母の日の義母へのプレゼントで人気なのは?文句?喜ぶ?今年はどっち?

結婚すると母が二人になり、母の日には義母へもプレゼントを贈っている人は多いと思いますが、やっぱり実母ではないので何を贈るか少し気を遣いますよね。

意外と贈ったものに文句を言われたなんて人もいるようですが、そうなると更に悩んじゃいますね。

そんな時ちょっと気がラクになる情報や、文句を言われないためのコツなどをお伝えしちゃいます。

スポンサードリンク

母の日の義母へのプレゼントで人気なのは?

一般的に母の日に義母へ贈るプレゼントってどんなものが人気なのでしょうか。

1位  食事

2位  旅行

3位  洋服

4位  鞄

5位  スイーツ

上記が贈る側の人気順位なのですが、これまでこの中のどれか贈った事があるんじゃないでしょうか?

1位の食事や旅行はコミュニケーションが取れる事をきっと喜んでくれるだろうという考えのもと、選ばれる事も多いようですね。

世の中こんな感じでみんな贈ってるという事で、参考にして下さいね。

そして贈られる側として嬉しいものは、結構意外です。

1位  スイーツ

2位  食事

3位  アクセサリー

4・5位 洋服・鞄

みんなで豪華なお食事はもちろん嬉しいけど、やっぱり女性、自分好みのスイーツをもらえるともっと嬉しいみたいですね。

アクセサリーも上位に入ってきていますね。
これもなかなか好みがあるのではずすと痛そうな気もしますが、結構喜んでいるお母さんが多いのですね。

毎年同じパターンで贈ると決めている人もいて、実際その方が贈る側も贈られる側も定番となってわかりやすいのを良しとしているパターンもありますが、そういう場合はしっかりと義母の好みがわかっていて「これなら大丈夫」ってとこに落ち着いているとも言えますね。

一般的な声はこんな感じなんですが、いかがですか?

いつもダメ出しされるけど、「そんな非常識なもの贈ってなかったんだ」なんて少し安心しましたか?

「なんでうちの義母は普通に贈っているのに文句ばっかりなの?」という気持ちになった人もいるかもしれませんね^_^;

義母が母の日の贈りものに文句を言う?!

冒頭でも触れましたが、そうなんです、結構母の日に良かれと思ってプレゼントしたけど文句や嫌味を言われるという人、多いんです。

それも毎年。。。

確か前にこれ好きっていってなかったっけ?というパターンもあったりして、いったいどうなってるんだ?と言う声もちらほら、、、、

なかなか大変そうです。

実はこういうパターン野場合、うすうすお気づきかもしれませんが、もう何をプレゼントしても言われちゃうんですね。

何か言いたいんです^_^;

その理由はズバリ

お嫁さんからのプレゼントだから。

要は単純にやきもちからくる言動なんです。

正直プレゼントしている側からすると腹も立ちますが、こういうタイプの方がいらっしゃるのは確かですし、ましてやこれからもずっとお付き合いしていかないといけない人です。

目くじら立てる訳にもいきませんし、そういうタイプの人との関係を拗らせても何の得もありません。

正論は関係ないというか、感情の問題って難しいです。

かわいいやきもち!と思ってやり過ごすのが一番平和です。

そしてもう割り切って自分のあげたいものを気楽にあげればいいんです。

何を贈っても何か言われるのですから、気にしても仕方ありませんよ~!

スポンサードリンク

義母が喜ぶプレゼントっていったい何?

何を贈っても文句を言うタイプの義母を持った場合、もう気にせずに贈ればいいのですが、やっぱりいちいち何か言われるのも正直嫌ですよね。

そこで義母がきっと喜ぶであろうプレゼントの方法を伝授。

要は文句を言うのはお嫁さんへのやきもちからくるもの。

だとしたら、義母の息子である旦那さまの出番!

協力的な旦那様であれば一緒に何がいいか選ぶのもありですが、結構めんどくさがりの人も多くて我関せずタイプの人なら、いくつか候補を出してどれがいいか最終決断を旦那さまにしてもらいましょう。

そして義母へ手渡しするなら、第一声で「今年は○○さんが選んでくれました。」と言って下さいね。

もし郵送であれば、表書きと贈り主は旦那さまの名前にしてしまいましょう。
メッセージが入れられるのであれば、旦那さまが選んでくれた事を書いておくと尚よし。

それでも手ごわく何かと言われる可能性もありますが、選んだプレゼントに対しての文句はかなりの確率で回避できると思いますし、ぜひお試しあれ♪

まとめ

なかなか難しい母の日のプレゼント選びですが、義母となるといろんな意味で更にハードルが上がりますよね。

何を言われても一年に一度の事と気にしないのが一番ですが、できればいろいろ言われたくはないですからね、ぜひ旦那さまに活躍してもらいましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする