花粉症の咳対策とは?薬は効かない?止まらない時はどうすればいい?

辛い花粉症の症状はさまざまありますが、中でも咳はあまり花粉症の症状として知られていないものの意外と多くの花粉症患者を困らせています。

少しでも咳をラクにするにはどうしたらいいのか、また咳に聞く薬のご紹介をします。

またいろいろ試しても止まらない場合には他の病気の可能性もあり、放っておくと悪化してしまうかもしれませんので、きちんと今の自分の状態を把握して適切な治療を受ける必要があります。

スポンサードリンク

花粉症の咳に効く対策法とは?

花粉症咳イラスト
花粉症で咳の症状が出て辛いと訴える人が意外といるのをご存知ですか?

咳が止まらずえずくほどだったり息苦しいし胸が痛い、夜も眠れないなど二次的な辛さも加わり、少しでも早くなんとかしたいものですね。

そして実際に咳が出なくなるようにするには根本的に花粉症自体を治さなければいけませんが、今よりかマシにする事は日頃の心がけ次第でできるのでぜひ試してみましょう。

それには喉の炎症を少しでも抑える事が大切。

○のどの保湿

⇒マスクの着用
⇒のど飴を舐める
⇒のどスプレー(アズレン)を使用する
⇒加湿器の使用
⇒こまめな水分補給
⇒こまめにうがいをする

また咳だけでなく花粉症の症状全般を軽くする為に、一般的に有効と言われている方法もあわせて行いましょう。

○できる限り花粉に触れる機会をすくなくする

<外出時>
⇒隙間ができにくいマスクを着用する
⇒眼鏡をつける
⇒花粉がつきにくいナイロン製などつるつるした素材のアウターを着用する
(ウールは絶対に避ける)

<自宅で>
⇒帰宅したら玄関先で花粉を落とす
⇒顔や手をよく洗う
⇒うがいをする
⇒早めに入浴する
⇒空気清浄機を使用する
⇒洗濯物は外に干さない
⇒洗濯する際に柔軟剤を使う

咳の原因となる大量の鼻水を減らすことで、咳がマシになることもよくあります。

○鼻水ケア

⇒鼻を温めてからかむ(鼻水が出やすい)
⇒鼻うがいをする(やりすぎ厳禁)

花粉症の咳を止める薬はある?

咳の症状を抑えることができる薬が市販されていますので、一度そういったもので様子を見てみるのもよいでしょう。

アレルギーそのものに対して作用があるもの。

□アレグラEX

市販薬ではじめて病院で処方されるのと同じ成分が配合された薬。
アレルギー諸症状全般に効果があり、眠くなりにくいというありがたさ。
速効性もあり頼りになる市販薬の一つ。

□アレジオン10

こちらも病院と同じ薬が配合されている市販薬。
飲むのは一日一回、寝る前に飲むだけというお手軽さで、眠気もかなり出にくいのが嬉しい。

□コンタック鼻炎Z

アレルギー性の鼻炎に的を絞ったお薬ですが、鼻水が軽減されることで咳の緩和に一役買ってくれます。

ちょっと抗アレルギーなどのきつい薬は抵抗があるという場合は

□チクナイン

蓄膿症に効果のある薬ですが、鼻水を出すという効果から咳を緩和する効果につながります。

□小青竜湯

花粉症によるアレルギー症状に対し効果のある漢方薬です。
即効性は期待できませんが、続けて服用することで体に優しい効果があります。


スポンサードリンク

花粉症の咳が止まらない時は咳喘息の可能性も!

花粉症の咳だと思って薬を服用して2~3週間経っても一向に良くならず、むしろ咳が増えるなんて事も起こる事があります。

そうなれば花粉症より他の病気を疑いましょう。

多いケースが咳喘息

それほど酷い咳ではないものの慢性的に咳が出るのが咳喘息ですが、それが悪化すると『喘息』になってしまうこともあり、軽視はできません。

花粉症だと思って放置してしまう事もよくあるのですが、通常花粉症が発症し始める時期より少し遅れて咳喘息の症状が激しく出ることが多く見られるので思い当たるのであれば要注意です。

咳喘息は市販薬では治療できません

そして早期発見、早期治療がとても大切な病気です。

必ずきちんと医療機関で適切な治療を受ける必要があるので、おかしいと思ったらすぐに病院で診てもらうことをおすすめします。

まとめ

花粉症の咳は辛いですが、日頃のケアや市販薬で軽減させる事はできます。

ですが、それが数週間以上続くのであれば別の病気である可能性も視野に入れておく事は自分の体を守るためには大切なこと。

しっかりと自分の体に耳を傾けて下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする