お歳暮のお返しは必要?義実家から貰った場合お礼はどうする?

寒くなってくると忘れずに準備をしなければと思う事の一つがお歳暮。

独身の時には贈る習慣はあまりないと思いますが、
結婚すると無関係ではなくなってきますね。

よく迷われるのが『お返し』。

こちらが贈っていなくても突然届いたお歳暮に対して
どうしたらいいのかをご紹介します。

スポンサードリンク

お歳暮のお返しはそもそも必要ない?

お歳暮の起源はお正月に先祖の霊を迎える
御魂祭りでお供え物や贈り物をした日本古来の習わしでした。

%e3%81%8a%e6%ad%b3%e6%9a%ae%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88
それが現代では日ごろお世話になっている方への
年末のご挨拶の為の贈りもの
として認識されています。

そして相手に自分の感謝の気持ちとして贈る物ですので、
それに対して贈られた側がお返しをする決まりはないと言われています。

例えば

  • ビジネスの関係での得意先
  • 普段お世話になっている上司
  • 習い事の先生
  • 仲人をしてもらった方

基本的には贈られた側はお返しはしていません。

頂いたらお礼状などでお礼を伝えるのが一般的な方法です。

お歳暮のお返しを義実家にするべき?

結婚後に親同士がお歳暮のやり取りをするようになる事も多いです。

突然義実家から自分の両親の所へお歳暮が届いた場合、
お返しをしなくても良いと聞いたことがあっても
どうしたらいいか迷ってしまいます。

近い身内での人間関係だと贈ったのにお返しがないと
失礼だと感じる人も多くいますので、
お返しの必要がない風習であっても
人間関係を円滑にするために贈っておく場合が多いようです。

実際に人の認識は地方によってさまざまですので、
これが正解と簡単に結論が出るものではない問題ですが、
特に義実家との関係を気にするのであれば
やり過ぎといった事にはなりませんので、
贈っておくことが無難といえます。

もしくは本来ならいらないお返しとはいえ、
気持ちの上でどうしてもこちら側からも何か贈りたいのであれば、
年が明けてから1月7日(松の内)までのお年賀
1月8日から2月3日(立春)までの寒中見舞いとして
贈るのも一つの方法です。
どちらも最終日には届くようにしておきましょう。

またご家庭によってはそういったやり取りを
煩わしいという考え方の場合もあると思います。

そういう場合は初めのうちはお返しをしておき、
折を見て辞めるようにしていくと良いでしょう。

Check 両親同士が言うと角が立つと気になるのであれば

子供たちがそれぞれの両親に辞める提案をしてみたり、
年始に各実家に挨拶に行く際に
自分達が何か御挨拶の品を持っていくので今年はもういいなどと、
気まずい思いをさせずに自然となくすようにするのも一案です。

一般的なマナーとしては

  • 頂いた倍の金額の物を返す
  • お礼状にて感謝の気持ちと共に今後お歳暮を辞退したい旨を書き添える
スポンサードリンク

お歳暮のお返しの他にお礼は必要?

お歳暮のお返しをする場合、
お返しを贈ることでお礼としている事もよくみられますが、
通常であればお礼状を書くのがマナーなので
ただお返しをするだけではなく、
お歳暮が届いたらできるだけ早いうちに
頂いた方へお礼の気持ちを伝える
事は気持ちの良いことです。

親しく付き合いをしている間柄なら電話を掛けても良いですが、
通常はお礼状が正式なマナーです。

ハガキより便せんで書く方が丁寧ですが、
目上の方でなければハガキでも失礼にはあたらないので
そこまで気にする必要はないです。

届いてから2~3日以内には投函しましょう。

お返しをしない事が常識の範囲内であれば気にならないという場合は、
お礼状だけでも構いません。

まとめ

お返しは基本的にはする必要はないとされています。

ただ身内でのやり取りの場合、
そこは人との気持ちのやり取りにも関係してきますので、
お返しをしておく方がよいこともあります。

金銭的にもこれからのお付き合いの度合いなどを含め、
無理のない範囲で判断する必要があります。

そしてお返しするしないどちらにしても
頂いたらできるだけすぐお礼の気持ちを相手に伝えましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする