貝塚山中のそぶら山荘と愛のパン初体験!リピート必至の癒しスポット

貝塚の『ほの字の里』に行った帰りにちょっと気になる『愛のパン』の看板についつい引き寄せられ、立ち寄ったそぶら山荘。

絶対またゆっくり来よう!!と夫婦で盛り上がったほど素敵な癒しのスポットでした。

スポンサードリンク

貝塚のそぶら山荘はおしゃれで大人もハマる

パンと来ればチェックしてみたくなるパン好きな私。

ほの字の里の帰りにちょっと覗いてみるだけのつもりが、二時間も滞在してしまいました。

ほの字の里の記事はこちら
『貝塚のほの字の里で遊んだ感想。廃校になった跡地に温泉や遊具が嬉しい♪』

その理由は、ただのパン屋さんだと思いきやカフェがあったり大きな野外ステージや、子供から大人まで楽しめる遊具が森の中にあるという驚きの展開だったからなんです。

そして意外と知る人ぞ知ると言った感じで、もう夕方だというのにお客さんもわりといて、みんなまったりと過ごされていました。

そんな雰囲気に我が家も乗せられ?、つい散策したりカフェで食事をすることにしてしまいました。
本当は大急ぎで家に帰って晩ご飯を家で食べようと思っていたのですが、急遽予定変更^^;

手書きで雰囲気あります~

こんな感じで結構無造作にパンが置かれています 笑

ここのパンは小麦ではなく米粉が使われているのが特徴で、店内にある石窯で焼かれています。

またカフェで出されているフード類も、石窯料理が売りになっています。

この時はまだ家に帰って晩ご飯を食べるつもりだったので、どうしても気になるこの3種のチーズパン一個だけ買いました。

夕方4時くらいだったせいもあり、種類はそんなになかったですね^^;

塩パンやクランベリーたっぷりのパンなどがありましたが、チーズバカなので一個500円というなかなか強気なお値段にちょっと清水から飛び降りる気分もしつつ、期待感が高まりました♪

断面はこんな感じ~

パン生地は米粉でできていてもっちり。

そして表面のチーズがこんがりでおいしかったです♪

お目当てだったパンをチェックした後は、お店の周りを歩いて見ました。

すぐ横に川が流れていて、階段で下りれるようになっています。

夏はいいですね~(^^)

ゴールデンウィークでも下に降りて、釣りをしていた少女たちがいました。

子連れにはかなり嬉しい、室内の遊具コーナーもありましたよ。

遊具の種類からするとまだ小さな赤ちゃん向けですね。

山を少し上がるとボルダリング?ができる滑り台があり、大人も本気で登っていました 笑

山の中には至る所にベンチがあって、大きなステージも設置されていたので気候が良い時には野外でライブあるんでしょうかね。

夕方は照明があってとっても雰囲気が良く、すっかり気に入ってしまいました。

残念ながら写真はないのですが、一番はまったのが巨大なブランコ!

子供が乗るものだと思っていたのですが、やたらとパパが面白そうなので私も乗ってみたところ、なるほど!!かなりすごいです。

小さな頃公園で乗ったようなブランコのスケールとは訳が違う、壮大なブランコとでもいいましょうか 笑

もし行った時は、ぜひ恥ずかしがらず絶対に乗って下さいね~。

アルプスの少女ハイジになれます(*^_^*)

で、すっかりこの雰囲気に乗せられてしまった私達はカフェで晩ご飯を食べようという事で一致。

石窯料理を頂く事にしたのですが、メニューはこんな感じ。

注文したのはこのお店の目玉っぽい『石窯焼き米粉ピザ』と

『森の熟成(石窯)焼きカレー』

ピザは1800円くらいしましたが、なんとお姉ちゃんが四分の一を落としてしまうという悲劇が、、、、大人は絶句(*_*;

もったいな過ぎる~としばらく苛立ちが治まりませんでしたが、私は大人、と唱えながら気持ちを静めました 笑

それはいいとして、お味はですね、具はキノコやアスパラガスなんかが乗っているお家で作る時にありそうなトッピングでホッとする感じ。

ピザの生地は米粉を使ってる事もあり、いつものピザとは全く違ってかなりもっちり?

ちょっとピザ生地には無理があるかな~、、、

どっしりしっかりした生地で、もっちりよりねっちりとも感じる人もいるかもですね。

焼きカレーは普通においしかったです(^^)

あとはさっき買ったパンも、店内に置いていたトースターで温めて頂きました。

テーブルは屋外で川を見下ろせるところだったので、とっても気持ち良かったです♪

店内はかなり広々していて、各週末のランチタイムにはライブもあるみたいなので、またそれ目当てできてみたいなと思います。

スポンサードリンク

まとめ

今回は駆け足での滞在になりましたが、子供たちも気に入ったので絶対再訪決定です。

また、このそぶら山荘よりもっと奥に大人も泳げるらしい渓流があるとのことなので、そこもいつか行けたらご報告したいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする