山に初日の出を見るために登山することは初心者にとってはかなりの危険を伴うということを覚悟しなければならないです。

軽い気持ちで行って命を落す可能性は高いということを覚えておいてください。

滑落死や転落死。
なだれにのみ込まれることや凍死などの危険と隣り合わせ。

とにかく天候に左右されやすい山。
しっかりと天気の情報収集をすることや、危険時の対策、温かい服装の準備はどうしたらいいのか、いろいろと調べて準備することが必要になります。

とっさの時の判断が瞬時にできなければ、命を落す危険はかなり高くなってしまいます。

危険性から考えると、初心者の人が登るにはかなりハードルが高いです。
それでもどうしても登りたいと考えるなら、夏場から何度も何度も富士山を登り、訓練が必要になります。

とっさの判断を委ねられることもあります。
自分で物事を判断していく力も必要ですし、中間との信頼関係も気付いていなければならないです。
初心者の富士山初日の出は、かなり危険です。

スポンサードリンク

富士山初日の出登山はかなり危険だけどいく価値あり?

富士山から初日の出を見ることはすごい達成感と、日本一高い山から眺められるという特別感があるので、見る価値は絶対にあるのですが、登頂までいくのにはかなりの危険を伴います。

危険を伴ってまで富士山の初日の出を拝みにいくのかと、不安を持つのであれば周辺にあるお勧めの山を登ってみるのもおすすめです。

富士山という日本一の山とは違いますが、富士山の山頂に登らなくても近隣の少し低めの山頂から見る景色も間違いなく達成感を感じ、大満足の初日の出になるはずです。
また違う山から富士山を眺めみることもとても素敵な状況ですよ。

竜ヶ岳(山梨百名山)

本栖湖の南側にあり、ここの山頂からは元旦にダイヤモンド富士が見られるということで、新年は大人気の山。
また対斜面からは南アルプスを一望できます。
登山者用の駐車場から中腹展望台までは徒歩1時間10分程度。
中腹展望台から山頂までは徒歩1時間程度です。

身延山(山梨百名山)

山梨県身延町にある山で、日蓮総本山久遠寺があり山頂の初日の出を拝もうと全国から初日の出をみにたくさんの人でにぎわいます。
身延山の山頂まではロープーウェイで行くこともできます。
1月1日から3日までは初詣早朝営業。

石割山(山梨県)

石段を400段登っていきます。
途中石割神社には巨大な岩があり、この岩の割れ目を3回通ると幸運が開けるといわれていて、山頂からは正面に富士山が眺められます。

まとめ

山に登って初日の出をみることは、とっても達成感を感じますが、その危険性はしっかりと頭に入れ、少しでも不安を感じるのであれば近隣の山にチャレンジするのもまた良い選択となるはずです。
素敵な初日の出を見るためには、安全を確保することが大切といえるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする