花粉症対策の舌下免疫療法とは?いつからする?副作用があるって本当?!

ここ数年注目されている最新の花粉症治療『舌下免疫療法』ですが、まだまだ新しい治療法ということできちんと理解されていない事が多いようです。

画期的で患者の負担を軽減したこの治療法は、これまでの対処療法ではなく根本から花粉症を治したいという人には朗報です。

いったい舌下免疫療法とはどういう治療法なのか、また気になる副作用や効果を得るためにはいつから始めると良いかについて見ていきましょう。

スポンサードリンク

花粉症に有効と言われる舌下免疫療法とは?

そもそも免疫療法とはどういう治療法なのでしょうか。

アレルギーを起こす物質であるアレルゲンを体内に少しずつ入れて、様子を見て安全性を確かめながらその量を増やしていき、抵抗力をつけていくという方法でアレルゲンに対しての過剰な反応を抑えていく事が目的の治療法。

これまでも花粉症治療として免疫療法は注射という形で行われてきましたが、10年以上という長い年月をかけて研究され、2014年に舌下への投与での免疫療法が保険適用されて有望な花粉症治療として広がりだしました。

ただしこの舌下免疫療法はスギ花粉にのみ効きますので、それ以外の花粉症の人は残念ながら治療を受けても効果はありませんのでご注意を。。。

注射での免疫療法は毎回の痛みによる苦痛と、自分ではできないため注射の度に病院に行かなければいけないという負担が大きく、患者にとってはさまざまな意味で辛い治療とも言えましたが、この舌下免疫療法はその痛みを無くし通院の負担を軽減させた、患者にとってかなり嬉しい治療法としてメディアでも取り上げられるなどかなり注目されています。

最初はやはり少し病院に通う頻度は高めですが、薬の投与を自宅にて自分でできる為毎回病院へ行く必要がなくなったのが、会社勤めや忙しい人にとっては本当に助かります。

効果については約20%の人が花粉症が完治したというデータがあります。
完治していない人でも約50~60%の人が激減した、もしくは症状はあるものの以前よりラクになったと答えていて、約70パーセントの人が何らかの効果を実感しているという十分に効果が期待できる治療法と言えますね。

こちらの記事も参考にどうぞ。
『花粉症の舌下免疫療法にかかる費用と期間は?効果は本当にあるの?』

舌下免疫療法はいつからすれば花粉症に効く?

この舌下免疫療法ですが、いつでも始めれば効果が出てくるというものではありません。

始めるタイミングは大切で、病院に行っても時期が悪ければ治療を受ける事ができないのでご注意くださいね。

ではいつ始めればいいのかですが、重要なのは花粉が飛散し始める3カ月前までには治療開始する必要があります。

となると、住んでいる地域にもよりますが既にスギ花粉が飛散し始めている1月頃から5月頃までは基本的には治療不可能となるのです。

理想は飛散が終わった6月からの開始
そうすれば次のスギ花粉飛散の頃には治療が進み、効果もより感じられる状態になっているということに。

ただ、この舌下免疫療法の効果が本当に出だすのは約3年と言われているので、翌年の花粉飛散時期に十分な効果が得られるとは言えない状況で、前年よりは軽減している事は感じられる程度と考えておく方が良いでしょう。

6月は無理でも遅くとも11月末までには治療を開始すれば、次の1月以降の花粉飛散に何らかの効果を発揮してくれる可能性もあると考えられています。

スポンサードリンク

舌下免疫療法で花粉症を治したいけど副作用がある?!

いくら効果があるとは言っても辛い副作用が出るのであればちょっと考えてしまいますが、実際はどうなのでしょうか。

この舌下免疫療法で使われる薬は本物のスギの花粉から抽出されたものが使われているので、薬害はありません。

ただ、アレルギーの原因となるアレルゲンを体内に入れるわけですから強いアレルギー反応であるアナフィラキシーを起こすことがあるとされていますが、これまでの海外での実績においてもかなり稀なことです。

ごく軽度の副作用として腹部症状(嘔吐、腹痛、下痢など)・口内、口唇のかゆみ・浮腫、感覚の異常・蕁麻疹・喘息発作などがあげられていますが、一旦出ても自然に治まる事が多く、深刻なものではないものほとんどとされていて、自分自身で様子を見ながら異変を感じたらすぐに病院へ連絡するなどきちんと対処していけば、安全性は高い治療法と言えるでしょう。

まとめ

なかなか新しい治療法というのは踏み切るのに躊躇してしまいますが、この舌下免疫療法はこれまでの注射での免疫療法に比べるとアナフィラキシーを起こす割合も低くなり、より安全性が高くなっていますし、医師としっかり連携して行っていけば、100%とは言えないもののこれまでより快適に花粉シーズンを過ごせるという効果がてにいれられるかもしれませんので、検討してみる価値はあるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする