花粉症の薬と風邪薬は同時服用要注意!!可能な飲み合わせはある?

花粉症のシーズンにもしかして風邪もひいたかも?と思う事、結構多いようですが、
そんな時薬について悩んでしまいませんか?

普段は花粉症の薬を飲んでいるので風邪薬の薬って一緒に飲んでいいのか、とても気になるところですね。

薬は飲み方を間違えると危険ですので、飲む前にきちんと安全か知っておくことは重要です。

スポンサードリンク

花粉症の薬と風邪薬の併用には注意が必要!!

辛い花粉症の症状に加えて、いつもとは違う風邪っぽい症状がでてきた!

弱り目に祟り目とでも言えそうですが、花粉症だけでも頭はぼーっとしていつもの自分ではなくなったみたいなのにのに、その上風邪とくれば当然薬を飲みたくなります。

ですが、飲む前に必ず風邪薬の成分には要注意!!

花粉症の人は病院で処方された薬か市販のものを飲んでいると思いますが、薬には危険な飲み合わせがあるので、処方された薬であれば医師に、市販薬であれば薬剤師などに併用可能かの確認をするのが一番安全です。

花粉症の薬は抗ヒスタミン薬といって、アレルギーを起こす物質の働きを阻害する成分が入っている事がほとんど。

そして風邪薬にもこの抗ヒスタミンの効果を含む成分が入っている事が結構多いのです。

だからどちらにもこの成分が入っている場合は過剰摂取となってしまって、強い副作用が出てしまう事があるので危険なのです。

まず自分がそういった抗ヒスタミンを含んだ薬を飲んでいるのかを確認しましょう。

アタラックス、レスタミン、ポララミン、アレグラ、アレジオン、アレロック、クラリチン、ザイザル、タリオン、ジルテック、エバステル

上記の薬は抗ヒスタミン薬と言われるものの例です。
これにあてはまらない場合でも抗ヒスタミン薬である可能性がありますので、わからない時は薬剤師や病院などに問い合わせて下さい。

【抗ヒスタミン効果のある風邪薬】

ルル、エスタック、コルゲンコーワ、プレコール、ベンザブロック、コンタックなど

成分としては以下のものが含まれている場合、抗ヒスタミン効果がある薬と判断できます。

・クレマスチンフマル酸塩
・クロルフェニラミンマレイン酸塩
・ジフェニルピラリン塩酸塩

またアタラックス、レスタミン、ポララミンなどの第一世代と呼ばれる薬とは解熱剤との併用も注意が必要。

解熱剤といっても風邪薬の総合感冒薬には解熱効果もあるので、気をつけましょう。

第一世代は効果も副作用も強く、解熱剤と一緒に飲むと頭痛が強く出たり脳へ悪影響を及ぼす可能性も心配ですので避けておく方がいいですが、どうしても熱を下げたい場合は薬剤師や病院に確認してからにしましょう。

花粉症と風邪 同時になったらどうする?

花粉症と風邪、同時になってしまったらどうするべきなのでしょうか。

手持ちの薬の飲み合わせが危険とわかって一緒に飲めない場合も困りますね。

本来風邪も花粉症の薬も治療をするものではなく、対処療法ってご存知ですか?

ですので薬を飲んだとしても風邪においては結局のところ、自分の体力で治していくしかないのです。

要はその時出ている症状を少しでも緩和しておいてしっかり体を休ませ、自分の体力で回復していくのを待つんですね。

そうすると花粉症が飛び続ける限り症状が出る花粉症の方が辛いのであれば花粉症の薬を飲み続け、風邪に対してはしっかり休むことで治すという考え方で大丈夫。

結局のところ抗ヒスタミン効果があるのなら、花粉症の薬でも風邪の薬でも鼻水鼻づまりなどの症状は多少は緩和されるはずなので、どちらの薬を優先しなくてはいけないということもありません。

風邪はしっかり休むことが大切なので、眠れる事がポイント。

第二世代の眠くならない花粉症の薬を使っているのであればしっかり眠れる風邪薬の方が良い場合もあったり、花粉症にしろ風邪にしろなんらかの症状で眠れないのであればその症状を抑えておいて睡眠を取るようにする事が、結果的に体力も戻り風邪の治りも早くなります。

●注意●

薬を切り替える場合、花粉症の薬が一日一回服用のものなら24時間、一日二回のものなら12時間は最後の服用からあけて風邪薬を飲んで下さいね。


スポンサードリンク

花粉症の薬と風邪薬でも問題ない飲み合わせとは?

風邪薬でも抗ヒスタミン効果がないもの例です。

・エスタック葛根湯内服液

・ベンザブロックせき止め

・コンタックRせきどめST

・コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα、コルゲンコーワかぜ薬(液体・顆粒)

・ルルかぜ内服液、ルル内服液、ルルメディカルドロップO、ルルせき止めミニカプセル、ルル滋養内服液

・パブロンSα、パブロンゴールドA、パブロンAG錠、パブロン50、パブロンエース、パブロンN、パブロンSせき止め、パブロンS、パブロンSゴールド、パブロンSC錠

・カコナール、カコナール2、カコナール2葛根湯顆粒、カコナール葛根湯顆粒、カコナール2V顆粒、カコナール滋養内服液

また漢方薬の葛根湯であれば、花粉症の抗ヒスタミン薬と併用しても問題ありません。
※葛根湯が入った風邪薬などは他成分もあるので注意が必要。

まとめ

基本は処方された花粉症の薬の場合、風邪をひいたと思ったら医師に風邪薬も処方してもらうのが一番です。

花粉症で病院にかかっておらず市販薬で対処しているなら、ドラッグストアなどの薬剤師に確認できますので聞いてみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする