アレグラとアレジオンの違いは?効かない?効果があるのはどっち?

花粉症の薬で病院でも市販薬でもよく使われているものが『アレグラ』と『アレジオン』。

どちらがいいのか迷う声が多いこの二つの薬について、その違いやどちらが効果があるのかについて迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

アレグラとアレジオンの違いは?

アレジオンアレグラ

アレグラとアレジオンは病院でも処方されますが、同じ成分が配合されたものが市販薬でも購入できるところが嬉しいものの、実際に自分でどちらがいいのかと判断するのはなかなか難しいところ。

この二つは比較的新しい分野の薬で、これまでの第一世代と言われている薬と違って眠気などの副作用が出にくく作られている第二世代の薬と呼ばれています。

まずはアレグラとアレジオンの違いを知っておきましょう。

【アレグラ】

○抗ヒスタミン薬:「フェキソフェナジン塩酸塩」使用
○効果     :花粉、ハウスダストによる鼻水・鼻づまり・くしゃみ・目のかゆみ
○服用量    :1日2回朝夕(15歳以上) ※15歳未満の服用は不可
○副作用    :口のかわき、便秘、下痢、眠気
○特徴     :眠気が起こりにくい・口が渇きにくい

【アレジオン】

○抗ヒスタミン薬:「エピナスチン塩酸塩」使用
○効果     :花粉、ハウスダストによる鼻水・鼻づまり・くしゃみ
○服用量    :1日1回就寝前(15歳以上) ※15歳未満の服用は不可
○副作用    :口のかわき、便秘、下痢、眠気
○特徴     :眠気や鈍脳が起こりにくい・口が渇きにくい

抗ヒスタミン薬の成分の違いが明らかですが、効果についてはほぼ同じと言われています。

大きな違いとしては、服用回数がアレグラ2回でアレジオン1回といったところなんですね。

もう1点、どちらも眠気が出にくい第2世代の薬と言われていますが実際にはアレグラの方がかなり眠くならないという人が多いようで、車など乗物を運転する仕事に就いている場合にはアレグラを処方するというぐらいでその効果は大きいと考えられるでしょう。

こういった薬はあくまで対処療法。
本当に治したいのであればこちらの記事が参考になります。
『花粉症対策の舌下免疫療法とは?いつからする?副作用があるって本当?!』

『花粉症の舌下免疫療法にかかる費用と期間は?効果は本当にあるの?』

花粉症にアレグラは効かない?!

眠気がかなり出にくいと言われていて病院でも市販薬でも利用している人が多いアレグラですが、一方で実は全然効かないという声もあるんです。

ネックになるのはやはりこの利点である、眠気が出にくいという点。

これまでの第一世代に属する薬は眠気や倦怠感などの副作用が強くでるものでしたが、そういった副作用を抑えることによって花粉症に対する効果も緩やかと言わざるを得ない感じは否めません。

なのでやはり重度の花粉症の人には全く効き目が感じられないというケースが多々あり、「あれはとりあえず花粉症の人にまず出す医者が多いが、ほとんど効果がないのはわかっているはず」とまでいう医師も中にはいるほど。

それでも先ほどもお伝えしたように乗物の運転など眠くなると危険を生じたり、絶対眠気を避けたい人が飲む花粉症の薬としてはなくてはならない存在とも言える薬ですし、軽症の花粉症患者にはよく効いたという人も多くいます。

症状の出方や体質など人それぞれですし、特に花粉症の薬に関しては実際に使ってみないとわからないというのが正直なところなのです。

スポンサードリンク

詳細や効果的な飲み方については、こちらの記事も参考に読んでみてくださいね。
『花粉症にアレグラが効かない!?効く飲み方があった?2錠飲んでいいの?』

花粉症に対するアレジオンの効果は?

アレグラと比較して、少し眠気が出るという口コミが多いのがこちらのアレジオン。

副作用の出方が少しアレグラより強いという事に比例して花粉症への効果はアレグラよりも高いとの声が多く、アレグラが効かなかったのでアレジオンにしたという人もたくさんいます。

アレジオンに関しては配合されている「エピナスチン塩酸塩」の量が異なる二種類の薬が市販薬として販売されていて、『アレジオン10』が10mg、『アレジオン20』が20mgとなっています。

単純に多い方が効果が高いと考えられ、病院で処方されているのは「エピナスチン塩酸塩」20mgの方なのでこちらの方が効く気がしますが、実際には10mgの方が効いたという声やどちらも変わらなかった、20mgだと副作用が強くなって無理だった、など使用した感想もばらばら。

アレグラは配合されている「フェキソフェナジン塩酸塩」の量は市販薬、処方薬共に60mgで、アレジオンの「エピナスチン塩酸塩」20mgと同程度。

ですのでアレグラより高い効果を期待してアレジオンを選ぶ場合に当然20mgを選ぶのが正解と思われますが、先ほどのお話のように10mgの方が効いたという声もあったり人によって効果の出方が違うので、まず価格も安価である『アレジオン10』の方を試してみて効き目が弱いと感じれば『アレジオン20』にするというように段階を踏んでみる事をおすすめします。

余談となりますが、『アレジオン20』が発売される前は『アレジオン10』を服用していて効果が感じられない場合、理論上2錠飲めば「エピナスチン塩酸塩」の量も二倍の20mgになるので2錠飲んでいる人が多かったのです。

現在は「エピナスチン塩酸塩」配合量が倍でも価格はほとんど変わらない『アレジオン20』を買うほうが低コストで当然良いということになりますが、初めに『アレジオン10』を購入して効き目がない場合にいきなり『アレジオン20』を買うのではなく、一度手持ちの『アレジオン10』を2錠飲んでみて効果や副作用の出方などを見てみる方法もありますが、ここではあえておすすめはしませんので自己責任でとお伝えしておきますね。

まとめ

よく比較対象となる『アレグラ』と『アレジオン』ですが、大きな差はないものの『アレジオン』の方が効果、副作用共に強い傾向に感じる人が多いという結論となりました。

ただ何度もお伝えしているように、本当に人によってアレグラの方がぴったり本人の症状や体質などとあって効果が感じられた人もいますし、アレジオンでも眠気はほとんど出ずに効果はしっかり感じられるなどさまざまです。

使ってみないとわからない、というのがどの薬にも言える結論なのが残念ですが、傾向としてその薬の事を知っておくのは選ぶ上で参考になるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする