花粉症にアレグラが効かない!?効く飲み方があった?2錠飲んでいいの?

花粉症の薬で代表的なアレグラ。

病院でも最も多く処方されている薬の一つと言われていますが、効かないという声も実際に多く寄せられています。

でもそれでは困りますよね。

ではどうすればいいのか、対処法や注意事項などを確認していきましょう。

スポンサードリンク

花粉症にアレグラが効かない人続出?!

まず花粉症で病院にかかれば出されるのがアレグラと言われるほど定番のお薬なのですが、全く効かないという人がいます。

この理由はやはり第二世代に属する特徴である眠気や口の渇きといった副作用を抑えて作られている事に関係していて、そのバランスにより効果もこれまでの第一世代の眠気の強いお薬より劣っていると言わざるを得ません。

薬においては効果が高いと副作用が強い、副作用が弱いものは効果もその分弱いと言う考え方がされるので、アレグラもその理屈にあてはまるというわけです。

実際に効果を感じる人もいるのですが、対象となるのは花粉症の症状が軽度から中程度の人。

重症の人には効果を感じにくいのが事実なので、あきらかに自分は重度の花粉症だと自覚しているのであれば病院に行って医師に相談するか、これより強い薬に乗り換える必要があるでしょう。

どうしてもアレグラを使いたい人で多い理由は、やはり眠気が出にくいという点。

このアレグラは花粉症の薬で最も眠気が出にくい薬の一つとして医療機関で使用されているほど、副作用の点では信頼がおける薬と位置付けされているので、乗物を運転するなど眠気が出ると致命的な職業の人にはとても重宝されています。

そういった副作用をできる限り避けたい人は、アレグラと同等の薬もあるので一度替えてみるといいでしょう。

花粉症への効果が同等であっても、その人との相性は異なるのでぴったり合って副作用も出ずに効果は感じられるということも意外とあり得ますよ。

病院で相談すれば『クラリチン』を出してもらえると思いますが、取り扱っていない場合もあるので事前に確認しておきましょう。

市販薬だと処方薬のクラリチンと同じ成分が配合された『クラリチンEX』。

要指導医薬品なので薬剤師からの説明が必要となりますが、手軽に購入できるので病院に行きにくい場合はまずはこちらで試してみても。

アレルギー性鼻炎に対して効く薬として眠気が起きないものが『アレギサール鼻炎』
効果が感じられるまでに1~2週間程度かかるのと重症の人には向かないのが欠点ですが、こちらは抗ヒスタミン剤は入っておらず眠気が起きる成分も入っていないので軽度の花粉症であれば使えるお薬です。

また眠気などの副作用が起きても構わないのでとにかく強い効き目を求めるのであれば、『ストナリニZ』『ストナリニS』『コンタック鼻炎Z』がおすすめです。

※どの薬にしても副作用の出かたには個人差があり眠気が出ると書かれていても出ない人もいますし、クラリチンのように眠気が出ないと言われていても眠くなる場合もあります。

花粉症の薬アレグラの効果的な飲み方があった!

アレグラは通常朝夕の二回、一錠ずつ飲むように指示されていますが、より効く飲み方という裏技があるんです。

アレグラは空腹時でも飲めるとご存知ですか?

実はそこがポイント。

アレグラは空腹時に飲む方が吸収率が10~15%上がるのです。

空腹時に飲んでも安全なので、どうせ飲むならぜひ効果が高まる空腹時にして下さいね。

また逆に吸収率が下がる事をしていませんか?

アレグラは「水酸化アルミニウム」「水酸化マグネシウム」と同時に服用すると吸収率が下がるとされています。

アルミニウムやマグネシウムを接種15分後にアレグラを服用した場合に約40%吸収率が下がったというデータがあるので、これはかなり大きな数字ですね。

知らず知らずにサプリなど服用していて、それが効き目を弱めている事があるんですね。
意識して避けるっようにしましょう。

スポンサードリンク

アレグラが効かない時は2錠飲む?!

アレグラを普通に飲んでも効かないから量を多く飲めばいいんじゃない?と思われる人も中にはいるかもしれませんね。

ですが、これは絶対にやめておきましょう。

アレグラは処方薬で60mgが普通です。
市販されている『アレグラEX』も60mg。

一回で服用するのは最大60mgとなっています。

それ以上の量を服用すると人によっては強い副作用などが出て最悪は大変な事態になってしまう可能性もないとは言えません。

そして多く飲んだからといって効果が倍増するとは限らないのです。

危険を伴いますので、アレグラが効かないからといって自己判断で一度に2錠飲む事は絶対におすすめできません。

まとめ

花粉症の代表的なお薬であるアレグラですが、眠気がない分やはり効果もマイルド。

効かないと感じた重症の人はやはり強めのお薬に変える方が良いでしょう。

ただ、眠気が気になるのであれば同等の薬を試す価値はあります。

まずは市販品で手軽に試してみるといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする