花粉症の舌下免疫療法にかかる費用と期間は?効果は本当にあるの?

毎年嬉しいはずの春の足音が聞こえてくる頃多くの人が辛い花粉症の症状に悩まされ始めますが、そんな状態から解放されたいと思う人達が注目しているのが舌下免疫療法。

でもまだそれほど世間に浸透していないので、費用や期間がどれくらいかかるのか、また本当に効果があるのか、と不安に思う人も多いのも事実。

ここではその実態に迫ります。

スポンサードリンク

花粉症の舌下免疫療法の費用はどれくらいかかる?

花粉症

メディアでも取り上げられる話題の舌下免疫療法ですが、まず気になるのがやはり費用面ですよね。

この免疫療法は別名「減感作療法」とも言われていて舌下と注射での方法での治療が可能でしたが、2014年9月頃までは皮下注射しか保険適用されていませんでした。

そのため舌下免疫療法は費用が掛るのでほとんどの人が注射での免疫療法を選ぶ事になっていたのですが、やはり毎回注射での治療は苦痛が伴いますし病院へ通う回数も多いために患者の負担は大きかったのです。

でも舌下免疫療法が可能なシダトレンという新薬が認められて、自宅で自分でできるため病院へ通う回数も減る上痛みもないというメリットが後押しし、これまで踏み切れなかった人も免疫療法(減感作療法)を受けやすくなりました。

※シダトレンはスギ花粉にのみ有効です。

そして費用は保険適用前は年間約6~7万円ほど掛っていたのが、3割負担となったため約2万になったと考えられます。

ただこの費用に関してはあくまで目安で、花粉症の度合いにもよります。
重症であれば当然薬の量も増えるので費用は高くなると考えておきましょう。

効果的な治療のタイミングと気になる副作用などはこちら
『花粉症対策の舌下免疫療法とは?いつからする?副作用があるって本当?!』

舌下免疫療法(減感作療法)にかかる期間は?

この舌下免疫療法(減感作療法)、どれくらいの期間治療を受ける事になるのでしょうか。

これもその人の花粉症がどの程度の症状なのかにもよりますが、舌下でも注射でも目安として2~5年と言われていてかなりの長期間となりますが、舌下での治療が可能になったのでそこまで大きな負担ではなくなったのが嬉しいところ。

まず2年くらい続けて様子をみて、効果がどのように出ているのかなどを確認してから医師とその先の目途を立てると良いでしょう。

また通う頻度ですが、まだシダトレンが新薬であったため2015年10月7日までは2週間に一度の来院が絶対でしたが、現在は1ヶ月に一回程度で良くなって更に負担が軽減されています。

※正確には病院によっては通う回数は異なりますので、ご確認くださいね。

スポンサードリンク

花粉症の舌下免疫療法(減感作療法)は本当に効果があるの?

費用の目安がわかれば、次は本当に効果が期待できるのかということがかなりネックになりますね。

せっかくお金と時間を掛けたものの期待していた効果が得られなければ悔しい思いをしますので、その実態をしっかり知っておく事は大切です。

実際にはまだ新しい薬であるため正確な数字とは言い切れないところもありますが、おおまかには注射であれば約80%の人が効果があるとされていて、舌下の場合は少し効果が劣るものの70%以上と言われています。

ただこの効果と言うのも完治ではなく病院で処方される薬を飲んでいる状態と同様の症状軽減程度で、長く続けることで更に軽減する事は期待できるものの、併用する薬の量が減ると考えておくほうが良いのが現実のよう。

もちろん人により完治も十分に期待はできる薬とされていますが、完治を目的としていると期待はずれだったということになる可能性はありそうですね。

まとめ

この舌下免疫療法(減感作療法)は治療を受ければ全ての人が花粉症から解放されるといったものではないものの、これまでの対処療法ではなく今より不快な目や鼻の症状を根本的に軽減させてくれる画期的な方法です。

辛かった症状が軽減され、日常生活がこれまでより快適に過ごせると考えると試してみる価値はあると言えますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする