お歳暮の時期 関西はいつ?常識をおさえてマナー違反回避!!

一年間お世話になった方へお礼のために渡す ”お歳暮”。

社会人デビュー、結婚などではじめて贈る際に気になるのはやはりお歳暮のマナー、一般常識ですね。
お世話になっている大切な相手だからこそ失礼のないようにしたい。
また一般的なマナーに加え関東と関西での違い、そしてプラスαで知っておくとより良い情報をお伝えいたします。

スポンサードリンク

お歳暮を贈る先によって届ける時期のマナーは異なるの!?

一般的なお歳暮の時期は12月10日~20日です。
ですが関東と関西では少し贈る時期に違いがあり、関東の方へ贈る際は早いと11月下旬、12月頭ごろから20日にかけて届くよう手配される方が多いようです。

一方関西では12月13日以降に贈ることが望ましいとされていて、12月13日は「事始めの日」というお正月の準備を始める日なので、関西在住の方やマナーに厳しい方、上司などの場合は失礼の無いようにこの13日以降に贈るとまず間違いないでしょう。

ですがあまり年末遅くになってしまうと今度は、新年の準備などで留守がちになり受け取りが困難にもなりえます。
できれば20日までには着くようにしておけばそのような事態を避けられますので、早めに申し込みを済ませるようにしましょう。

通常10月中旬からお歳暮商戦がスタートするので、先延ばしにしてあわてる事が無いよう早めに準備できるとより良いですね。

お歳暮を贈る際に守っておきたいマナー 関西ではどうするの?

まず地域関係なしに大切なことは ”可能な限り事前連絡をしたうえで訪問し、直接贈ること” です。

便利になり宅配便などで贈る方も多いですがやはり、お世話になった方へ感謝の気持ちを伝えるには直接出向く方が心がこもっていると感じられます。

もしも先方が忙しかったり、遠方で訪問が難しい場合には物だけを送りつけることはせず、必ず電話等で一年のお礼、訪問が難しい旨を伝え、都合の良い配送日時を聞いてから贈るようにすると先方に失礼も無くとても丁寧な印象を持ってもらえます。


関西で特に気をつけるべきマナーがあるとすれば、やはり贈る時期です。
手続きを後回しにしていると希望の日時に贈れない!という事態になりかねないので、早めに申し込むようにしておきましょう。

もうひとつ、お歳暮には必ず熨斗(のし)をつけてもらうこと。
カタログなどではわかりやすく記載してくれているはずですが、百貨店等に出向いて自分で購入する際は「お歳暮の贈答品です」と伝えれば適切な熨斗を店員さんがつけてくれますので、熨斗についてあまり知識がなくても安心です。

スポンサードリンク

お歳暮の贈り物 喜ばれるコツは?

マナーは分かったけれど、今度はどんなものを贈ればよいのか!?
どのくらいの予算で準備したらいいのか?気になりますよね。

まず予算は3000円~5000円程度が一般的です。

贈るものとしては時期にもよりますが、早めに贈る際には ”日持ちのするもの”、年末近くに送るなら生もの(カニや肉類)でも喜ばれるでしょう。

小さなお子さんがいらっしゃるようならお菓子やジュースも◎

こういうものじゃないとだめ!!という決まりはないので、ここはあくまで “相手が喜びそうなもの” をあなたなりに考えて贈ればきっと喜んでくれるでしょう。

まとめ

はじめてのお歳暮、わからないままなんとなく贈るとかえって失礼にもなります。

あくまで感謝の気持ちを伝えるものなのに、どうしてそんなガチガチにマナーにこだわらなきゃいけないの・・・?なんて疑問に思う人もいるかもしれません。

でも、こういったことがきちんとできるかできないかで、自分の評価はずいぶんと変わります!!
新しい年もまた良い関係を築いていくためにも、マナーに気をつけることは大切ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする