はがき値上げ後に年賀状を私製はがきで出す際の年賀切手注意点とは?

大切にしたい日本の伝統のひとつ、年賀状。
最近はわざわざ年賀状を書かなくても、
メールやLINEで簡単に新年の挨拶ができてしまう時代ですね。

そんな時代でも元旦にポストを見に行くのが楽しみで、
数枚でも年賀状が入っているとすごく嬉しいものですよね。

だから今年こそちゃんと元旦に届くように書こう!と気合いを入れていたら
なんと、はがきが値上がりしたんですって!
知らなかった!!!

今年は手作りのはがきで年賀状を作ってみようと思っていたのに、
切手は何円分貼ったらいいの?
年賀はがきも値上がりしたの?

わたしと同じようにたくさんのハテナが浮かんだあなたのために、
わかりやすくその答えをお伝えしますね^^

スポンサードリンク

はがきの値上げによる年賀状への影響は?


2017年6月、約23年ぶりにはがきが値上がりしました。

その理由はやっぱり『手紙ばなれ』なのですね。

このフレーズ、ちょっとさみしくなりますが、わたしだってはがきを使うのは年賀状か
懸賞に応募するときくらいです。

でも値上げしてしまうと、もっと『手紙ばなれ』が進んでしまいそうですよね。

値上げするなら年賀状もやめとこうかな、なんて考える人も多そうですね。

でもちょっと待ってください!

年賀はがきは値上げしないそうですよ!!!

毎年12月15日から翌年1月7日までを「年賀特別郵便」期間としているそうで、
この期間内であれば、現行の52円はがきで年賀状を送れる
んです。

でも、なんで年賀状は値上げしないのでしょう?

「年賀はがき」は、一定期間にまとまってたくさん配達されるので大量生産と同じようなイメージで、コストがかかりにくいようです。
年賀状の集配は黒字なので、年賀はがきは値上げしないということです。

年賀状を私製はがきで出す際は年賀切手を何円分貼ればいい?

年賀状を私製はがきで出すとき、結局切手を何円分貼ればいいの?
って思いますよね。

先ほどもチラッと書きましたが
12月15日から翌年1月7日までの間は「年賀特別郵便」期間なので、
52円分の切手を貼っていただければ大丈夫!

ただ上記の期間外だと普通の郵便と同じ扱いになってしまうので、
62円分の切手を貼る必要があります。
ご注意下さいね。

ちなみにどうしても元日に届けたい場合は、12月25日までにポストへ投函しましょう^^

スポンサードリンク

年賀状を私製ハガキで出す際は年賀の表記は必須?!

ここまでで、

・ 年賀はがきは値上がりしないこと
・ 私製はがきでも期間中であれば切手は52円分でいいこと

が、わかりました。

これでバッチリ!もう大丈夫!!!

と思ったら、
もうひとつ、気を付けなければいけないことがありました。

それは

「年賀」

と表記することです。

私製はがきに切手を貼ればOKかと思いきや、切手を貼る場所の下に

「年賀」

と、『赤字』で『大きく』『はっきり』と『縦書き』
記入する必要があります。

これは、手書きでも印刷でも判子でも問題ないそうです。
ちなみに郵便局へ行くと「年賀」のゴム印が置いてあるそうなので、枚数が多いときはそれを使わせてもらうのもいいですね。

ところでみなさん、「年賀切手」というものをご存知でしたか?
お恥ずかしいことに、わたしは知らなかったんです。

年賀切手は干支のイラストが書かれていて、これなら私製はがきでもグッと年賀状の雰囲気が増しますね。
しかも年賀はがきのように、お年玉くじ付きの年賀切手もあるんです!
お年玉くじの当落を調べるのが、年賀状をもらったときの楽しみのひとつですよね。

年賀切手は、
お年玉くじ付きのものは、55円(3円分の寄付金込み)
お年玉くじが付いていないものは、52円です。

ちなみに、
年賀切手を貼った場合でも

『年賀』

の記入は忘れないでくださいね!

それともうひとつ、

私製はがきを発送するときは、表面(宛名を記入する面)の上部中央(宛先の郵便番号を記入する場所の上)に

「郵便はがき」または「POST CARD」

と記載する必要があるそうです。

色は、黒でも問題ないようですが、
赤で書いておく方が、わかりやすくて良いですね。

この記載がないものははがきとして配達してもらえない可能性があるので、必ず確認してください。

そして最後にポストの「年賀状」と書かれている方に入れてくださいね!!!^^

まとめ

よし今度こそこれでバッチリですね。
私製はがきで年賀状を送るときの注意点は

・ 年賀はがきは値上がりしない
・ 12月15日〜1月7日の間は52円分の切手で年賀状を送ることができる
・ 「年賀」と赤字で大きく記入する
・ 「郵便はがき」または「POST CARD」と記載されているか確認する

でしたね!

年賀はがきを使うよりすこーしだけ手間はかかりますが、あなただけのオリジナル年賀状で素晴らしい新年の挨拶ができるはずです。

最高の年賀状ができますように。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする