お歳暮を親に贈るのはマナー?贈る場合の時期と相場の疑問を解決!

%e7%be%a9%e5%ae%9f%e5%ae%b6%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

お歳暮時期になると今年は誰に贈ろうかと考え始めますが、
特に結婚して初めてのお歳暮となると頭を悩ませるのではないでしょうか。

夫婦としてのお付き合いはまだそこまで広くないと思いますので、
最初に思いつくのが両家の両親。

今回は「両親には贈るの?」という疑問解決の参考になる記事をご紹介します。

スポンサードリンク

お歳暮を親に贈るのがマナー?

はるか昔の起源とは意味が変化したお歳暮ですが、
現代の贈る目的は “日ごろお世話になっている人へのお礼の気持ち” です。

結婚して独立すれば今までお世話になってきた
親への感謝の気持ちがはっきりと感じられるのではないでしょうか。

贈らなければいけないという訳ではありませんが、
大人のマナーとしてそういった気持ちの表現を
お歳暮として贈られると嬉しいもの
です。

実際には面倒くさいので贈っていないという声もよく聞きますが、
自分の気持ちはどうなのかで考えてみてくださいね。

ただ自分がしたいと思っても
お歳暮のやり取りをする習慣のない家庭もあります。

双方の両親がどうなのかを確認し、
かえって迷惑にならないようにすることも大切。

お礼状などといったやり取りも煩わしいという両親に
贈ってはありがた迷惑という事にもなりかねません。

そこは夫婦でしっかり確認後
話し合って決める必要があります。

また他の兄弟姉妹が実家に贈っている場合、
あわせて贈っておいた方が無難です。

「あちらからは来ているのに
こっちからは届かない。
気が効かない!」

なんてことにもなり得るので
金額は無理をしなくてもよいので
何か贈っておくほうが得策と言えますね。

お歳暮を親に贈る時期はいつ?

季節の挨拶なので、贈るタイミングは大切です。

正式には “事始め” であるお正月を祝う準備が始まる
12月13日から12月20日までに贈るものと言われています。

ただ最近では11月末頃から贈られるようになってきました。

また地域によっても異なります。

■関東 ⇒ 12月初旬から12月31日
■関西 ⇒ 12月13日から12月31日

実際には忙しい時期である年末ぎりぎりに届くと迷惑になることも多いので、
できれば12月20日くらいまでに送っておく方がよいでしょう。

ただお正月用に生鮮食品を贈るのであれば、
事前に連絡しておいた上でなるべく遅くに届くようにしておくと
気が効いてますね。

スポンサードリンク

お歳暮を親に贈る場合の相場とおすすめの品は?

贈るとなると気になるのが金額ですよね。

だいたいの相場をリサーチすると
3000~5000円が多いようです。

出産祝いなどのように決まりはないので
気持ち次第といったところもありますが、
この辺りの金額内で無理のないように
贈っておくのがよいでしょう。

そしてもう一つ悩むのが何を贈るか。

聞きやすければ何がいいか確認しておくのが一番ですが、
そうはいかない場合は困りますね。

Point!基本は残らない消え物にしましょう。

食べ物は好みがあるので難しいですが、
おすすめするのは『お米』

どの家庭でもお米は食べますよね。

贈りものですから普段は買わないちょっと高級なものや無農薬など
こだわったお米を選ぶととても喜ばれます。

他には『じゃがいも』

お米同様にたいていの家庭で使われる食材です。

どちらも重くて買いづらい物ですし、
迷惑を掛けることにはならない品ですのでかなりおすすめです。

まとめ

両親にお歳暮を贈る事は今までの感謝を表現する意味で
とてもよい方法です。

夫婦でどうするか方針を話し合ってから
まずは一度贈ってみましょう。

相場の金額を参考に負担にならない金額で十分です。
心のこもった贈りもので、よい親孝行となるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする