母の日の花の選び方 アレンジメント、花束、鉢植えどれにする?

母の日にいざお花を贈ろうと思ってみても、実はいろんな種類があります。

花の種類はもちろんですが、贈り方のスタイルもさまざま。

贈られる人のタイプによってそれぞれ向き不向きがあるので、せっかくの花のプレゼントを喜んでもらえるように、お母さんにピッタリの形で贈ってあげて下さいね。

スポンサードリンク

母の日の花の選び方は?

母の日1

母の日の花の選び方は冒頭でもお伝えしたように、贈られる人の性格を見極めて贈る事がポイントです。

例えばずぼらさんタイプのお母さんが鉢植えのお花をもらったら、、、、すぐに枯らしちゃう可能性大ですよね。

部屋に毎日お花を飾りたいエレガントなお母さんだったら、花束を贈るときっととっても喜んでくれるはず。

一般的なお花をプレゼントする時のパターンは3つ。

・花束(ブーケ)
・フラワーアレンジメント
・鉢植え

お母さんの性格をちょっと思い返してみてから選ぶようにしてみてくださいね。

では、次章からはお花の贈り方の具体的な特徴について見ていきましょう。

母の日の花 アレンジメントと花束の違いとは?

お花のプレゼントと言っても、花束、フラワーアレンジメント、鉢植えが代表的な贈り方としてあるとお伝えしましたが、鉢植えはともかく結構混乱するのが花束とアレンジメントの区別。

【花束】

読んで字のごとく切り花を束にしたもので、昔はこれが定番でしたよね。
もらったら花瓶に移し替えて楽しみます。
こまめに水を替えないとお花が傷んでしまいますので、少しマメさが必要ですが難しくはないので誰でも気軽に楽しめます。

<メリット>

手軽に贈りやすく、もらった側も自分の好みで生け替えることもできるので自由度が高いのが楽しいですね。
また大きくゴージャスな感じが、特別感を醸し出せます。

<デメリット>

花瓶がないと困る点と、花瓶があったとしても大きさも問題に。
普段からよくお花を飾る習慣のある人なら喜ばれますが、そうでなければかえって困らせてしまう事もあるのでその点の気遣いはあったほうがいいですね。

【フラワーアレンジメント】

バスケットや箱などの入れ物に吸水性のスポンジ(オアシス)を置いて、それに切り花を挿したもの。
見栄えが良いように花の配置などバランスを考えてデザインされるので、とても華やかで贈り物に最適と言えます。

花束のように花瓶に移し替えることなくもらったままの形で飾れるので、時々水を足さないといけませんがお手軽さもピカイチ。

ただ水を入れ替えられないため、花束よりは持ちが悪いです。

<メリット>

もらったらそのまま飾っておける手軽さ。
プロによってデザインされるのでとても見栄えが良くおしゃれ。
大きさも好みでいろいろとアレンジ可能なので、豪華にもかわいらしくも演出できます。

<デメリット>

花束よりも持ちが悪い。
花の種類によって枯れるタイミングが違うので、だんだんお花を抜いていくことで見た目が悪くなっていきます。

スポンサードリンク

母の日に鉢植えかアレンジメントか花束か?

鉢植えも候補にあがっているなら、お母さんが今まで植物を育てていたことがあるか思い出してみてください。

もし全くそういう事をしないタイプなのであれば、あえてハードルの高い鉢植えを贈るよりかは花束やフラワーアレンジメントを贈る方が絶対におすすめ。

鉢植えはお水さえあげれば花を長く咲かせてくれますが、その後どうするのかという問題が出てきます。

多年草なら花の時期が終わっても水をあげていればまた来年花を咲かせることができますが、それをずっと続けられるのかどうか。

結構花の咲いていない植物にお水をあげ続けるのは、好きでないと難しいと思います。

一方お花が好きでお庭がある、マンションでもベランダで植物を育てているお母さんならぜひ鉢植えを贈ってあげて下さい。

お庭があるなら植え替えて増やす事も可能ですし、マンションでも鉢を大きくしていけばある程度まで増やしていく事ができます。

土いじり好きのお母さんには間違いなくおすすめ。

タイプ別に分けると

【花束タイプ】

・お部屋にお花をよく飾る。
・花を育てるまではしないが、水替えくらいならできるマメさはある。
・自分で生けるのが好き。

【アレンジメントタイプ】

・めんどくさい事が嫌い。
・お花を自分で買わない。
・おしゃれなのが大好き。

【鉢植えタイプ】

・ガーデニング好き。
・花を育てるのが好き。
・花に詳しい。

まとめ

女性ならお花を喜んでくれる人がほとんどですが、贈る形によっては困らせてしまう事にもなる可能性があります。

せっかく贈るのですがお母さんのタイプを見極めて、ぴったりのものを選んで大成功させて下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする