余った年賀状 62円に郵便はがき値上げ後はどうすれば使える?

2017年6月1日に日本郵便の料金の変更が行われ、郵便はがきの料金が52年から62円と10円も上がりました。

いよいよ年も終わりに近づき、11月1日より発売が開始される年賀状。

昨年どおりの枚数を買うことは可能なのでしょうか?
昨年の余った年賀状もまだ残っていて、郵便はがきの値上げ後はどうすれば使えるのでしょうか?
料金の改定に伴い考えることがたくさんです。
そこで年賀状の利用方法等についてご説明させていただきます。

スポンサードリンク

余った年賀状 はがきは62円に値上げされたけどそのまま使える?

2017年6月1日から料金が52円から62円に値上がりした郵便はがきですが、そろそろ来年の年賀状の準備を始める時期に突入します。

しかし昨年の年賀状も数枚残ってる人も多くいますが、このまま52円の料金のまま使える方法はあるのでしょうか。

今年度2017年11月1日から発売される年賀状は一枚52円で発売となっていて、年賀状としてこの52円で使用できる期間は12月15日~2018年1月7日の間だけです。

そしてなんと2017年やそれ以前に購入した年賀状も同様に、上記の期間はそのままの52円で使用する事ができるんです。

12月15日から翌年1月7日の間に差し出されたものについては、2017年用年賀はがきを使用した場合も、52円となります。それ以前に発行された年賀はがきについても52円でお出しいただけます。

※参考 http://www.post.japanpost.jp/question/212.html

また通常はがきの表面に「年賀」の朱書きされた私製はがきでも、12月15日~2018年1月7日の間は52円で利用ができます。
はがきの見やすい場所に書いてくださいね。

12月15日~1月7日の間に私製はがきを使用して年賀状を差し出す場合、「年賀」の朱記がないものは通常はがきの料金(62円)の適用です。
一般の郵便物として年内のお届けとなる場合があるので、気をつけましょう。

また1月8日以降に年賀はがきを差し出す場合の料金は62円となります。
なるべくなら、1月7日までには使い切りたいところですね。

郵便はがきが値上げなら余った年賀はがきもシーズン以外は52円じゃダメ?

大量に購入して余ってしまってしまった年賀状、シーズン以外では52円では利用ができません。
1月8日以降に年賀はがきを差し出す場合の料金は62円です。
10円分の切手を貼り足すことで使用できます。

1月8日以降に52円の年賀はがきを大量に差し出す場合、不足料金を現金で一括で支払うことはできないので、1通ずつ不足料金分の郵便切手(10円分)を貼り足して私用します。

12月15日から翌年1月7日の間に、表面の見やすい位置に「年賀」の文字を明瞭に朱記した私製はがきを差し出す際、年賀はがきの料金(52円)が適用されるのにもかかわらず、間違えて62円の切手を貼ってしまうミスをおかしてしまった場合は、差し出された日から1年以内に配達の業務を行っている郵便局で差出人様より所定の手続をすれば、多く支払われた分の料金を切手または現金で返金されます。
手続きには当該郵便物、および差出人様本人であることが確認できる書類(免許証等)が必要です。

スポンサードリンク

年賀状の余りはこうすれば更に無駄なく使える!

年賀状を購入するとき、余ったら懸賞に利用したり投稿記事に利用したりしようと考えて、多めに購入したりしませんか?
でもちょっと多く余ったら、どんどんとたまってしまいどうしたらいいのかと困ってしまっている人もいるかもしれませんね。
そこで年賀状のあまりが無駄なく利用できる方法をご紹介します。

書き損じた年賀状は郵便局で交換する

書き損じたり、余った年賀状は郵便局で所定の手数料(1枚5円)を支払えば、通常切手や郵便はがき、郵便書簡、特殊封筒(レターパック封筒など)と交換できます。
現金には換えられないのですが、期間関係なく交換できるので自宅の中の余ったはがきや書き損じた年賀状を郵便局に持っていってみましょう。
昨年の年賀状を今年の年賀状に交換することもできませんが、その年の年賀状であれば期間内なら、その年の年賀状に交換してくれます。
要は書き損じた場合、期間内に持っていけば新しい年賀状に交換してくれるということ。
無料交換期間は、年賀状の販売開始日から販売期間終了日までです。
書き損じは早めに行くようにしたほうがいいかもしれませんね。

近親者の不幸による服喪で使用できなくなった場合は手数料なしで交換可能

通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)、郵便書簡特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)に交換してくれます。

金券ショップで換金

余った年賀状を金券ショップで買い取ってもらい、現金にすることができます。
しかし価格は変動しますので確認してからのほうがいいかもしれませんね。
未使用の年賀状の販売期間内での引き取り価格の相場は、年賀状一枚あたり35円前後です。

寄付という形で書き損じ、未使用はがきを利用し国際協力活動に参加

はがき10枚(400円)で、家事使用人として働く少女たちの読み書きの授業を1回開催できます。
はがき25枚(役1000円)で、家事使用人として働く少女が料理教室1回分の食材を買うことができます。
書き損じたはがきをNPO法人が切手シートに交換し、金券ショップで換金。
買取額が国際協力活動への寄付になります。

まとめ

年賀はがきの金額も料金改定のため、2018年1月7日を越えると高くなります。
毎年ぎりぎりに年賀状を作成し、年賀状が着いてからお返事する人も多々いましたが、今年度に限り1月7日までにポストに投函するようにすることで、52円で利用ができます。
できるだけ早めに書き上げ、投函したいところですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする